「第3回ホキ美術館大賞展」

概要

40歳以下の新人写実画家を対象とする第3回ホキ美術館大賞の総応募点数は93点で、入選作品21点が2019年9月に選ばれました。そのなかで、50~100号作品を対象とするA部門からのホキ美術館大賞には、京都市立芸術大学の中西優多朗さんの《次の音》が、10~40号作品を対象とするB部門からのホキ美術館大賞準賞には、東京都在住の岩下慎吾さんの《神鳴》が選ばれました。中西さんは高校生の時に第2回ホキ美術館大賞に最年少で入選しており、今回はみごとに大賞受賞となりました。他の入選者は次のとおりです。 卜部衣世、永瀬武志、佐田涼香、小林宏至、松永瑠利子、山本真矢、潮田和也、本木ひかり、岡村翔平、友清大介、斎藤宏則、行晃司、井手永孝文、久保尚子、鈴木正利、花光宰、吉村深翠、中尾直貴。(順不同・敬称略) 若き俊英たちの今後の活躍にご期待ください。 なお、展示期間中にご来館の皆様に、大賞作品と準賞作品以外で気に入った入選作品を1点ご投票いただき、集計後に第1位の作品を「特別賞」として発表いたします。ご投票期間は2020年11月3日までとなります。

メディア

2D: 絵画その他: 公募展

スケジュール

2020-08-01 - 2020-11-16

入場料

一般 1830円、大学生・高校生・65歳以上 1320円、中学生 910円、小学生以下 無料

会場

ホキ美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「第33回日本の自然を描く展」

概要

冠賞は全期間展示。優秀賞は2期間ずつ、佳作賞・上位入選・入選・無鑑査の作品は(作家名50音)で4期にわけて展示します。 会場: 本館1F 本館2F

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 版画その他: 公募展

スケジュール

2020-09-11 - 2020-09-30

入場料

一般 500円、 大学生・高校生 300円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

上野の森美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「公募 日本の絵画2018 大賞、準大賞、優秀賞 各受賞者 連続個展」

概要

次代を担う画家の育成、顕彰を目的として2012年からスタートした「公募―日本の絵画―」。隔年開催4回目の公募展で、応募作品数231点、応募者数172人のなかから厳正な審査の結果、選ばれた上位賞受賞者特典としての連続個展を開催します。受賞から約1年半の期間に制作された各新作、受賞作等のお披露目です。 [開催スケジュール] 大賞 深作秀春 展 2020年10月5日(月)~17日(土) 準大賞 西田理菜 展 2020年9月23日(水)~10月3日(土) 優秀賞 吉岡由美子 展 2020年9月14日(月)~19日(土) 優秀賞 田中正 展 2020年9月7日(月)~12日(土)

メディア

2D: 絵画その他: 公募展

スケジュール

2020-09-07 - 2020-10-17

入場料

無料

会場

永井画廊

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「LUMINE meets ART AWARD 2019-2020 The Award Winner’s Exhibition」

概要

ルミネ、ニュウマン館内に展示するアート作品を広く一般から公募し、アーティストの発掘と支援を目指すアートアワード「LUMINE meets ART AWARD 2019-2020」の受賞作品2点とアートに精通する審査員が選ぶ注目のアーティストによる作品4点を展示する「LUMINE meets ART AWARD 2019-2020 The Award Winner’s Exhibition」を開催します。展示は、受賞作品に加え、審査員が推薦するゲストアーティストの伊藤彩、東弘一郎、黒川和希、クラークソン瑠璃の作品も飾られます。新宿エリアを回遊しながら、ゆっくりとアートをお楽しみください。 展示場所: ルミネ新宿・ルミネエスト新宿・ニュウマン新宿の6つのショーウィンドウ

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体その他: 公募展

スケジュール

2020-09-15 - 2020-09-30

入場料

無料

会場

ルミネ新宿 2

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「ポーラ ミュージアム アネックス展 2020」

概要

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止のため、当面の間、開館時間を短縮し、ウェブサイトでの事前予約制に致します。 ポーラ ミュージアム アネックス(東京・中央区銀座)は「ポーラ ミュージアム アネックス展 2020」について、臨時休館により会期途中で閉幕した前期展を2020年9月26日(土)~10月11日(日)に、開幕が延長しておりました後期展の会期を10月15日(木)~11月15日(日)に変更し、開催することに決定しました。 本展では過去に公益財団法人ポーラ美術振興財団での若手芸術家の在外研修に対する助成において、採択されたアーティストの作品を展示します。ポーラ ミュージアム アネックスでの発表をきっかけに、今後の活動に活かしていただきたいという趣旨から開始致しました。今回も昨年に引き続きポーラ美術館 木島俊介館長 監修のもと、前期は「真正と発気」、後期は「透過と抵抗」というテーマにて、合計6名の作家をご紹介します。若手芸術家の在外研修に対する助成とは、公益財団法人ポーラ美術振興財団が毎年実施している活動のひとつで35歳以下のアーティストを対象に海外での研修を援助し、日本の芸術分野の専門性を高めていこうとするものです。 [開催スケジュール] 前期: ポーラ ミュージアム アネックス展2020 – 真正と発気 – 会期: 2020年9月26日(土) – 10月11日(日) *会期中無休 参加アーティスト: 太田泰友・寺嶋綾香・半澤友美 後期: ポーラ ミュージアム アネックス展2020 – 透過と抵抗 – 会期: 2020年10月15日(木) – 11月15日(日) *会期中無休 参加アーティスト: 青木美歌・林恵理・中村愛子

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション3D: 工芸その他: 公募展

スケジュール

2020-09-26 - 2020-11-15

入場料

無料

会場

ポーラ ミュージアム アネックス

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「2020全日本読売写真クラブ展」

概要

読売写真クラブ(YPC)は、読売新聞社が母体となり、全国の写真愛好家が集う写真クラブです。現在、全国に37クラブあり、多数の会員が在籍します。クラブごとの自主独立運営で、審査会、撮影会、勉強会、作品展などの活動を行っています。 全国の会員が日頃撮りためた1,474点の力作を、写真家・立木義浩先生に1点1点審査していただいた【個人部門】の95点と、各YPCが6枚の組み写真で競い合う【クラブ対抗戦部門】の102点(17YPC)を展示します。 会場: フイルムフォトサロン 東京 スペース1・2

メディア

2D: 写真その他: 公募展

スケジュール

2020-09-25 - 2020-10-01

入場料

無料

会場

FUJIFILM SQUARE

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...