ジム・オコネル 「歌舞伎町」

概要

この展覧会では、ジム・オコネルが2006年に撮影した東京の風俗街の写真が10枚展示されます。歌舞伎町で働いている男女、飲み騒ぐ人、通りがかりの人たちの姿が映し出されています。 会場: 亜楽

メディア

2D: 写真

スケジュール

0000-00-00 - 0000-00-00

入場料

800円 (カバーチャージ)

会場

新宿ゴールデン街

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「新宿プリンスホテル+G アートのある「間」。」展

概要

新宿プリンスホテル開業42周年記念イベントの一環として、同ホテルロビー内に展示ブースを設置し、4名の作家作品を6ヶ月毎に入れ替え展示します。尚、第一回目は佐藤好彦氏の作品になります。 『アートのある「間」。』は、「床の間」から着想して、掛け軸や生け花の代わりに「現代アート」でお客様をお迎えするというコンセプトで企画されました。 また、『+G(+Graphysm)』とは、アートがもつ潜在的な「創造性」「革新性」といった価値をデザインの力で引き出し、グラフィックに展開することを通して、館内全体をブランディングしていこうという試みです。展示アートをホテルで使われる販促物や備品などのアイテムにデザイン展開します。 会場: 新宿プリンスホテル B1F ロビー

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体3D: 工芸参加型: パーティー

スケジュール

2019-03-01 - 2021-02-28

入場料

無料

会場

新宿プリンスホテル

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「今だからこそずっと使いたいものを ! LIFE WITH THE QUALITY - いいものといつまでも - 」

概要

おうちで過ごす時間が増えて、改めて自分の生活を見まわすと「あれが多かったり」「ここが足りなかったり」今までは気にも留めなかったことが気にかかりませんか…?あなたにとって最適で、生活の中に彩りを与えてくれてこの後も長く寄り添ってくれるそんな、いいものとの出会い、良質な素材やモノとの大切な出会いをニュウマン新宿は提案します。 上質な和装生地として多くの人に親しまれる、京都・丹後ちりめん。その製造過程で出てしまう処分予定だった端切れをベースにして、アーティスト田中紗樹さんがアート作品を制作しました。館内各所を彩りつつ、ご本人によるアートペインティングや、丹後ちりめんの商品を実際に購入できるPOP UP SHOPも限定オープンします。 インド滞在中にスパイスを顔料に用いて描いたり、ある時は自転車やトレーラーハウスをキャンパスにしたり、泥と藁で犬小屋を作ったりするなど、素材や技法に捉われず自由な表現活動を行うアーティスト。日本のみならず世界中のあらゆる土地へ赴き、土地の風土と丁寧に向き合い、自らの作品の“素材”として巧みに取り入れ展開しています。今回の京都・丹後ちりめんとのタイアップではアートを通して新しいちりめんの可能性を多くの方に知って貰い、アートと掛け合わせる事で自由な空気を感じて頂きたいです。 展示会場 ・京都丹後ちりめん×アート展示 場所*2F メインエントランス エスカレーター前、2F WINDOW DISPLAY、2F ART wall. ・田中紗樹さんアートペインティング 場所*4F 休憩スペース 日時*8月15日(土)13:00~15:00予定

メディア

2D: 絵画

スケジュール

2020-08-14 - 2020-09-30

入場料

会場

NEWoMan

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

アンドレアス・ファイニンガー 「- Andreas Feininger’s PENTAX Works- Part-I ニューヨーク」

概要

リコーイメージングスクエア東京では9月10日(木)より約2ヶ月にわたり“知る人ぞ知る”巨匠アンドレアス・ファイニンガー(米国)のペンタックスのカメラで撮影した作品を中心に構成した写真展を開催いたします。1992年に当時のペンタックスフォーラム東京/大阪(現リコーイメージングスクエア東京/大阪)で開催した写真展が約30年の時を経て現代に蘇ります。Part-Ⅰ「ニューヨーク」ではモノクローム作品約50点を展示いたします。 街の情景を中心に捉えながら、ニューヨーク市民の息吹を伝える、確かな造形と客観的な描写の陰に人間性への深い洞察のまなざしが感じられる作品が並びます。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-10 - 2020-10-05

入場料

無料

会場

リコーイメージングスクエア東京

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

オノデラユキ 「TO Where」

概要

写真家・オノデラユキの個展を開催いたします。オノデラは、独学で写真技術を身に付け、作家活動をスタートさせました。1993年に渡仏し、2003年に写真集『カメラキメラ』で第28回木村伊兵衛賞、2006年にはフランスにおける最も権威ある写真賞「ニエプス賞」を受賞するなど、世界的な活動を続け、現在もパリを拠点に制作活動を行っています。 写真家としてのオノデラの制作と思考は、一貫して、世界の模倣、写し、記録装置としての写真のありかたに揺さぶりをかけるような、〈写真の存在論〉〈カメラの存在論〉とも形容できる、独自の探究に捧げられてきました。オノデラの制作を振り返れば、カメラの機構、プリント、撮影行為のすべてにおいて、なんらかの造形行為、演出が重視されていることがわかります。この点においてオノデラは、記録装置としての写真から距離を取り、写真とカメラを、造形的なものとして捉え直していると言えるでしょう。印象派の時代、現実の克明な記録を可能にするカメラ装置の出現が、絵画の新たな造形的展開を推し進めた歴史を逆なでするように、オノデラは、カメラと写真というテクノロジーに潜在する造形的な可能性こそを拡張しようとするのです。 新作個展となる本展は、コラージュ、ペインティング、フォトグラム、ドリッピングといった行為によって、何らかの操作がなされた写真で構成されます。銀塩写真プリントも、すべてオノデラ自身によるものです。これらのシリーズは、『Darkside of the Moon』と名付けられました。たしかに存在することは知っていても、その場所からは見えない「月の裏側」。写真というメディアの探究において、認識と知覚のあわいを往還するオノデラの新作をぜひご高覧ください。 ※本展は、ザ・ギンザ スペースで開催される、オノデラの初期の代表作『古着のポートレート』ほかの作品を展観する『FROM Where』展との同時開催となります。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-08 - 2020-10-10

入場料

無料

会場

ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

西優紀美 「Mombasa, Nakuru - 2019 in Kenya」

概要

2019年4月-5月に写真家・西優紀美が訪れた町の写真。国はケニア。都市はモンバサとナクル。町や人々、動物の暮らしに焦点を当てた作品。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-17 - 2020-09-28

入場料

無料

会場

リコーイメージングスクエア東京

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

倉科昌高 「TOTEMIC X」

概要

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-09-04 - 2020-10-04

入場料

無料

会場

Bギャラリー

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「第29回奨学生美術展」

概要

佐藤国際文化育英財団は、美術に関する創造及び調査研究活動に対する助成、美術を専攻する学生への奨学金援助、美術館の運営などを目的として1990年に設立いたしました。91年より開始した奨学援助事業は、全国の美術系大学より推薦を受けた邦人学生と留学生の応募者の中から、厳正なる審査により選ばれた奨学生に2年間にわたり奨学金を支給するものです。本展は彼等の研究成果としての作品を広く公開し、皆様にご紹介することを目的として開催いたします。また本展を契機として所属大学・研究分野・団体などの枠を越えて奨学生同士の交流を深めることにも期待しています。 今年度の出品者は全国9大学(愛知県立芸術大学・金沢美術工芸大学・京都芸術大学・女子美術大学・多摩美術大学・東京藝術大学・東北芸術工科大学・広島市立大学・武蔵野美術大学)から選出された17名と招待作家2名の計19名が参加いたします。招待作家は過去の奨学生の中から現在活躍著しい方を出身大学や分野等ができるだけ偏らないように出品を依頼しております。今回は京都市立芸術大学大学院出身の第17期森桃子氏と東京藝術大学大学院出身の第18期松岡歩氏にご助力を賜りました。 本展出品規定では奨学金支給期間内に制作された作品であることとサイズのみを共通フォーマットとしており、出品者それぞれが取り組んできたテーマの日本画、油画、版画作品が一堂に会します。是非この機会に若々しい作品をご覧いただき、今後彼等の作家としての歩みを一人でも多くの皆様に見守っていただければと願ってやみません。また特別展示といたしまして、前回第28回奨学生美術展優秀作品として買い上げた作品2点を展示いたします。さらに5F展示室では本展に併せて当財団奨学生コレクションを展示いたします。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング

スケジュール

2020-09-08 - 2020-10-11

入場料

無料

会場

佐藤美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「韓服紹介展『麗しき韓服』」

概要

駐日韓国文化院では韓国の伝統服飾の韓服(ハンボク)とその文化を紹介するため、韓国工芸・デザイン文化振興院 韓服振興センターの後援により、韓服紹介展「麗しき韓服」を開催する運びとなりました。 本展示では、一般的に知られている女性の韓服のチマ・チョゴリのみならず、男性のパジチョゴリ、チョッキの役割をする背子(ペジャ)、女性の礼服の唐衣(タンイ)、喪服の斬衰服(チャムチェボク)など様々な韓服を展示します。その他にも韓服の正しい着方と礼儀などについても映像資料を通じて紹介しますので多くのご観覧をお待ちしております。 会場: ギャラリーMI(1F)、サランバン(4F)

メディア

3D: ファッションスクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-10 - 2020-09-29

入場料

無料

会場

駐日韓国大使館 韓国文化院

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「LUMINE meets ART AWARD 2019-2020 The Award Winner’s Exhibition」

概要

ルミネ、ニュウマン館内に展示するアート作品を広く一般から公募し、アーティストの発掘と支援を目指すアートアワード「LUMINE meets ART AWARD 2019-2020」の受賞作品2点とアートに精通する審査員が選ぶ注目のアーティストによる作品4点を展示する「LUMINE meets ART AWARD 2019-2020 The Award Winner’s Exhibition」を開催します。展示は、受賞作品に加え、審査員が推薦するゲストアーティストの伊藤彩、東弘一郎、黒川和希、クラークソン瑠璃の作品も飾られます。新宿エリアを回遊しながら、ゆっくりとアートをお楽しみください。 展示場所: ルミネ新宿・ルミネエスト新宿・ニュウマン新宿の6つのショーウィンドウ

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体その他: 公募展

スケジュール

2020-09-15 - 2020-09-30

入場料

無料

会場

ルミネ新宿 2

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

田近夏子 「二度目の朝に」

概要

田近夏子は1996年生まれ岐阜県出身の新進作家です。田近は東京工芸大学芸術学部写真学科在籍中に、塩竈フォトフェスティバル2018に於いて本作「二度目の朝に」で写真賞大賞を受賞しました。 この度開催される同タイトルの展覧会は田近による初の個展となります。また、会場では塩竈フォトフェスティバル写真賞大賞の副賞によって制作された初の写真集を発売いたします。 夏が始まるころ愛犬が亡くなったお風呂場は、奇しくも田近が3歳の頃に目の前で亡くなった祖父の最後と同じ場所でもありました。愛犬の死を知らせる母からの連絡により、幼い頃の曖昧な記憶と今回の出来事が“お風呂場”を通して交わるように感じたと、田近は語っています。本作からは身近なものを失っても流れゆく日々の中で、ふとした瞬間に、たゆたう記憶のきっかけを掴み取るような眼差しを感じさせます。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-24 - 2020-10-06

入場料

無料

会場

Alt_Medium

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

向山裕 「回遊者たち」

概要

海洋生物などを独特の世界観で緻密に描いてきた向山 裕の2年振りとなる新作展。今回は100号の大作を中心に立体作品も発表します。

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-09-23 - 2020-10-05

入場料

無料

会場

新宿髙島屋 10階 美術画廊

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

松下まり子 「居住不可能として追放された土地」

概要

※本展示は事前予約制となっております。詳細は公式ホームページよりご確認ください。 KEN NAKAHASHIでは、2020年9月16日(水)から11月1日(日)まで、松下まり子による個展「居住不可能として追放された土地」を開催します。 松下はこれまで、性的な肉体などを描いた数多くのペインティングやドローイング、各地で集めてきた赤い布で部屋の窓を覆うインスタレーション「赤い部屋」、ロンドンの街中に生息するキツネを追いかけて制作した映像作品「Little Fox in London」など、絵画表現だけでなく、パフォーマンス、映像、写真、詩、立体など多岐にわたる表現方法を展開してきましたが、そのどの作品にも、剥き出しの生を希求する心が込められています。 本展では、2019年の後半から描き始めたペインティングを中心に新作を発表します。

メディア

2D: 絵画

スケジュール

2020-09-16 - 2020-11-01

入場料

無料

会場

KEN NAKAHASHI

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「Selected works III」

概要

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-09-12 - 2020-09-30

入場料

無料

会場

ケンジタキギャラリー

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

内藤清加 展

概要

メディア

2D: 絵画2D: 日本画

スケジュール

2020-09-23 - 2020-10-06

入場料

無料

会場

伊勢丹新宿店本館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「CADAN × ISETAN MEN’S : Autumn Takeover」

概要

日本を代表するコンテンポラリーアートギャラリーが組織するCADAN(一般社団法人日本現代美術商協会)とイセタンメンズによる1年間にわたるコラボレーションプロジェクト「Takeover」シリーズの第3弾、“Autumn Takeover”が9月23日(水)よりスタート。伊勢丹新宿店メンズ館の4フロアに設置された立方体の展示空間SI(ストアアイデンティティ)に、フロアテーマに合わせたスペシャルインスタレーションが出現する。 1階エントランス、メンズアクセサリー・・・髙山陽介(所属ギャラリー:ANOMALY) 2階メンズクリエーターズ・・・柴田祐輔(所属ギャラリー:WAITINGROOM) 4階メンズラグジュアリー・・・日野田 崇(所属ギャラリー:imura art gallery) 6階メンズコンテンポラリー・・・池崎拓也(所属ギャラリー:Satoko Oe Contemporary)

メディア

2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-23 - 2020-12-22

入場料

無料

会場

伊勢丹新宿店メンズ館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...