「アナグラのうた - 消えた博士と残された装置 - 」展

概要

*新型コロナウイルス感染症に関する国の緊急事態宣言が解除されたことを受け、6月3日(水)から再開館いたします。入館は事前予約制となります。 「アナグラ」は、「空間情報科学」の研究が行われていた場所でした。人々の情報を共有し、そのつながりを人類の力にするための研究所です。このアナグラで、博士たちは、21世紀初頭の空間情報科学を参考に5つの重要な技術を発見し、2011年、5つの実験装置をつくりあげました。 それから1000年の時がたち──。このアナグラは、今、日本科学未来館の3階にあります。その世界を皆さんにご紹介しましょう。 「空間情報科学」。それは、私たちが暮らす実空間での人やモノのふるまいを計測し、その結果を計算して理解し合うことで、人々の暮らしを支援しようとする科学です。いうなれば世界のデジタルコピーをつくって、その中で次に起こることを予測して、あらかじめ、みんなが望む情報を用意したり、起こりやすい問題を回避しようという知恵です。人々から提供される情報が多ければ多いほど、その結果も充実した内容になります。「空間情報科学」が社会に浸透すると、世界が自分のことを知り、見守り、寄り添い、支えてくれるように感じるでしょう。

メディア

その他: メディアアートその他: パフォーマンス

スケジュール

0000-00-00 - 0000-00-00

入場料

一般 630円、18歳以下 210円、企画展はイベントにより異なる

会場

日本科学未来館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「D.I.Y.DEPT.」

概要

カスタムペインターの倉科昌高氏と造形ユニットGELCHOPが、ホームセンターで売っている物を駆使して“Do It Yourself”(自分自身で作ろう)=「D.I.Y.」精神でカスタマイズしていく作品を制作。ショップやパブリックアートなどを手がける彼らの作品は、日常で見かける物をアート作品へと変えてしまいます。

メディア

3D: プロダクト

スケジュール

0000-00-00 - 0000-00-00

入場料

無料

会場

@ btf

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「アンドロイド - 人間って、なんだ? -」常設展

概要

*新型コロナウイルス感染症に関する国の緊急事態宣言が解除されたことを受け、6月3日(水)から再開館いたします。入館は事前予約制となります。 お披露目するのは、新規に開発された子供型アンドロイド「コドモロイド®」と成人女性型のアンドロイド「オトナロイド®」、そして人間の特徴を極限までそぎ落としてデザインされたアンドロイド「テレノイド®」の3体。世界最先端のアンドロイド(人間酷似型ロボット)を体験していただくことができます。「コドモロイド」は世界初のアンドロイド・アナウンサーとして、「オトナロイド」は未来館のアンドロイド・科学コミュニケーターとして、それぞれ人間の仕事に挑戦していきます。ロボットを通して改めて「人間」という存在を照らし出す場であるとともに、来場者がアンドロイドとの対話や操作の体験ができる、世界的にもユニークな展示となります。

メディア

その他: メディアアート

スケジュール

2014-06-25 - 0000-00-00

入場料

一般 630円、18歳以下 210円、企画展はイベントにより異なる

会場

日本科学未来館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「未来逆算思考」 展

概要

*新型コロナウイルス感染症に関する国の緊急事態宣言が解除されたことを受け、6月3日(水)から再開館いたします。入館は事前予約制となります。 50年後、あなたの子孫たちはどんな地球に暮らしているのでしょう?理想の未来から、私たちが今からできることを考えてみましょう。50年後に暮らす子孫たちに、どんな地球を贈ることができるのか、ゲーム形式でアクティブに体験する展示です。私たちが暮らす豊かな地球を次世代に受け継いでいくために、なにをしたらよいのでしょうか?さまざまな課題を乗り越えながら、自分が選んだ理想の地球をゴールまで届ける体験を通して、理想の地球を実現していくために必要な科学技術やライフスタイルを考えてみましょう。理想の未来を描き、そこから逆算することで、私たちが今からするべきことが見えてきます。

メディア

その他: メディアアート

スケジュール

0000-00-00 - 0000-00-00

入場料

一般 630円、18歳以下 210円、企画展はイベントにより異なる

会場

日本科学未来館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

宮島達男「Life (Ku-wall)-no.6」

概要

*新型コロナウイルス感染症に関する国の緊急事態宣言が解除されたことを受け、6月3日(水)から再開館いたします。入館は事前予約制となります。 零壱庵は、アート作品を通して、科学技術とともに変わり続ける人の認識や社会について考えるギャラリーです。デジタル数字のカウントの表現方法を用い、「生」と「死」というテーマに 30年以上向き合ってきた現代美術家宮島達男氏の作品「Life(Ku-wall)-no.6」を展示します。 デジタル数字のカウントにより、「死」を表現した作品。人工的な数字とアルゴリズムによる表現でありながら、まるで生きている「何か」が、生から死へと変化する様子を通して、鑑賞者に「生命」の本質を問いかけます。生命のように自己増殖的に変化し続けるアルゴリズムは、池上高志氏が制作。

メディア

その他: メディアアート

スケジュール

2018-06-20 - 0000-00-00

入場料

一般 630円、18歳以下 210円、企画展はイベントにより異なる

会場

日本科学未来館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「エプソン チームラボ ボーダレス」展

概要

*2020年6月8日(月)より開館いたします。 アートは、部屋から出て移動し始め、他の作品とコミュニケーションし、他の作品と境界がなく、時には混ざり合う。そのような作品群による、境界のない1つの世界、『チームラボボーダレス』。境界のないアートに自らの身体を没入させ、作品群からできた世界を自らの身体で探索し、他者と共に新しい体験を創り出していきます。520台のコンピューター、470台のプロジェクター、10,000平方メートルの圧倒的なスケール感と、複雑で立体的な空間が特徴の世界に類を見ない全く新しい世界です。 Borderless World、チームラボアスレチックス 運動の森、学ぶ!未来の遊園地、ランプの森、EN TEA HOUSE の“5つの世界”で構成されます。

メディア

その他: メディアアート

スケジュール

2018-06-21 - 0000-00-00

入場料

一般・大学生・高校生 3200円、中学生〜4歳 1000円

会場

森ビル デジタルアート ミュージアム: エプソン チームラボ ボーダレス

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM .com」展

概要

*2020年6月5日(金)より、入館制限等の感染防止策を実施の上で、再開いたします。 人々は、超巨大な作品空間に、他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入します。チームラボプラネッツは、チームラボが長年取り組んできた、「Body Immersive」というコンセプトの、身体ごと作品に没入し、自分の身体と作品との境界を曖昧にしていく、超巨大な身体的没入空間の作品群からできています。「Body Immersive」とは、デジタルテクノロジーによって、作品とそれを媒介するキャンバスが分離され、キャンバスを変容的なものにすることができることによって、もしくは、連続した動的なふるまいによる視覚的錯覚によって、身体ごと作品に没入させることができるという考えです。そのことによって、人々は身体と作品との境界が曖昧になり、自分と世界との関係を考え直すきっかけになるのではないかと考えています。そして、一つの世界が、自分や他者の存在で変化していくことで、自分と他者が同じ世界に溶け込んだ連続的なものとなり、自分と他者との関係が変わっていくのです。

メディア

その他: メディアアート

スケジュール

2018-07-07 - 0000-00-00

入場料

一般 3200円、17歳〜12歳 2700円、11歳〜4歳 2000円、60歳以上 2700円、障がい者割引 1600円

会場

チームラボ プラネッツ TOKYO

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「計算機と自然、計算機の自然」展

概要

*新型コロナウイルス感染症に関する国の緊急事態宣言が解除されたことを受け、6月3日(水)から再開館いたします。入館は事前予約制となります。 メディアアーティストで、筑波大学准教授の落合陽一氏が総合監修を務める新しい常設展示のタイトルを「計算機と自然、計算機の自然」とし、2019年11月14日(木)から常設展「未来をつくる」ゾーンで一般公開します。コンピューター(計算機)やそこで動作する人工知能が高度に発達した未来において、私たちの自然観、世界観がどう変わるのかを問いかける展示となります。狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く新たな社会として第5期科学技術基本計画で提唱された「Society 5.0」では、現実空間(リアル)と仮想空間(バーチャル)が高度に融合された未来社会の到来が予言されています。コンピューターなどのデジタル機器やソフトウェアの手法が発達すると、それらがつくりだす世界の解像度は私たちの知覚の限界を超え、これまで私たちが当たり前のように区別してきた自然と人工物の違いや区分けは認識されにくくなり、過去のものになるかもしれません。今回の新しい常設展示では、そうした自然と人工物との境界が溶け合い、デジタルとアナログが互いにその特性を高め合う状態こそが、未来の私たちにとっての「新しい自然」となるという世界観を示します。展示の前半では、私たちの日常の常識を揺るがすような数多くの展示物によって、新しい世界観を体感できます。後半では、技術的、歴史的な背景や未来の社会や文化への影響について体験型の展示や映像コンテンツで理解を深めることができます。計算機と自然、お互いが調和し共存するという日本的な自然観が生み出す新しい未来像を提示することも試みています。本展示では、書道や陶芸、いけばななど日本の伝統文化に根差した展示物が数多く登場します。

メディア

3D: 工芸その他: メディアアート

スケジュール

2019-11-14 - 0000-00-00

入場料

一般 630円、18歳以下 210円、企画展はイベントにより異なる

会場

日本科学未来館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「2020 WorldWide Graffiti Arts Exhibition in Daiba featuring BANKSY」

概要

GALLERY 21(Curators Associates, LLC.)は、2020年9月19日(土)から10月18日(日)まで、2015年より毎年恒例になるグラフティアート展を開催。GALLERY21では、2014年にMr.Brainwashの初来日個展も開催するなど、グラフィティアートに積極的に取り組んでいるギャラリーでもあります。本年は、Banksy作品を中心とした「2020 WorldWideGraffiti Arts Exhibition in Daiba featuring BANKSY」としてスペシャルな展示会になります。世界のアートシーンで話題を振りまき、SNSからニュースにもなり、社会現象になっているBANKSYのシルクスクリーン作品を中心に、過去Banksyとの関わりのある世界中で活躍するグラフィティアーティストD*FACE、DOLK、Mr.Brainwash、INVADERなどの作品を合わせて40作品以上展示販売いたします。

メディア

2D: グラフィックデザイン2D: 絵画2D: ドローイング

スケジュール

2020-09-19 - 2020-10-18

入場料

無料

会場

Gallery 21 (ギャラリー・ヴァンテアン)

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...