横山大観記念館 常設展

概要

横山大観の作品、習作、スケッチ帖、大観絵付けの陶磁器、デザイン した着物、遺品、 大観と交流のあった近代作家の絵画、彫刻、書簡、大観が 収集した陶磁器、竹工芸品、骨董など。 展示作品は3ヶ月ごとに替えております。梅雨・夏季・冬季は長期休館致します。台風や大雪の日に、臨時休館することがございます。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング3D: 陶芸

スケジュール

0000-00-00 - 0000-00-00

入場料

一般 800円、高校生・中学生 650円、小学生 300円、障害者手帳提示 650円

会場

横山大観記念館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

国立西洋美術館 常設展

概要

*国立西洋美術館は新型コロナウイルス感染症感染防止のため、2月29日(土)から臨時休館しておりましたが、首都圏の緊急事態宣言が解除されたことから、6月18日(木)より全館を再開し、常設展を開催いたします。 国立西洋美術館は、松方コレクションが核となって1959年に設立した、西洋の美術作品を専門とする美術館です。中世末期から20世紀初頭にかけての西洋絵画と、ロダンを中心とするフランス近代彫刻を本館、新館、前庭で年間を通じて展示しています。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 版画3D: 彫刻・立体

スケジュール

0000-00-00 - 0000-00-00

入場料

[常設展] 一般 500円、大学生 250円、高校生以下・65歳以上・障害者手帳提示とその介護者1名 無料、企画展はイベントにより異なる

会場

国立西洋美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「建築博物誌/アーキテクトニカ」

概要

展示題目に込められた企図は、学術標本による「建築」概念の拡張です。縮体された模型世界から等倍の身体空間へ、造形された建築学資料から採集された民族学資料へ、これら「建築」概念の周囲に広がる汎界的な領野を、小石川分館の建築が抱き込むことになります。わたしたちの狙いは、事物を構成し、事象を統合する諸原理を「アーキテクチャ」の一語で括り、その俯瞰的な視座に立って、自然物から人工物まで、サイエンスからアートまで、横断的に結ぶことのできる「場」を、この施設に定位させることです。実際の展示はコーナーごとに、建築模型、東京大学建築、自然形態、空間標本、建築紀行、身体空間というテーマに分かれています。

メディア

3D: 建築

スケジュール

2013-12-14 - 0000-00-00

入場料

無料

会場

東京大学総合研究博物館小石川分館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」

概要

*国立西洋美術館は新型コロナウイルス感染症感染防止のため、2月29日(土)から臨時休館しておりましたが、首都圏の緊急事態宣言が解除されたことから、6月18日(木)より全館を再開し、「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」を開催いたします。 ※6月18日(木)~6月21日(日)は、前売券(販売終了)および無料観覧券をお持ちの方と無料観覧対象の方のみがご入場いただけます。 ※本展は日時指定制を導入し、入場人数の制限を実施いたします。 ロンドン・ナショナル・ギャラリーは、1824年に設立された、西洋絵画に特化した世界屈指の美術館です。本展は、ルネサンスから後期印象派に至る同館所蔵の名品61点をご紹介します。イギリス国外で初めて開催される同館の大規模所蔵作品展である本展では、クリヴェッリの《受胎告知》やゴッホの《ひまわり》など、出品作全てが日本初公開となります。 ロンドン・ナショナル・ギャラリーのコレクションは、王室コレクションを母体とした他のヨーロッパの大型美術館とは異なり、市民が市民のためにコレクションを持ち寄る形で形成されたことに特徴があります。13世紀後半から20世紀初頭までの幅広い時代と地域をまんべんなく網羅する、「西洋絵画史の教科書」とも言える粒ぞろいの作品によって、その後に作られた北米などの美術館のコレクションの手本ともなってきました。本展は、イギリスで設立された西洋美術の美術館という同館最大の特色を念頭に、以下の7つのテーマによって構成されます。つまり、イタリア・ルネサンス絵画の収集、オランダ絵画の黄金時代、ヴァン・ダイクとイギリス肖像画、グランド・ツアー、スペイン絵画の発見、風景画とピクチャレスク、イギリスにおけるフランス近代美術受容です。本展は、これらを通じて、イギリスにおけるヨーロッパ美術の受容、及びイギリスとヨーロッパ大陸の美術交流の歴史を紐解きながら、西洋絵画史を俯瞰しようとするものです。

メディア

2D: 絵画参加型: トーク

スケジュール

2020-06-18 - 2020-10-18

入場料

一般 1700円、大学生 1100円、高校生 700円

会場

国立西洋美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「夢二に学ぶ、恋のいろは - 失恋体験から、モテ仕草まで - 」

概要

*竹久夢二美術館は7月1日(水)に再開致します。再開の際は、オンラインにより入館事前予約システムを導入する運びとなり、詳細は後日HPで改めてお知らせ申し上げます。 大正ロマンを象徴する詩人画家・竹久夢二(1884-1934)は、ドラマチックな恋愛を重ね、私生活も注目されていました。本展では、夢二が考える理想の女性像や男女関係、また恋人たちを振り返りながら、恋愛に絡めて表現した絵画や詩歌、また写真資料等を展示します。さらに夢二友人・知人の恋愛事情にも迫り、100年前の恋愛観を考察します。 波乱万丈な人生を送った夢二ですが、恋愛にまつわる作品やメッセージは普遍的で、時代を越えて、恋する人の心に響きます。失恋体験からモテ仕草まで、夢二から恋愛のヒントを学んでみましょう!

メディア

2D: 絵画2D: 写真

スケジュール

2020-07-01 - 2020-10-25

入場料

一般 1000円、大学生・高校生 900円、中学生・小学生 500円

会場

竹久夢二美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展」

概要

*弥生美術館は、7月1日(水)に再開致します。再開の際は、オンラインにより入館事前予約システムを導入する運びとなり、詳細は後日HPで改めてお知らせ申し上げます。 歌を歌いながらアクリルボードに両手でお絵かきするパフォーマンスで知られるイラストレーター、水森亜土。本展覧会では水森が「絶対に売らない」と決めている秘蔵の絵画作品やグッズの原画を公開。歴代「亜土グッズ」を700点超展示します。

メディア

2D: グラフィックデザイン2D: イラスト2D: 絵画2D: ドローイング

スケジュール

2020-07-01 - 2020-10-25

入場料

一般 1000円、大学生・高校生 900円、中学生・小学生 500円

会場

弥生美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「国立公園 - その自然には、物語がある - 」

概要

我が国の特徴のある自然を守り、後世に伝えていくために、国が指定し、保護管理している「国立公園」。現在、日本には34の国立公園が存在し、そこでは日本の自然を象徴する風景や環境、生物が多く見られます。南北に長く、森や川、海と、豊かな表情を見せる日本列島の自然は、どのように形作られ、どのような生物を育んでいるのでしょうか。本展は、日本の多様な自然が織りなす“物語”を、国立公園を切り口に紹介する展覧会です。

メディア

2D: 絵画スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-08-25 - 2020-11-29

入場料

一般・大学生 630円、高校生以下・65歳以上・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

国立科学博物館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「都美セレクション グループ展 2020」

概要

「都美セレクション グループ展」は、新しい発想によるアートの作り手の支援を目的として、当館の展示空間だからこそ可能となる表現に挑むグループを募り、その企画を実施するものです。2012年の東京都美術館リニューアルオープンを機に新たに開始されました。 「都美セレクション グループ展 2020」では、応募の中から厳正な審査を経て選ばれた3グループが展覧会を実施し、絵画、写真、彫刻、インスタレーションなどさまざまなジャンルの作品を紹介します。グループの熱い思いが込められた展覧会にご期待ください。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-11 - 2020-09-30

入場料

無料

会場

東京都美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「博物館でアジアの旅 アジアのレジェンド」

概要

レジェンドとは本来、「伝説」を意味します。そこから「偉人」などの意味が派生し、近年ではスポーツ界や芸能界などで「殿堂入り」を果たした人物もレジェンドと呼ばれるようになりました。まさに意味の多様化が進んだ言葉だといえるでしょう。 今回はそうしたレジェンドの意味の広がりを踏まえつつ、「レジェンドを表わしたもの」、「レジェンドが作ったもの」、「レジェンドが集めたもの」という3つの視点から、レジェンドにまつわるアジア各地の作品を選りすぐってご紹介します。この秋は東洋館で、ガイドブックに見立てた図録と「博物館でアジアの旅2020パスポート」を手に、めいめいで「レジェンドを探す旅」をお楽しみください。

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体3D: 工芸

スケジュール

2020-09-08 - 2020-10-11

入場料

一般 1000円、大学生 500円、高校生以下・17歳以下・70歳以上 無料

会場

東京国立博物館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

ポーレ・サヴィアーノ 「Embrace」

概要

2020年9月2日から10月25日までNewYorkの写真家Paule Saviano氏の新しいプロジェクト「Embrace」を開催します。Pauleは2016年よりアメリカ、ヨーロッパの国々でトランスジェンダーのこども、ティーンエイジャー、成人も含めた人たちのポートレイトを撮り続けています。Pauleは「このプロジェクトをとおして、これまでの私たちの認識とは異なるジェンダーアイデンティティーを持つ人たちが世界中で、また世代を超えていかに多くいるかを写真を通して体験してほしい」と訴えています。 Pauleは2007年にギャラリーエフでの写真展「Striptease Burlesque」(ニューヨークのバーレスクダンサー)をかわきりに、 その後は広島、長崎の被爆者、また東京大空襲の被災者のポートレイトを撮り続けて来ました。 2011年には写真集「From Above」が出版されました。まだご覧になってない方にはぜひともお買い上げ下さいましてご協力ください。単なるポートレイト集ではなく、歴史的資料として大変優れています。2019年3月には国立原爆死没者追悼平和祈念館に彼の撮ったポートレイト15点が永久展示になりました。 [関連イベント] トークイベント 日時: 9月5日(土)14:00~16:00 会場: ギャラリー・エフ 参加費: 無料(要予約) ※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-02 - 2020-10-25

入場料

無料

会場

ギャラリー・エフ

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「第33回日本の自然を描く展」

概要

冠賞は全期間展示。優秀賞は2期間ずつ、佳作賞・上位入選・入選・無鑑査の作品は(作家名50音)で4期にわけて展示します。 会場: 本館1F 本館2F

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 版画その他: 公募展

スケジュール

2020-09-11 - 2020-09-30

入場料

一般 500円、 大学生・高校生 300円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

上野の森美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

森万里子 「Central」

概要

※本展示は事前予約制となっております。詳細は公式ホームページよりご確認ください。 銀河系のかなたで起こる超新星爆発に呼応するインタラクティブ彫刻や、縄文時代のストーンサークルに着想を得たインスタレーションなど、 古代人の信仰から最新の素粒子データまでを参照し、私たちを取り巻く見えないエネルギーの存在に形を与えてきた森万里子。ロックダウンがもたらした生活の変化は、見えざるものへの感性をいっそう研ぎ澄まし、外界の暗闇のなかで「内なる光」を追求する機会となったといいます。パンデミック下に生まれた最新作を含む本展は、これまでに森が触れてきた哲学的、科学的、そして超越的なヴィジョンが、静かな瞑想を通して凝縮する光の中心として構想されています。 展示スペースの中心に輝く《Divine Stone VI》(2019年)は、巨大な鉱物のように切り立つ高さ約1.2メートルのアクルの立体作品です。硬く透き通った表面は、分光特性を持つダイクロ・コーティングがほどこされ、作家自ら開発に関与した波長の光を分離し色彩のスペクトルを強調しています。日本古来のアニミズムに見られる磐座(ルビ:いわくら)(注:神を降臨させる依り代として祭祀の中心となる岩)を巡るフィールドリサーチに基づき制作された本作は、あたかも透化した岩のように周囲の環境を浄化し、差し込む光や見る角度によって虹色を放つ光の存在を象徴しています。多様性を受け入れ、テクノスピリチュアルな感性を動かす色彩とフォルムの結合が、現代の神性を司る光のモニュメントとして現されています。 大きな円盤状のアルミニウムに額装された《Radiant Being》(2019年)は、淡いメタリックパステルなどで描かれたドローイングから三次元CGに施した平面作品シリーズ。プラズマの粒子が大気中の原子に衝突して発光するオーロラのように、薄紫や空色、ピンクの球形が輪や放射線状に結びつき、形而上的な示唆に富む幽玄なイメージ世界が広がっています。空間と光を操るミニマリストとして思い抱いた森の構想が、繊細なマテリアルと形象との取り組みを通じて、個人の瞑想から広大な宇宙の領域への広がる過程をとどめています。心中を映し出す鏡となるこれらのドローイングは、アーティストの親密で個人的な対話の記録であると同時に、誰の脳内にも描かれうる抽象的で普遍的なイメージであり、生まれる以前から私たちに引き継がれた心の原風景とも言えるでしょう。 会期中はさらに、本出展作品の出発点である作品《Dream Temple》(1999年)のデジタルバージョンがオンラインで初公開され、オーディエンス自身の精神体験へと導いていきます。 宇宙の質量を担う成分のうち96%は、私たちの理解が及ばない目に見えないエネルギーによって作られていると言われています。 天体と地球、東洋と西洋、過去と未来などさまざまな対立項を相互に参照することで、森の作品はこれらを調和させ、メディウムや研究領域の境界を超えた制作を行ってきました。本展では、これまでの試みを継承しつつ、万物に行き渡るエネルギーの中心が光として表されています。自然環境の危機と物質社会のほころびが深まる今、このときに提示されるのは、心の内奥に輝く光に導かれた再生の呼びかけなのです。

メディア

3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-11 - 2020-10-17

入場料

無料

会場

スカイザバスハウス

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「工藝2020 - 自然と美のかたち - 」

概要

※本展示は事前予約制となっております。詳細は公式ホームページよりご確認ください。 日本では、自然との共生による密接な精神的感性と固有の生命観が芽生えて我が国特有の工芸を発展させてきました。それは、長い歴史と文化が形成されるなかで、変化に富む地形と四季折々の気候、そして豊かな風土に育まれた自然観を要因とすることが大きいと考えられます。日本が世界に発信する芸術文化を牽引する現代の工芸を一堂に会する本展では、82名の作家らが自由な感性によって多彩な芸術表現を発揮した、優れた近年の制作品82件をご覧いただきます。連綿と継承された伝統を踏まえつつ、自然と美のかたちとの関係性を造形としたそれらは、日本人の自然への愛情や畏敬の念をもって新しい自然観が表されたものでしょう。

メディア

3D: 工芸

スケジュール

2020-09-21 - 2020-11-15

入場料

一般 1500円、大学生 1000円、高校生 600円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

東京国立博物館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「先端芸術 2020 / アペラシオン APPARATION - 先端芸術表現科20周年&伊藤俊治教授退任 記念展 - 」

概要

※本展示は事前予約制となっております。詳細は公式ホームページよりご確認ください。 20年間、作家たちが無から手探りで新たなイメージや形を生み出すスリリングな場を目撃し、そうした記憶が変容し受け継がれてゆく現場に立ち会ってきた。この展覧会は、その出現の瞬間を手繰り寄せながら、作家たちの冒険と実験の場を再現し、先端芸術表現科のみならず東京藝術大学のアートの未来を描きだす。 会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1・2階

メディア

3D: インスタレーションその他: メディアアート

スケジュール

2020-09-20 - 2020-10-03

入場料

無料

会場

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

髙橋銑 「二羽のウサギ / Between two stools」

概要

The 5th Floorにおいて、HB.と共に髙橋銑氏による個展「二羽のウサギ / Between two stools」が開催されます。キュレーションは髙木遊氏。 本展では、高橋氏の近代彫刻保存修復に関わってきた側面から、3つの新作を発表いたします。彫刻作品の根幹ともいるマテリアル / 素材が保有する時間性や、「作品」を存続させているありとあらゆる状況を明白に描写します。 これら3作品は、展示されることではじめて「作品」となりますが、それらの根源にあるのは「保存」「修復」という「作品」の周辺にあるとされてきた営為です。髙橋氏の知る保存修復の技術、その哲学に焦点をあわせることで、作品の時間性、そしてその生について思案する機会となれば幸いです。

メディア

3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-11 - 2020-09-28

入場料

無料

会場

THE 5TH FLOOR(花園アレイ)

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「藝大コレクション展 2020― 藝大年代記」

概要

東京美術学校(美校)開学から現在の東京藝術大学まで、130年以上にわたって引き継がれている本学の美術・教育資料の集積である「藝大コレクション」。2020年の展示では、美校・藝大に残された多様な美術作品によって、学史を「年代記」のように辿ります。 第1部では、上村松園の《序の舞》、狩野芳崖の《悲母観音》など、名品群を紹介します。 第2部では、藝大を象徴するコレクションと言える自画像群を特集します。黒田清輝を中心とする西洋画科の卒業課題としてはじまり、現在まで続くコレクションで、その総数は現在6000件を超えます。これらの自画像を、日本近代美術・美術教育史の流れを示す「歴史資料」として扱い、100件以上の自画像を一堂に並べ、美校・藝大の流れを「年表」のようにご覧いただきます。 会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2

メディア

2D: 絵画2D: 日本画

スケジュール

2020-09-26 - 2020-10-25

入場料

一般 440円、大学生 110円、高校生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「LONELYLONELY論より証拠 」

概要

この度駒込倉庫にて、磯崎隼士、大野智史、衣川明子、杉浦亜由子、谷崎桃子によるグループショー「LONELYLONELY論より証拠」を開催いたします。 本展は、人の手を介さずに様々な方法や手段で表現が可能となった現代で生身の肉体感覚を捨てず、人間の生や感情に対してダイレクトに表現する作家で構成される。 自然と人工の対峙と融合や、身体と一緒になった絵の具と筆で描く自画像などの絵画を制作している大野。様々な手法で生きることそのものに触れることを試みる作品を展開している磯崎。顔や抽象的な形のモチーフで、生き物同士の不和や調和、愛の構造に触れるような絵画を製作している衣川。名前のない感覚や実態のない祈りなどに着目し、人々の意識にしみついた触覚や形を模索させる彫刻を制作している杉浦。脳裏に強く残っている出来事ややりとり、風景をもとにした絵画で人間の感情や他者との関係性を表出させる谷崎。 理論で説明できない生きる上で経験するあらゆる出来事、苦難や喜びに対し、他者と対峙することから離れている今、あれこれ論じるよりも証拠を示すことに焦点をあてている。

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-09-19 - 2020-10-11

入場料

無料

会場

駒込倉庫

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

奥泉理佐子 + 大村高広 「appearance of Interior Room, appearance at Video Meeting」

概要

JR上野駅Breakステーションギャラリーの今回の展示では、Akane Soeda+ Risako Okuizumi(AS+RO)のキュレーションにより、出展に奥泉理佐子、大村高広を迎えます。本展は、身体と空間の関係を掘り下げ、観客と作者それぞれが持つ人間の認識能力を利用していくことで、個人的なまなざしを、知的な操作によって他者と共有できるものへの変換を試みるAS+ROの制作に、建築設計・建築理論を専門とする大村が加わり、あまりにも急速な2020年の社会の変容と、それに応じて一新されていく現代の空間と身体のあり様を考察するものです。 Covld-19の世界的な流行により人々は移動を控えることを推奨され、「私室」という本来親密な相手だけを迎え入れてきた空間が、カメラの前に晒されることとなりました。「私室」とは、人間が動きまわるあらゆる空間のなかでもっとも視覚よりも触覚に近い部分、つまり、目で見て判断するよりも、習慣により身体に染み付いた動きによって行動することが増える場所だろうと言えます。自分にとっての「私室」、また他者にとっての「私室」が、突如として不躾な他人の視線に晒されること。また、身に覚えのない空間をとうとつに目の前に突きつけられること。2020年が私たちにもたらしたこの新しい空間体験は、どのような意味を持つのでしょうか。

メディア

2D: 写真3D: 建築スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-12 - 2020-11-12

入場料

無料

会場

上野駅Breakステーションギャラリー

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「藝大の猫展2020」

概要

2020年も藝大アートプラザ×猫づくし展覧会を開催いたします。作品は全て購入可能!絵に描かれた猫、木に彫られた猫、ブロンズに陶に七宝に、アートになった猫が大集合の会場は、さながら猫の集会所。じーっと見つめれば、アーティストとモデル猫の関係も見えてくるかも!?藝大出身アーティストによる作品の他、コンペで選ばれた学生の作品、彫刻科学生による等身大猫彫刻を展覧いたします。スペシャル企画として、あなたの猫がアート作品になる受注制作「猫アート制作承ります!」も開催いたします。 出展作家: 浅野井春奈、荒殿優花、安西泉、石川直也、石下雅斗、石田菜々子、内田有、瓜生剛、大島利佳、岡田敏幸、小田隆、川本悠肖子、北郷江、小泉さよ、小林佐和子、小林真理子、近正匡治、佐々木怜央、笹野井もも、佐竹広弥、杉山佳、鈴木友晴、鈴木初音、添田亜希子、武田充生、田村幸帆、東條明子、時緒、中西紗和、根岸一成、曳地聡美、星野歩、前嶋望、前田恭兵、松田剣、松田環、久保万里子、三上想、宮下咲、武蔵安里、村岡佑樹、村中恵理、山下健一郎、若林真耶

メディア

3D: 彫刻・立体3D: 工芸

スケジュール

2020-09-19 - 2020-11-15

入場料

無料

会場

藝大アートプラザ

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

座間絢乃 「散歩」

概要

メディア

2D: ドローイング2D: 日本画

スケジュール

2020-09-25 - 2020-09-30

入場料

無料

会場

フリュウ・ギャラリー

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「桃山 ― 天下人の100年」

概要

※混雑緩和のため、本展では事前予約制(日時指定券)を導入します。入場にあたって、すべてのお客様はオンラインでの日時指定券の予約が必要です。 政治史における安土桃山時代は、1573年の室町幕府の滅亡から1603年の江戸幕府開府までの30年間をさします。この30年間に花開いた、日本美術史上もっとも豪壮で華麗な「桃山美術」を中心に、室町時代末期から江戸時代初期にかけて移り変わる日本人の美意識を数々の名品によってご紹介します。 戦国の幕開けを象徴する鉄砲伝来が1543年、島原の乱鎮圧の翌年、ポルトガル船の入国を禁止し、鎖国が行われたのが1639年。豊臣秀吉が北条氏を滅ぼし天下統一を果たした1590年が、その100年間のほぼ中間地点といえます。安土桃山時代を中心として、日本は中世から近世へ、戦国武将が争う下剋上の時代から、江戸幕府による平和な治世へと移り変わります。本展は、室町時代末期から江戸時代初期にかけての激動の時代に生まれた美術を概観し、美術史上「桃山時代」として語られるその美術の特質を、約230件の優品によってご覧いただこうというものです。 激動の時代に、「日本人」がどう生き、どのように文化が形作られていったのか、約100年間の美術作品を一堂に集め概観することで、日本美術史のなかでも特筆される変革の時代の「心と形」を考える展覧会です。 前期展示: 10月6日(火)~11月1日(日) 後期展示: 11月3日(火・祝)~11月29日(日)

メディア

2D: 日本画

スケジュール

2020-10-06 - 2020-11-29

入場料

一般 2400円、大学生 1400円、高校生 1000円

会場

東京国立博物館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「岡田裕子展 - 誰も来ない展覧会 - 」

概要

元映画館×ArtStickerで企画開催される、映像が主役の展示「映像の美術館」。30年前に閉館した映画館を改修したアートスペース・元映画館にて、アートビデオに焦点を当てて行われるという新たなスタイルの美術展です。第一回目となる今展は、美術家の岡田裕子を迎え「岡田裕子展ー誰も来ない展覧会ー」を開催します。 5mに及ぶ天高、映画館当時から残る200インチを超える大スクリーン、昭和の残り香を各所に残す元映画館。そこで、ゆったりと飲み物をいただきながら映像を鑑賞したり、ArtSticker音声ガイドでストーリーを聴きながら館内を探検するという体験型作品をお楽しみいただけます。 *感染予防のため予約制となります。鑑賞券はあらかじめArtStickerでご購入ください。上映とサウンド作品を合わせて約1時間10分ほどの鑑賞時間です。 *ご来場の際はArtStickerアプリの入ったスマートフォンとイヤフォンをご持参ください。 [上映スケジュール] ①17:00〜 ②18:15〜 ③19:30〜 ④20:45〜 [関連イベント] 1. 作家による舞台挨拶 日時: 9月25日(金)最終上映後 2. 「スナックーヒロコが待つー」 日程: 9月25日(金)、9月26日(土)、10月2日(金)、10月3日(土) ※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-25 - 2020-10-04

入場料

1500円(入場料・映像作品鑑賞料・体験型作品鑑賞料・1ドリンク含む)

会場

元映画館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 KING&QUEEN展 - 名画で読み解く 英国王室物語 - 」

概要

遠く11世紀から現代まで、伝統を受け継ぎ、今もなお世界中の注目を集め続け、話題に事欠かない英国王室—約1,000年、幾度かの王家転変のなかで、傑出した人物たちが現れます。 6人の妻を持ち、絶対君主の名を欲しいままにしたヘンリー8世。宗教的混乱の中を奮闘、“ブラッディ・メアリー”の異名をとったメアリー1世。最強国スペインの無敵艦隊を撃退、“国と結婚”し生涯未婚を通したことから“ヴァージン・クイーン”と呼ばれたエリザベス1世。9人の子、40人の孫、37人の曾孫を持ち、18歳から63年間治世した“ヨーロッパの祖母”ヴィクトリア女王。そして現在の王であるエリザベス2世。女王自身はもちろん、息子であるチャールズ皇太子、孫のウィリアム王子、ヘンリー王子—ロイヤルファミリー全員が、日々のニュースにも頻繁に登場するほどの人気ぶり。このようなとてつもない人物たちが、英国王室の歴史を脈々と創ってきました。 今回、世界屈指の肖像専門美術館ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーより、テューダー朝から現在のウィンザー朝まで、5つの王朝の貴重な肖像画・肖像写真など、およそ90点が来日します。 本展では、作品の魅力と併せ、美しく気品に満ちた肖像画のモデルである王室の面々が辿った運命‥幾度となく映像化や舞台化され、いつの時代も世界中を虜にする「英国王室の物語」を存分にお届けします。

メディア

2D: 絵画スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-10-10 - 2021-01-11

入場料

平日:一般 1800、大学生・高校生 1600円、小学生・中学生 1000円、土日祝: 一般 2000円、大学生・高校生 1800、小学生・中学生 1200円

会場

上野の森美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「五五展」

概要

昭和55年(1980)、東京藝術大学美術学部彫刻科に入学した私たちは40年を経た今も創作を続けています。 時と共に変化する環境や思考から生み出される表現は様々です。 今回は大学卒業後初めての同期生による合同展示です。 作家活動40年目の作品を是非ご堪能下さい。 参加作家: エサシトモコ、遠藤晃子、片岡千明、加藤宇章、上遠野敏、小田部黄太、坂本博史、鈴木太加志、内藤友博、蜂谷和郎、増川寿ー、丸山富之

メディア

3D: 彫刻・立体参加型: パーティー

スケジュール

2020-09-28 - 2020-10-10

入場料

無料

会場

いりや画廊

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

宮森敬子 「Surfaces of Time 集められた時間と空間の表面たち」

概要

宮森敬子は手透きの和紙とチャコールなどの自然の物を使って、ツリーロビング(木の表面の模様を手透きの和紙でで写し取った作品)で自然物や人工物を包み込むもの、あるいは透明樹脂(プラスチック)で自然物や自分の作品を固める作品を制作しています。現在は米ニューヨークにアトリエを構え、日本と行き来しながら、絵画、彫刻、インスタレーションの発表を行なっています。 今回、ときの忘れものの拠点である駒込を自ら歩き、駒込富士神社や東洋文庫ミュージアムにある樹木の拓本を行ないました。本展では、ときの忘れものの建物を使い、インスタレーションを行ないます。 会期中、宮森敬子さんによる無観客ギャラリートークを開催し、その様子をYouTubeで公開予定します。

メディア

3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-25 - 2020-10-17

入場料

無料

会場

ときの忘れもの

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...