ジム・オコネル 「歌舞伎町」

概要

この展覧会では、ジム・オコネルが2006年に撮影した東京の風俗街の写真が10枚展示されます。歌舞伎町で働いている男女、飲み騒ぐ人、通りがかりの人たちの姿が映し出されています。 会場: 亜楽

メディア

2D: 写真

スケジュール

0000-00-00 - 0000-00-00

入場料

800円 (カバーチャージ)

会場

新宿ゴールデン街

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「常設展」

概要

「KIMIYO MISHIMA Installation:Work 1984-2014」 三島喜美代の1980年代からのインスタレーション作品を中心に、13点を960平米の巨大な空間に一堂に展観。新聞や雑誌、ダンボールの商標などをシルクスクリーンで転写した作品は、陶という素材を用いながらも、スケールの大きい作品に仕上がっている。約50年にわたる制作活動を経て、なお進化し続ける三島の作品に衝撃を受けるだろう。 会場: 1F 展示室A・展示場 「東横イン元麻布ギャラリー コレクション展」 展示場の螺旋階段を上がったキャットウォークでは、パプロ・ピカソと写真家のアンドレ・ヴィラール、そして、詩人のジャック・プレヴェールが共作した「Duirnes(昼間)」の写真作品の展示を行っています。 会場: 1F 展示場(キャットウォーク) 「Japanese Paper “Edo”Installation」 世界有数の浮世絵コレクションの中で最も美しく色鮮やかな作品が集まったボストン美術館のスポルディング・コレクション。美術館に寄贈される際の条件として同美術館から持ち出し、公開展示も禁止され90年間眠り続けている作品群の高精細データをもとに、様々な手法を用いて江戸の世界を現代に甦らせます。見たら人に話したくなる江戸の小ネタも満載。 会場: 3F 展示室B

メディア

2D: 写真2D: 版画3D: 彫刻・立体3D: 陶芸

スケジュール

0000-00-00 - 0000-00-00

入場料

無料

会場

ART FACTORY城南島

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「開館30周年記念展 ふたつのまどか ―コレクション×5人の作家たち」

概要

※当館は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館を続けてまいりましたが、国際美術館会議(CIMAM)が示した「Covid-19の世界的流行期間における美術館のための注意事項」などに沿って開館できるよう運営体制を整え、6月16日(火)より再開館いたします。 ※ご来館前に日時指定のデジタルチケットをご購入ください。 本展はDIC川村記念美術館の開館30周年を記念し、コレクションと現代作家のコラボレーションの機会として企画されました。 当館の建物には、エントランスホールの天井照明やステンドグラスをはじめ、「重なる二つの円」のデザインモチーフがちりばめられています。そこには、初代館長・川村勝巳と建築家・海老原一郎の友情の絆、そして鑑賞者と作品が出会う場という意味が込められているのです。 本展はこのモチーフにちなんだタイトルどおり、現在第一線で活躍する5名の作家と当館のコレクション作品との出会いの場となります。 現代美術作家の目によってコレクションが読み解かれ、その手によって紡ぎだされる新たなインスタレーションが、ひとつの空間のなかで展開されます。 時代をこえたつながり、響きあいをどうぞお楽しみください。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画参加型: トーク

スケジュール

2020-06-16 - 2020-11-29

入場料

一般 1300円、大学生・65歳以上 1100円、高校生・中学生・小学生 600円

会場

DIC川村記念美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「センス・オブ・ワンダー もうひとつの庭へ」展

概要

*新型コロナウィルス感染症の感染予防・拡散防止のため、ヴァンジ彫刻庭園美術館/クレマチスガーデンは、2020年4月9日(木)~5月20日(水)まで臨時休館いたします。緊急事態宣言の解除を受け、施設内の感染防止対策が整いましたので、5月21日(木)より開館いたします。 ヴァンジ彫刻庭園美術館では、このたび「センス・オブ・ワンダー もうひとつの庭へ」展を開催いたします。 『沈黙の春』(1962)の著者として知られる海洋生物学者のレイチェル・カーソン(1907-1964)は、遺作となった『センス・オブ・ワンダー』(1965)の中で、子ども時代からの自然とのかかわりにおいて、「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性」を持つことの大切さを説いています。現代に生きる美術作家たちもまた、澄んだ眼差しと繊細な好奇心を持ち、私たちが日々の生活のなかで見過ごしてしまっている世界をそれぞれの表現手法で視覚化し、作品をとおして、大切な何かを伝えようとしています。絵画、彫刻、写真、映像による作品がつくりだす、もうひとつの庭。自然とのかかわり方、豊かな出会い方を、私たちと同時代を生きる7名の作家たちの作品からご紹介します。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-03-20 - 2020-10-31

入場料

4月~10月: 一般 1200円、大学生・高校生 800円、中学生・小学生 無料/11月~3月: 一般 1000円、大学生・高校生 500円、中学生・小学生 無料

会場

ヴァンジ彫刻庭園美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「2019年度ヤング・ポートフォリオ」展

概要

*清里フォトアートミュージアムでは、2020年7月1日(水)より、「2019年度ヤング・ポートフォリオ」展を開催いたします。 ヤング・ポートフォリオ(YP)とは、当館の理念の一つであり、「写真を通して世界の若者を支援する」ことを目的とする文化貢献活動です。毎年、世界の35歳までの若手写真家の作品を公募し、第一線の写真家による厳正な選考を経て、 若手写真家の「原点」となる貴重な初期作品を購入・収蔵し、後世に残す活動です。 選考された作品を、美術館が永久保存するという、コンテストと異なる性格を持つ本活動は、世界でも他に類をみないものです。(2004年、公益社団法人・日本写真協会より文化振興賞を受賞) YPは、当館開館の1995年度より継続して行っており、2019年度は第25回となります。これまで世界77カ国から10,508人、137,252点の作品が応募され、そのなかから、46カ国の802人による6,241点の作品を購入いたしました。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-07-01 - 2020-11-08

入場料

一般 800円、大学生 600円、高校生以下 無料

会場

清里フォトアートミュージアム

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「夢二に学ぶ、恋のいろは - 失恋体験から、モテ仕草まで - 」

概要

*竹久夢二美術館は7月1日(水)に再開致します。再開の際は、オンラインにより入館事前予約システムを導入する運びとなり、詳細は後日HPで改めてお知らせ申し上げます。 大正ロマンを象徴する詩人画家・竹久夢二(1884-1934)は、ドラマチックな恋愛を重ね、私生活も注目されていました。本展では、夢二が考える理想の女性像や男女関係、また恋人たちを振り返りながら、恋愛に絡めて表現した絵画や詩歌、また写真資料等を展示します。さらに夢二友人・知人の恋愛事情にも迫り、100年前の恋愛観を考察します。 波乱万丈な人生を送った夢二ですが、恋愛にまつわる作品やメッセージは普遍的で、時代を越えて、恋する人の心に響きます。失恋体験からモテ仕草まで、夢二から恋愛のヒントを学んでみましょう!

メディア

2D: 絵画2D: 写真

スケジュール

2020-07-01 - 2020-10-25

入場料

一般 1000円、大学生・高校生 900円、中学生・小学生 500円

会場

竹久夢二美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館展示帰国展 Cosmo- Eggs| 宇宙の卵」

概要

*アーティゾン美術館は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、展覧会の開幕を延期し臨時休館しておりましたが、6月23日(火)より展覧会を開催します。 第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」(2019年開催、国際交流基金主催)の帰国展を開催します。ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展は、イタリア、ヴェネチアの各所を会場とし、2年に一度開催される現代美術の国際展です。1895年から120年以上の歴史を重ね、今なお大きな影響力を持っています。ヴェネチア・ビエンナーレの日本館は、石橋財団の創設者である石橋正二郎が建設寄贈、1956年に開館しました。そのような歴史的つながりから、このたび当館で帰国展を開催することとなりました。「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」は、キュレーターの服部浩之を中心に、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4つの異なる専門分野のアーティストが協働し、人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに構成されました。本展は、ヴェネチアでの展示をもとに、アーティゾン美術館の展示室にあわせて再構成するものです。映像・音楽・言葉・空間の4つの要素が共存するインスタレーションに、ドキュメントやアーカイブなどの新たな要素を加えご紹介します。

メディア

2D: 写真3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画その他: メディアアートその他: 音楽

スケジュール

2020-06-23 - 2020-10-25

入場料

ウェブチケット: 一般 1100円、大学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料

会場

アーティゾン美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「モネとマティス―もうひとつの楽園」

概要

19世紀から20世紀にかけて、急速な近代化や度重なる戦争などの混乱した社会状況のなか、「ここではないどこか」への憧れが、文学や美術のなかに表れます。なかでもクロード・モネ(1840-1926)とアンリ・マティス(1869-1954)は、庭や室内の空間を自らの思うままに構成し、現実世界のなかにいわば人工的な「楽園」を創り出した点において、深く通じ合う芸術家であると言えます。 モネは19世紀末、近代化するパリを離れ、ジヴェルニーに終の住処を構えます。邸宅の庭で植物を育て、池を造成し、理想の庭を造りあげたモネは、そこに日々暮らしながら、睡蓮を主題とした連作を制作しました。南仏に居を構えたマティスもまた、テキスタイルや調度品を自在に組み合わせ、室内を演劇の舞台さながらに飾り立てて描きました。こうしたモティーフは、南仏の光とともにマティスのアトリエと作品を彩ったのです。 モネの庭と、マティスの室内。彼らの「楽園」は、欠くことのできない主題であると同時に、制作の場であり、生きる環境でもありました。本展覧会では、ふたりの芸術家がいかにして「楽園」を創り上げ、作品へと昇華させていったのかを検証します。 ※モネとマティスの作品約70点、ポーラ美術館の印象派コレクションや新収蔵の画家などの作品を合わせ、約90点をご紹介します。チラシ・ポスター等に掲載されている海外からの出品を予定しておりました作品は、新型コロナウィルスの影響で、現在展示されておりません。

メディア

2D: 絵画2D: 写真

スケジュール

2020-06-01 - 2020-11-03

入場料

一般 1800円、65歳以上 1600円、大学生・高校生 1300円、中学生以下 無料、障害者手帳提示とその介護者1名 1000円

会場

ポーラ美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「作家ピカソ展」

概要

偉大なるスペインの芸術家パブロ・ピカソは、現代美術への輝かしい貢献で知られています。本展覧会では、マラガピカソ美術館の協力を得て、彼の知られざる側面に焦点を当てます。 ピカソは天才画家であっただけではなく、詩作に情熱を傾ける詩人でした。数々の複写、写真、出版物、ビデオから詩人ピカソの才能が浮き彫りになります。また、日本との関連性を示す書簡、書籍などを展示します。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-06-16 - 2020-09-30

入場料

会場

インスティトゥト・セルバンテス東京

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「糸の記憶 アーツ前橋所蔵作品から」

概要

アーツ前橋では、地域ゆかりの作家をはじめ、館の活動に関連のある作家たちの作品を継続的に収蔵しています。2019年度は15作家72作品を収蔵しました。 本年度は、これらの新収蔵作品の一部やアーツ前橋開館前から収蔵してきた作品から、「糸の記憶」、「場所の記憶」というテーマで年間を通じて、1階ギャラリーで公開いたします。 絵画などに描かれる服飾表現は、人物の性格や雰囲気を特徴づけるとともに、文化や社会、時代を反映します。前期展示では、さまざまな人物を描いた近代の洋画・日本画作品による表現をご覧いただきます。またアーツ前橋の初代ユニフォームと2代目ユニフォームを製作過程とともに紹介します。受付や会場内のスタッフが自分なりの着方をアレンジしながら、2代目ユニフォームを着用する様子にもご注目ください。 後期展示では、生糸や絹、養蚕にまつわる表現を紹介します。養蚕が盛んだったこの地域では蚕が《お蚕様(おかいこさま)》と呼ばれ大切にされました。蚕の一生を描いた高橋常雄の《お蚕様》、桐生に残る銘仙を撮影した石内都の《絹の夢》シリーズを展示します。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: ファッション

スケジュール

2020-06-01 - 2020-10-13

入場料

無料

会場

アーツ前橋

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

東京大学=ヴュルツブルク大学連携特別展示「レントゲン――新種の光線について」

概要

このたび東京大学はユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク(ヴュルツブルク大学)と連携し、レントゲンのX線発見125年を記念した特別展示を開催することになりました。この特別展示は東京大学総合研究博物館が「博物誌シリーズ」として展開している連続特別展示の6回目に当たります。 物理学者ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン(1845−1923)は、1845年、旧プロイセン王国ライン州のレネップに生まれています。よく知られるように、長い間、医療の現場では、X線撮影が「レントゲン」と呼ばれていました。個人名が普通名詞として使用されるに至ったことを見てもわかる通り、百年以上も前にレントゲンが存在に気づいたX線は、学術研究や社会生活の場で利用価値の高いものだったのです。 1888年、レントゲンはヴュルツブルク大学の物理学正教授のポストに就いています。その後も、英国人理論物理学者ジェームズ・クラーク・マクスウェル(1831−1879)の電磁理論を裏付ける変位電流現象を発見するなど、レントゲンは数々の業績を残し、その功績が認められ1894年に同大学の学長に就任しています。 個体や液体に圧力を加えると、物性はどのように変化するか。その関心から、減圧された気体のなかを流れる陰極線に着目し、学長就任の翌年10月から「真空ガラス管」の実験を始めています。その翌月というごく短期間に、それまで知られることのなかった不思議な放射線の存在に気づくことになりました。レントゲンは、「未知」のものであるという意味で、その放射線を「X(エックス)線」と名づけ、それに関する予備ノート「新種の放射線について(Eine neue Art von Strahlen)」を、1895年12月28日付でヴュルツブルク物理医学会に送付したのです。 X線の発見により、人類はそれまで見たこともない世界を眼にするようになりました。レントゲンの発見が科学知を飛躍的に拡大させたのです。レントゲンは、X線が存在することを、人の手を撮影した写真や公開での実演で証明してみせたと言われます。実験の分かり易さが幸いし、様々な学術分野に応用可能であることがすぐに伝わり、多方面での活用につながったのです。レントゲンが1901年に第一回ノーベル物理学賞の栄誉に輝いたのは、当然のことだったのです。 レントゲンの科学的精神を顕示する人間性と学術的成果に関する、ヴュルツブルク大学所蔵の貴重資料の紹介は、今回が初めてのことになります。基礎科学を取り巻く研究基盤の劣化が危惧される今日、学術研究と社会生活の両方に瞠目すべき地殻変動をもたらした科学的発見の再検証は、時機を得たものと考えられます。 ※インターメディアテクの特別展示は、予め会期を定めない企画方針をとっています。TABのシステム上、会期終了日を仮に表示しています。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-06-24 - 2021-04-01

入場料

無料

会場

インターメディアテク

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「100年前にカワセミを撮った男・下村兼史 -日本最初の野鳥生態写真家-」

概要

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)写真歴史博物館では、2020年7月1日(水)から9月30日(水)まで、日本最初の野鳥生態写真家・下村兼史の作品展を開催いたします。 およそ100年前、日本で初めて野鳥の撮影に成功した男がいました。その名は下村兼史。下村は日本における野鳥を主とした生物写真の先駆者であり、日本最初の野鳥生態写真家です。野生生物を写真で記録する者の少なかった1920年代から30年代、下村は、北は北千島から南は奄美大島、小笠原諸島を歴訪し、里山、離島、原野など、今日では変貌がいちじるしい自然環境と、自然にあるがままの野生生物の姿を写真で記録しました。 下村は1903年、佐賀県の裕福な家に生まれました。1920年に慶應義塾大学文学部予科に入学したものの、病気のために翌年中退。やむなく佐賀に帰郷しますが、ここから下村の写真への道が始まりました。もともと野鳥が好きだった下村は、1922年、試行錯誤の末、自邸の庭で初めて野鳥の撮影に成功します。木の枝にとまるカワセミの姿をとどめたその写真は、日本野鳥生態写真史において記念すべき歴史的な一枚となりました。そして、下村はその後も次々と野鳥の撮影を成功させていきました。過酷な撮影条件のもと、現代から見れば性能の劣る撮影機材や感光材料を用いて生み出された下村の写真は、時に詩情にあふれ、時に科学者の眼を感じさせます。研ぎ澄まされた美意識と感性でとらえられた野鳥の写真は、野鳥の生態を知り尽くした下村の卓越した撮影技術と芸術的センスの賜物でした。下村の活動は写真以外にも、鳥類図鑑や紀行エッセーの執筆、自然科学ドキュメンタリー映画の制作など多岐にわたり、さまざまな分野を通じて野鳥や自然への関心を一般に広めました。また、これらの仕事は日本の野鳥生態写真史の黎明期において多くの同輩、後進に影響を与え、野外鳥類学の研究発展にも大きく貢献しました。 本展は、公益財団法人 山階鳥類研究所の協力を得て、同研究所が所蔵する下村兼史のオリジナル・プリントを中心に約50点の作品を展示いたします。同研究所では下村の没後、遺族により寄贈された1万点を超える下村の写真資料が保管されており、現在も整理保存と調査研究が進められています。時代の変遷とともに下村は一部の人々にのみ知られる存在となっていましたが、2018年に東京で開催された初の本格的な展覧会は各方面で話題となり、大きな反響を呼びました。本展では、新たに歴史的、作品的価値という視点から下村の作品群を再構成してご紹介します。下村の自然を愛する心、野鳥の一瞬をとらえようとする飽くなき情熱から生まれた傑作の数々は、便利さや手軽さと引き換えに失われてしまった写真表現の美しさをたたえ、現代に生きる私たちにその魅力を改めて気づかせてくれるものです。 日本最初の野鳥生態写真家・下村兼史。その卓越した撮影技術と、美しい野鳥生態写真の世界をどうぞご堪能ください。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-07-01 - 2020-09-30

入場料

無料

会場

FUJIFILM SQUARE

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「縄文 祈りの造形 小川忠博 写真展」

概要

今年の開館45周年記念の一環として、「縄文・祈りの造形 小川忠博写真展」を開催いたします。小川忠博は1942年東京都生まれ。早稲田大学卒業。カメラマンとして週刊誌・月刊誌の取材のかたわら、各種スリットカメラなどを開発し、美術・考古分野に新しい視点を提供してきました。 縄文美術の撮影は40年余りにおよび、全国延べ1000か所以上で続けています。2010年文化庁長官表彰。本展は、縄文人の生活を知る手がかりとなる出土品を学術・標本写真と違った視点で紹介します。縄文土器、土偶などの多様な造形、文様を表現する約150点の作品を一堂に展示いたします。小川忠博による「縄文・祈りの造形」をお楽しみください。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-06-25 - 2020-10-13

入場料

一般 1000円、高校生 700円、中学生・小学生 500円

会場

池田20世紀美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「太陽の塔への道~太陽の塔は「生命の樹」だった」

概要

1970年の大阪万博の為に制作された《太陽の塔》は、岡本太郎の傑作の一つです。そのフォルムがどのようにして成立したかについて考察する為には、岡本太郎による全ての造形作品の中にヒントが見出されるべきです。 《太陽の塔》のフォルムは、単なる思い付きで生まれたのではなく、それ以前の岡本の作品の中に思想と図像が継続して見出せます。名称が《太陽の塔》に決定されるまでの間、岡本はこの塔のことを、いくども「(仮称)生命の樹」として、公式記者会見で発表しています。 本展では、《太陽の塔》に繋がる図像の作品、そして同様の思想に基づく作品を紹介し、岡本太郎が《太陽の塔》に込めた思想を紹介致します。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-06-02 - 2020-10-11

入場料

一般 500円、大学生・高校生・65歳以上 300円、中学生以下 無料、企画展開催中は企画展とのセット料金

会場

川崎市岡本太郎美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「きぼうのかたち - 原美術館コレクション」

概要

私たちはずっと何かを表現し、誰かとそれを分かち合うことで互いを癒し、刺激し、勇気づけ、励まし合ってきました。ウイルスという見えない敵と対峙することになった今、自分に生きる希望や喜びをもたらしてくれる何かについてそれぞれが真摯に考え、選び取る時代がやってきたようにも思えます。 横尾忠則は、戦後の焼け跡の風景に歌姫のシルエットを重ね、復興の光を表現しました。本展では「きぼう」をキーワードに、今を生きるアーティスト達による作品群(40点)と、この6月に永逝したクリストによる作品(10点)を展覧します。

メディア

2D: グラフィックデザイン2D: 絵画2D: ドローイング2D: 日本画2D: 写真3D: 建築3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-07-11 - 2020-11-03

入場料

一般 1100円、大学生・高校生 700円、中学生・小学生 500円(ハラ ミュージアム アーク・伊香保グリーン牧場セット券:一般 1800円、大学生・高校生 1500円、中学生 1400円、小学生 900円)その他詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

会場

ハラ ミュージアム アーク(群馬)

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「ヨコハマトリエンナーレ2020『AFTERGLOW―光の破片をつかまえる』」

概要

ヨコハマトリエンナーレは、3年に一度開催される現代アートの国際展です。ヨコハマトリエンナーレ2020では、「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」と題し、目まぐるしく変化する世界の中で、大切な光を自ら発見してつかみ取る力と、他者を排除することなく、共生のための道を探るすべについて、みなさんと一緒に考えます。 本展を企画するのは、長年にわたって世界で活躍するインドの3人組アーティスト集団「ラクス・メディア・コレクティヴ」です。日本で初めて作品を発表するアーティストはもちろん、本展のために新たに制作される作品やプロジェクトを多数紹介し、いま、最も刺激に満ちた現代アートをお楽しみいただきます。 会場: 横浜美術館、プロット48、日本郵船歴史博物館

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真2D: 版画3D: 彫刻・立体3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画その他: メディアアートその他: 音楽その他: アートフェスティバル

スケジュール

2020-07-17 - 2020-10-11

入場料

一般 2000円、大学生・専門学生 1200円、高校生 800円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

横浜美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」

概要

“カラー写真のパイオニア”として、独自のアングルでニューヨークの日常を撮りつづけ、近年その魅力が再評価された写真家ソール・ライター。2017年、Bunkamura ザ・ミュージアムで日本初の回顧展を開催し大きな話題を呼びました。さらに2020年1月には「永遠のソール・ライター」展を開催。2度目のブームを巻き起こしはじめたかのように思われていた矢先、新型コロナウイルスの影響で閉幕前に突然の中止を余儀なくされてしまいました。  ところが、彼の作品は数奇な運命を辿ることとなります。作品の所蔵元であるソール・ライター財団(ライターが生涯愛したアトリエ兼アパートが、現在では財団事務所)があるニューヨークは、日本を大きく上回る感染者数の拡大に見舞われ、作品返却の目途が立たない事態となり、日本で大切に保管されることとなりました。  日本美術をこよなく愛したソール・ライターの没後、2014年に財団が設立された際、「日本での回顧展開催」が大きな目標だった財団が途中閉幕を余儀なくされた我々の気持ちを汲み、展覧会の開催を快諾してくれたおかげで、このたび、急遽アンコール開催が決定いたしました。  約8万点のカラー写真をはじめ、作品の大半を整理することなく世を去った写真家の「発掘作業」は、ソール・ライター財団により現在進行形で続けられています。本展では、ソール・ライターが愛し慈しみ、よき理解者であった妹のデボラや恋人のソームズ、愛し共に暮らした猫たちを被写体とした作品や、世界初公開となるソール・ライターの膨大に残された未プリントフィルムのカラースライド(ソール・ライター財団によりデータ化)を展示。また、これまでほとんど紹介される機会をみなかった2000年以降に撮影されたデジタルカメラでの作品、自ら“芸術の到達点”と語ったスケッチなど、2017年の初回顧展時から新たに整理された作品・資料をメインに、ぶれることのない生き方、独自の姿勢をつらぬいたソール・ライターの創作の背景、そして、その実像に迫ります。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-07-22 - 2020-09-28

入場料

一般 1500円、大学生・高校生 1000円、中学生・小学生 700円

会場

Bunkamura ザ・ミュージアム

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「都市は自然」

概要

元々は生物学の分野で使用されていた「共生」という用語は、環境問題や人権問題の標語にも用いられるようになり、今では一般的な言葉として使われるようになりました。この「共生」という言葉が広くに知られるようになったのは、1970年代より「共生の思想」を提唱してきた建築家・黒川紀章によるところが大きいといえるでしょう。黒川と共に日本発の建築運動「メタボリズム」に参加した建築家・槇文彦に薫陶を受け、現在国内外のプロジェクトで活躍する建築家・團紀彦が、本展の展示構成を手掛けています。 2020年より軽井沢町の今後の都市と自然環境に対する提言を行うマスターアーキテクトに就任された團の建築は、その特徴として「自然との共生」を挙げることができるでしょう。本展では、團の「共生」に関連した作品や画像資料に加え、複数のプロジェクトで團と共同制作をしてきた美術家・大久保英治の新作インスタレーションを展示いたします。さらに「共生的社会」と題したセクションでは、当館館長の堤たか雄がキュレーションを担当し、ブックアーティストの太田泰友、独自の視点で社会問題に向き合う磯村暖の近作をご紹介いたします。美術作品、関連資料他、様々な展示物を通じ、日本の自然観、都市観に基づいた團紀彦の解釈による「共生」の展観を試みます。 [関連イベント] 1. ブックアーティスト 太田泰友によるワークショップ 「セゾン現代美術館でしか作れない本」 日時 : 2020年8月1日(土) 13:00 –16:00 定員: 5組(親子2名様1組) 参加費:1組/1000円 *予約制 2. 「本の境界線 at セゾン現代美術館」 日時 : 2020年8月29日(土) 13:00 –16:00 対象: 大人 定員 : 10名 参加費:1000円 *予約制 3. 磯村暖×CHISE NINJAによるヴォーグフェムダンスのワークショップ 「Experiment for Eternal Dance」 日時: 2020年8月22日(土)17:00−18:30 定員: 8名 参加費:無料 *予約制 ※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: グラフィックデザイン2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 建築3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-07-26 - 2020-11-23

入場料

一般 1500円、大学生・高校生 1000円、 中学生・小学生 500円

会場

セゾン現代美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「ヨコハマトリエンナーレ2020『AFTERGLOW―光の破片をつかまえる』」

概要

ヨコハマトリエンナーレは、3年に一度開催される現代アートの国際展です。ヨコハマトリエンナーレ2020では、「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」と題し、目まぐるしく変化する世界の中で、大切な光を自ら発見してつかみ取る力と、他者を排除することなく、共生のための道を探るすべについて、みなさんと一緒に考えます。 本展を企画するのは、長年にわたって世界で活躍するインドの3人組アーティスト集団「ラクス・メディア・コレクティヴ」です。日本で初めて作品を発表するアーティストはもちろん、本展のために新たに制作される作品やプロジェクトを多数紹介し、いま、最も刺激に満ちた現代アートをお楽しみいただきます。 会場: 横浜美術館、プロット48、日本郵船歴史博物館

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真2D: 版画3D: 彫刻・立体3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画その他: メディアアートその他: 音楽その他: アートフェスティバル

スケジュール

2020-07-17 - 2020-10-11

入場料

一般 2000円、大学生・専門学生 1200円、高校生 800円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

プロット48

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」

概要

※本展は事前予約制です。ミューぽんをご利用の場合、予約サイトにて「会員の方・招待券・割引券ほか」をお選びいただき、現地で精算ください。8月31日(月)より、17:00以降は、事前予約なしでご入館いただけます。17:00より前の時間枠も、当日に空きがある場合は、事前予約なしでご入館いただけます。 本展では、日本という枠を越えて広く国際的に活躍し、今日、多様な地域や世代から高い評価を得るアーティスト6名を選び、その軌跡を初期作品と最新作を中心に紹介します。彼らの実践は世界からいかに評価されてきたのか。国境や文化を越えた普遍的な課題の追求、伝統や美学、テクノロジーやサブカルチャーなど、日本固有の社会的、文化的、経済的背景をふまえて探ります。 また、1950年代から今日まで、海外で開催された主要な日本現代美術展に関する資料も展示し、それぞれの時代の評価軸や系譜を検証します。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 日本画2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション3D: ファッション3D: 工芸3D: 陶芸スクリーン: 映像・映画スクリーン: アニメーションその他: メディアアートその他: パフォーマンス

スケジュール

2020-07-31 - 2021-01-03

入場料

一般 2000円、大学生・高校生1300円、中学生~4歳 700円、65歳以上 1700円

会場

森美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「大東京の華― 都市を彩るモダン文化」

概要

近年、東京の各地で再開発が進み、都市の景観が大きく変わりつつありますが、これまでも東京の街は度々変貌を遂げてきました。 明治から大正にかけて、近代的な街並みが徐々に形成されつつあるなか、1923年(大正12)に起きた関東大震災は、東京に甚大な被害をもたらしました。しかし大規模な復興事業により生まれ変わった東京は「大東京」と称されます。 当時の人々にとって、「大東京」とは具体的にどのようなイメージだったのでしょうか。本展では、当館が所蔵する版画や絵葉書、写真などの中から、明治、大正、昭和へと、時代とともに発展する東京の姿を紹介します。 また、新たな時代の波は、そこに集う人々の装いやライフスタイルにも大きな変化をもたらしました。特に1930年代は、洋装に身を包み銀座の街を闊歩かっぽするモダンガールに象徴されるように、女性たちがより華やかに、モダンな都市生活を謳歌おうかするようになります。当時流行したファッションやアール・デコ様式の調度品など、人々の生活を彩った品々を展示します。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真2D: 版画3D: ファッション3D: 工芸

スケジュール

2020-08-25 - 2020-11-23

入場料

一般 600円、大学生480円、65歳以上・高校生・中学生 300円、都内在住の中学生・小学生以下・障害者手帳提示とその介護者2名 無料

会場

江戸東京博物館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「キヤノンフォトクラブ東京第3 第25回写真展『素晴らしきニッポン』」

概要

本展は、キヤノンフォトクラブ東京第3の会員による写真展です。専任講師である写真家・門井ゆりか氏の指導を受け撮影を続ける会員30人と、門井氏の作品を加えた31点を展示します。「おもてなしの心」「和食」「神社仏閣」「古典芸能」「職人」など一人ひとりが「素晴らしきニッポン」をテーマに表現をする写真展です。展示作品はすべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF PRO-6000」でプリントします。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-08-28 - 2020-09-28

入場料

無料

会場

オープンギャラリー1・2

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

竹之内祐幸「距離と深さ」

概要

これまでLiberty City(P.G.I.)、鴉(P.G.I.)、Things will get better over time(Gallery Trax)、第四の壁(PGI)、「距離と深さ」(Studio Staff Only)と作品を発表。都市の風景、花や草木などの自然、身の回りの何気ない日常、親しい友人たちなどを被写体とし、暗黙裡に共有されているルールに隠された物事の奥に潜む本質を露わにしようとしてきました。孤独との対峙や社会との距離の認識といった、見落とされがちな、個人が身につけている身振りを作品において浮かび上がらせることで、多様性、同一性とは何か、を問いかけています。 本作「距離と深さ」は友人からポートレートを撮ってほしいと依頼されたことがきっかけになった作品です。遠く離れた場所に行ってしまう恋人に送りたいから、と頼まれた竹之内は、自分だったらどんなアルバムを作るだろう、様々な場所で撮った風景から小さな小石のような誰かにとってはほんの些細なものまで、ひとつの世界に感じられるようなアルバムが作れたら、と考えました。 本展は5月に開催予定でしたが、COVID-19による緊急事態宣言を受け、今秋の開催と相成りました。奇しくも私たちはコロナ禍の生活で、物理的にも精神的にも他者との「距離」について考えざるを得ない経験をし、緊急事態宣言解除後の今も引き続きそうした時間を過ごしています。画面上に見えていても触れることはできない、届けることができないもどかしい経験は、情報伝達の発達した現代に慣れた私たちに、想像していなかったショックをもたらしました。竹之内にとっても、想像ではなく実際に遮断された生活を送ることでこの作品に対する思いを新たにするところもあったでしょう。 コロナ禍での生活で撮影した撮り下ろしの新作も交え、アーカイバルピグメントプリント約70点を展示いたします。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-08-26 - 2020-10-10

入場料

無料

会場

PGI

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

矢島陽介 「Interaction」

概要

CAGE GALLERY は、8月8日( 土) より矢島陽介「Interaction」を開催いたします。 CAGE GALLERYでは3年ぶり2度目となる本展は、矢島の新作となる映像作品を発表いたします。矢島はこれまで、自らの都市生活において日常的に感じる環境へのズレや違和感にアプローチする作品を制作してきました。写真の中の風景や人物は、どこか/誰かを知っているようで知らない独特の「距離感」によって、見るものに違和感を生み出します。 本展「Interaction」は、2つの映像が対となるインスタレーションです。二つの窓に収められたディスプレイには、左右で類似する異なったイメージが上映され、ループしながら複数の組み合わせが展開されます。一方のモチーフは動画、もう一方は静止画で構成されており、動きは微細な変化として抑えられているために、一見どちらも静止画に感じるでしょう。矢島はパブリックに開かれた展示空間において、路上を通り過ぎる人と立ち止まり鑑賞する人、両者の間で経験の質感にズレをつくりながら、それを幾重も重ねることで違和感を助長しようとします。「かつてそうだったはず、という認識は『そうだった気がする』『そうではなかったかもしれない』という疑念となり、常に揺らいでいく」と語る矢島の映像は、見ることを徹底して問いかけるために選択された、揺れ動く「写真」と言えるでしょう。 *ハンドアウト:ギャラリー向かいのHender Scheme「スキマ」内 *会期中上映作品入れ替え 1部:2020年8月8日(土) – 9月25日(金) 2部:2020年9月26日(土) – 11月8日(日)

メディア

2D: 写真スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-08-08 - 2020-11-08

入場料

無料

会場

CAGE GALLERY

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「道草展 : 未知とともに歩む」

概要

異常気象や環境汚染など、今日、人間の営みが環境に与える影響はその在り方を問われる重大な局面を迎え、政治や経済に対して積極的な対策を求める声が世界各地で上がっています。本展は、このような社会的意識の高まりを背景に、植物への関心やフィールドワークから生まれた現代美術作品を通して、人間がその環境とともに歩んできた道のりを考察する展覧会です。植物にまつわる歴史や人ならざるものの存在に目を向けてきた6組のアーティストによる、ドローイングや写真、映像、インスタレーションなどさまざまな表現から、人間と環境のつながりを考えます。 本展はまた、人間と環境のつながりの「これから」を参加者とともに想い描く関連プログラムを実施します。気候変動適応に関する資料室や講座の開設など、体験や対話を通した双方向的な学びから、一人ひとりが地球規模の問題や共存社会を思考する機会を創出します。 [関連イベント] 多世代向けプログラム「秋の道草らぼ」 日程:北野謙ワークショップ 10月24日(土)、25日(日) / 和田文緒ワークショップ 10月31日(土)、11月1日(日) 会場:現代美術ギャラリー ワークショップ室ほか 講師:北野謙(写真家)、和田文緒(香りと植物の研究家・アロマセラピスト) 参加方法:要申込・抽選  ※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画参加型: ワークショップ

スケジュール

2020-08-29 - 2020-11-08

入場料

一般 900円、高校生以下・70歳以上・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

水戸芸術館現代美術センター

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「UNLEASHED SPEED UNLEASHED SPEECH (MISFITS)」

概要

KOTARO NUKAGA では、ロンドンとメキシコシティを拠点とするコンセプチュアル・アーティスト、ステファン・ブルッゲマン(1975年 メキシコシティ生まれ)キュレーションによる展覧会「UNLEASHED SPEED UNLEASHED SPEECH (MISFITS)」を開催いたします。ブルッゲマンは欧米諸国で展覧会を重ね、今後さらなる活躍が期待されている注目のアーティストです。2018年秋KOTARO NUKAGA にて開催した日本初の個展は、現代のデジタルカルチャーを反映したシリーズ作品が好評を博しました。ブルッゲマンのキュレーションによる本グループ展には、本人とともに、国際的に活躍するアーティストであるオリオール・ヴィラノヴァ、ジェイ・レヒシュタイナー、ガーダー・アイダ・アイナーソンの3名が参加します。それぞれが異なる背景と作風を持ちながらも、情報が氾濫し加速を続ける現代の状況を鋭く見つめ、独自の視点と方法によって切り取った側面を作品に反映させています。社会が変化するスピードは留まる所を知らず、目の前を流れていく膨大な情報の表層だけではなく、深い洞察力を持って物事の本質を見抜く力が一人ひとりに対して問われています。この展覧会が、アートに対して、また社会に対する新たな視点を持つきっかけとなれば幸いです。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真

スケジュール

2020-09-05 - 2020-10-10

入場料

無料

会場

KOTARO NUKAGA

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

シャルロット・デュマ 「ベゾアール(結石)」

概要

エルメス財団では、アムステルダムを拠点に活動する写真家、アーティストであるシャルロット・デュマの展覧会「ベゾアール(結石)」を開催します。1977年、オランダ・フラールディンゲンに生まれたデュマは、現代社会における動物と人の関係性をテーマに、20年に亘り、騎馬隊の馬や救助犬など、人間と密接な関係を築いている動物たちを被写体としたポートレイト作品を発表してきました。2014年からは日本を訪問し、北海道、長野、宮崎、与那国島など全国8ヶ所を巡り、現存する在来馬を撮影し続けています。 本展「ベゾアール(結石)」は、デュマの近年の映像作品3点を中心に、動物と人間の関わり合いを再考するものです。ベゾアールは動物の胃や腸の中に形成される凝固物のことで、科学的に証明しうる医学的な現象からできた石でありながら、その存在は、古い伝承の中ではお守りや神秘的な想像と結びつくこともありました。デュマは、馬の撮影を通じて発見した原始の風景を紐解くように、馬と関連する品々や史料との対話を試み、生と死について問いかけます。私たちは、自然の一部として、動物や植物などと共存をすることでしか生きてゆくことはできません。ここで紹介するベゾアールや埴輪、木馬などの品々は、共存の一つの証でもあり、デュマの写真作品とともに、生の儚さをアレゴリカルに伝えてくれるでしょう。 また、本展は、デュマが数年来協働を続ける、テキスタイルデザイナーのキッタユウコによる藍染めの布を用いたインスタレーションや、建築家小林恵吾と植村遥による会場構成などにより、デュマの紡ぐ物語をいくつかの視点から見つめることができます。自然との対話に加わることのできる空間の中で、世界中がかつてないような状況に直面している今だからこそ、これらの作品は、自然や生命について心を開き見つめなおすきっかけを与えてくれるでしょう。

メディア

2D: 写真3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-08-27 - 2020-11-29

入場料

無料

会場

メゾンエルメス

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「瞬く皮膚、死から発光する生」

概要

命の輝きはいかにもたらされるのか。その源を探ることは、芸術が普遍的に追い求めてきた主題の一つといえるものです。限りある時の中で輝く命のあり方として表される幾多の色あいや形、光と闇は、日常の中に息づく「生」と「死」を浮かび上がらせます。そして、世界を覆う災禍に見舞われ、従来の死生観が根底から問われている現在にあって、命の様々なあり方を伝える芸術が、より強く求められています。 現実の姿をあらわにする写真においても、多様な視座や手法をもって、死生観や命の姿が、長い歴史の中で表わされてきました。8名の現代写真家によって開催される本展は、「皮膚」をテーマにそれぞれの眼差しのもと、命に迫ります。 命の輝きはいかにもたらされるのか。その源を探ることは、芸術が普遍的に追い求めてきた主題の一つといえるものです。限りある時の中で輝く命のあり方として表される幾多の色あいや形、光と闇は、日常の中に息づく「生」と「死」を浮かび上がらせます。そして、世界を覆う災禍に見舞われ、従来の死生観が根底から問われている現在にあって、命の様々なあり方を伝える芸術が、より強く求められています。 現実の姿をあらわにする写真においても、多様な視座や手法をもって、死生観や命の姿が、長い歴史の中で表わされてきました。8名の現代写真家によって開催される本展は、「皮膚」をテーマにそれぞれの眼差しのもと、命に迫ります。 「皮膚」は、人の存在そのものを包んで成り立たせる役割を担っています。私たちは「皮膚」を通して、他者や光景の中に宿る無数の命と、生涯を通じ呼応し続けています。そうした実感の中で撮られる写真もまた、一枚一枚が「皮膚」のように世界と接し、「死」と「生」をつらぬく命の姿が、瞬く光の中に写し出されるのです。 [関連イベント] 1. 講演会とギャラリートーク「日本の現代写真をめぐって 日時: 10月3日(土)14時〜16時  出演: 飯沢耕太郎(写真評論家) 会場: 多目的ホールおよび展示室  定員: 60名 要事前予約 参加費: 無料(高校生以上は要当日観覧券) 2. トークイベント「発光する命、皮膚としての写真」 出演:岸田将幸(詩人)、篠原誠司(本展担当学芸委員)、鶴岡真弓(多摩美術大学芸術人類学研究所所長/多摩美術大学美術館館長※リモート出演) 日時: 10月24日(土) 14時〜16時  会場: 多目的ホール 定員: 60名 要事前予約 参加費: 無料 3. 写真ワークショップ「足利の古い街を歩く」 日時: 9月19日(土)10時〜16時(途中一時間休憩) *午前野外で撮影、午後から多目的ホールで学芸員が講評 講師: 当館学芸員 定員: 12名 対象: 中校生以上(保護者同伴の場合は小学生の参加可) 持ち物: デジタルカメラ ※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真参加型: ワークショップ参加型: トーク

スケジュール

2020-08-25 - 2020-11-03

入場料

一般 710円、高校生・大学生 500円、中学生以下 無料

会場

足利市立美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「生きている東京 展 アイラブアート15」

概要

2020年9月に開館30周年を迎えるワタリウム美術館。本展は、コレクションを中心に、未公開ドキュメント、さらにゲストアーティスト 人を交え、15組のアーティストが目にしたこの30年から、「東京」という都市を再考します。

メディア

2D: グラフィックデザイン2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真2D: 版画3D: 建築3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション3D: 陶芸スクリーン: 映像・映画その他: メディアアートその他: パフォーマンス

スケジュール

2020-09-05 - 2021-01-31

入場料

一般 1200円、大学生・高校生(25歳以下)1000円、中学生・小学生 500円、70歳以上 900円、障害者手帳提示 700円、介助者1名 1000円

会場

ワタリウム美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「和の匠 浮世絵に生きる馬の風景」

概要

浮世絵の中でもとりわけ街道版画には、馬(一部牛)がたびたび登場します。これは、江戸時代に東海道や中山道といった街道が整備され、やがて庶民の間で旅への関心が高まり、多くの人々が街道を行き交うことによって、馬が旅人や荷物などを運ぶ重要な担い手になったことが理由です。 現在、世界中から親しまれる浮世絵師・葛󠄀飾北斎や歌川広重、歌川国芳らは、当時の美しい景観の名所や賑やかな宿場町などとともに、主役あるいは脇役として、交通に欠かせない馬を街道版画に描きました。 そして、江戸から明治時代に移行する頃、三代歌川広重や小林清親らは、欧米から様々な文物や習慣とともに日本に伝わった馬車や馬車鉄道など新しい輸送形態としての馬を浮世絵に描き、時代の移り変わりを表現しました。 本展では、馬の博物館が40年以上に亘り収集した、馬を描いた浮世絵の風景画が一堂に会します。鮮やかな色彩で摺られた馬を見比べながら、浮世絵の様々な表情をお楽しみください。 併せて、江戸時代以来の手法で制作した道具や材料を用いて、日本独自の多色摺り版画「江戸木版画」の技術を今日まで継承されてきた、株式会社高橋工房の協力のもと、写真・イラストを通して木版画について解説いたします。 前期:9月5日(土)~10月11日(日) 後期:10月15日(木)~11月15日(日) ※全ての浮世絵の展示替えを行います。

メディア

2D: イラスト2D: 日本画2D: 写真2D: 版画

スケジュール

2020-09-05 - 2020-11-15

入場料

一般 200円、高校生・中学生・小学生 30円

会場

馬の博物館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「いつもの日曜日」

概要

各時代を生きた写真家によって何の気なく撮られた写真には、ニュースのような情報としての確かな物的証拠でもなく、インスタ映えのような他者を意識して向けたものでもなく、いつも、どこにでも、まるで気にされることなく過ぎてゆく毎日の痕跡のような、どこか得体の知れぬ懐かしさに似た既視感を感じられるものがあります。 誰かにとっては見知らぬ人、訪れたことのない風景の一瞬の写真を見た時に、そんな感覚を覚えることが出来る体験には、写真が持つ歴史的な情報としての価値と同等、あるいはそれ以上の価値があるのではないでしょうか。それは敢えてポーズをつけて写真を撮る特別な日とは別に、さり気なく過ぎ去っていったいつもの日曜日のような日々の積み重ねを、同じように大切だと感じられている瞬間。おそらく人が人として生きている限り変わらずに抱く感覚を捉えたものともいえることでしょう。 出展作家: 石川真生、木村伊兵衛、髙橋恭司、田中長徳、丹野章、ジョエル・マイロウィッツ、C.ファマン、フランク・ホーヴァット、アンリ・カルティエ=ブレッソン、細江英公、マン・レイ ほか

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-06 - 2020-10-04

入場料

無料

会場

nap gallery

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「都美セレクション グループ展 2020」

概要

「都美セレクション グループ展」は、新しい発想によるアートの作り手の支援を目的として、当館の展示空間だからこそ可能となる表現に挑むグループを募り、その企画を実施するものです。2012年の東京都美術館リニューアルオープンを機に新たに開始されました。 「都美セレクション グループ展 2020」では、応募の中から厳正な審査を経て選ばれた3グループが展覧会を実施し、絵画、写真、彫刻、インスタレーションなどさまざまなジャンルの作品を紹介します。グループの熱い思いが込められた展覧会にご期待ください。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-11 - 2020-09-30

入場料

無料

会場

東京都美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

寺田真由美 「不在について 5つのシリーズから」

概要

この度、鎌倉画廊では寺田真由美の個展を開催いたします。寺田真由美の写真作品は、作家自らが制作するミニチュア模型の部屋やその窓辺などを自然光で撮影する手法で制作されます。「彫刻家が大理石を彫るように、光を彫刻するつもりで制作している」と作家本人が語るように、記憶から切り出されたミニチュアの空間にも、実際と同様に自然光が射し込み、陰影とともにそこには現実と虚構が織り交ぜられた不思議で柔らかな空間が存在しています。作家はこれを「不在という存在」と呼び、継続的に探求する制作の軸となってきました。 この「不在という存在」には、現在5つのサブタイトルによるシリーズがあります。ドールハウス 2001–2004 年、風景の選択 2004–2008年、見えない涯 2008–2011年、温湿 2012–2015、天視 2016–2020年制作。今展はそれぞれのシリーズからおよそ30点を選び、ミニチュアの立体も混じえてシリーズごとに展示致します。「時間は記憶を熟成させるものでもあると思う」とも述べる寺田の作品シリーズごと、時間軸に沿っての展示構成となっております。作品の中に揺れる寂しげで優しい風を感じ、分かち合っていただければ幸いです。鎌倉画廊では4年ぶり、2回目となる個展を是非ご高覧ください。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-12 - 2020-10-24

入場料

無料

会場

鎌倉画廊

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「公開70周年記念 映画『羅生門』展」

概要

1950年8月26日に劇場公開された映画『羅生門』は、国内では大ヒットにはならなかったものの、監督黒澤明の芸術的な野心が認められ、1951年9月にヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞、さらに1952年3月に米国アカデミー賞名誉賞を受けることで国際的な評価を確立し、黒澤の、ひいては日本映画の水準の高さを世界に知らしめ、戦後復興のひとつの象徴にもなりました。 『羅生門』は、黒澤の卓越した演出力だけでなく、それまでの日本映画の作り方を革新した数々のスタッフワークに支えられています。登場人物のそれぞれ食い違う証言が真実を覆い隠してしまう橋本忍の脚本術、ロケーションを活かしあえて太陽にキャメラを向けた宮川一夫の斬新な撮影、巨大な羅生門をオープンセットとして造形した松山崇ら美術スタッフの功績、日本の中世の物語にボレロ調の旋律を大胆に組み込んだ早坂文雄の音楽、そのような職能のアンサンブルがこの映画の醍醐味となっています。 この展覧会では、世界初展示の品も含めてこうした名スタッフの功績の実際をデジタル展示も用いて紹介するほか、それぞれくっきりした人物像を創造した三船敏郎・京マチ子・森雅之・志村喬といった名優にも注目、さらにはヴェネチアでの受賞をめぐる当時の資料やこの映画が世界に与えた影響についても触れます。 『羅生門』の上映も行われる関連上映企画「生誕100年 映画俳優 三船敏郎」とともにお楽しみください。 会場: 国立映画アーカイブ 展示室(7階) [関連イベント] 生誕 100年 映画俳優 三船敏郎 会期: 2020年 10月2日(金)~10月22日(木)※月曜休館 会場: 国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU[2階] ※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-12 - 2020-12-06

入場料

一般 250円、大学生 130円、65歳以上・高校生以下・18歳未満・障害者手帳提示とその介護者1名 無料、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料

会場

国立映画アーカイブ

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「佐賀町エキジビット・スペース 1983-2000 現代美術の定点観測 」

概要

このたび群馬県立近代美術館では、2020年9月12日(土)より12月13日(日)まで「佐賀町エキジビットスペース 1983-2000 現代美術の定点観測」を開催いたします。日本の現代美術が飛躍的に発展した1980年代、世界のアートシーンには、ドイツにクンストハレ(コレクションを持たない美術館)があり、アメリカではニューヨークのPS1(廃校となった公立小学校を改修し展示ギャラリーとアーティスト・イン・レジデンスを併設)が先鞭をつけるなど、新しい作家を生むインフラストラクチャーの開発が多く見られました。 そのような状況の中、パルコなどの企画広告ディレクターであり、「現代衣服の源流展」(京都国立近代美術館、1975年)や「マッキントッシュのデザイン展」(西武美術館、1979年)などのキュレーション、またプライベートブランドの先駆けでもある「無印良品」の発案立ち上げなどに関わった小池一子は、東京都江東区佐賀にあった食糧ビル(1927年竣工)の3階講堂を修復し、1983年に佐賀町エキジビット・スペースを開設しました。「美術館でも商業画廊でもない」もう一つの美術現場を提唱し、発表の場を求めるアーティストに寄り沿う姿勢を打ち出す実験的な展示空間として、佐賀町エキジビット・スペースは、美術、デザイン、ファッション、建築、写真といった従来のジャンルを超えた、日本初の「オルタナティブ・スペース」として海外からも注目される存在となりました。佐賀町エキジビット・スペースで行われた展覧会は106回、関わった国内外のアーティストは400人以上にのぼり、2000年12月に幕を閉じるまで、多種多彩な現在進行形の美術を発信し続けました。その一連の活動は「定点観測」という言葉に集約することができます。本展は、開設から17年にわたる佐賀町エキジビット・スペースを拠点とした定点観測を通して、日本の現代美術の軌跡を辿るものです。 出品作家: 戸村浩、ジェリー・カミタキ、端聡、駒形克哉、みねおあやまぐち、岡部昌生、野又穫、剣持和夫、吉澤美香、大竹伸朗、シェラ・キーリー、杉本博司、元慶煥、森村泰昌、堂本右美、滝口和男、ヨルク・ガイスマール、黒川弘毅、倉智久美子、立花文穂、オノデラユキ、白井美穂、岡村桂三郎、廣瀬智央、日高理恵子 [関連イベント] シンポジウム 日時: 10月18日日 14:00-16:00 パネラー: 森村泰昌(美術家)、田野倉康一(詩人)、小池一子(佐賀町アーカイブ主宰) 会場: 群馬県立近代美術館講堂 *要申込・定員100名・無料、要観覧料。 ※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション3D: 工芸3D: 陶芸スクリーン: 映像・映画参加型: トーク

スケジュール

2020-09-12 - 2020-12-13

入場料

一般830円、大学生・高校生410円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

群馬県立近代美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

オノデラユキ 「FROM Where」

概要

ザ・ギンザスペースでは、2020年9/8(火)から11/29(日)まで、ユミコチバアソシエイツと共同で、世界的に活躍する写真家・オノデラユキの個展を開催します。 1993年に渡仏したオノデラは、1995年に発表した「古着のポートレート」シリーズで注目を集め、以来、写真表現の可能性と領域を拡張する実験的な作品を次々と手掛けてきました。 「古着のポートレート」は、クリスチャン・ボルタンスキーの個展「Dispersion(離散)」(1993年)で展示されていた古着を10フラン払って袋一杯持ち帰り、モンマルトルのアパルトマンから見える空を背景に撮影した作品です。生と死、ファッションと身体、個人のアイデンティティとコミュニティの歴史など、様々な文脈からの解釈が可能で、オノデラの多義的な制作の出発点となった記念碑的作品です。 世界各国の美術館に収蔵されている「古着のポートレート」ですが、本展では初出より四半世紀の節目に、全52作品のうちオノデラ自身が厳選した15点を一堂に展示し、そのタイムレスな価値を問い直します。瞬時に情報が消費されていくデジタル社会において、時を経ても色あせない物の存在価値を再確認する試みです。また、暗闇で2台のカメラを向かい合わせ、被写体である片方のカメラのフラッシュ光だけで撮影した「camera」(1997年)も合わせて展示します。高低差のあるザ・ギンザスペースの空間的特徴を活かし、写真が生まれる瞬間とタイムレスな存在に昇華した瞬間を対比して見せる、空間構成も見どころの一つとなっています。ユミコチバアソシエイツ(新宿)では、オノデラの最新作を展示します。オノデラの出発点と、25年の時を経た現在とを同時にご覧いただける稀有な機会です。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-08 - 2020-11-29

入場料

無料

会場

THE GINZA SPACE

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

ベッティナ・ランス 「『密室』No.5」

概要

今回の作品展は、Art Gallery M84の第100回目の展示として実施する個展です。「シャネル(CHANEL)」のムービーを手掛けたことで知られ、『ヴォーグ』『フィガロ』などの雑誌で活躍するフランスを代表する女性写真家 ベッティナ・ランス(Bettina Rheims)の当ギャラリー5回目となる個展。セルジュ・ブラムリーの小説とコラボレーションによる1990年から1992年に制作されたパリの女性達を撮影したヌード写真集(Chambre Close/シャンブル・クローズ=密室)で、あられもないポーズが話題となりヨーロッパだけでなく米国、日本、韓国、オーストラリア、モスクワでもベストセラーとなり世界中にその名が広がったと言います。海外では、ヌード作品により実力を評価される事も多々あり、世界的な写真家として名声を得る切っ掛けとなった貴重な作品約30点を展示します。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-14 - 2020-10-03

入場料

入場料 500円

会場

Art Gallery M84

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

ポーレ・サヴィアーノ 「Embrace」

概要

2020年9月2日から10月25日までNewYorkの写真家Paule Saviano氏の新しいプロジェクト「Embrace」を開催します。Pauleは2016年よりアメリカ、ヨーロッパの国々でトランスジェンダーのこども、ティーンエイジャー、成人も含めた人たちのポートレイトを撮り続けています。Pauleは「このプロジェクトをとおして、これまでの私たちの認識とは異なるジェンダーアイデンティティーを持つ人たちが世界中で、また世代を超えていかに多くいるかを写真を通して体験してほしい」と訴えています。 Pauleは2007年にギャラリーエフでの写真展「Striptease Burlesque」(ニューヨークのバーレスクダンサー)をかわきりに、 その後は広島、長崎の被爆者、また東京大空襲の被災者のポートレイトを撮り続けて来ました。 2011年には写真集「From Above」が出版されました。まだご覧になってない方にはぜひともお買い上げ下さいましてご協力ください。単なるポートレイト集ではなく、歴史的資料として大変優れています。2019年3月には国立原爆死没者追悼平和祈念館に彼の撮ったポートレイト15点が永久展示になりました。 [関連イベント] トークイベント 日時: 9月5日(土)14:00~16:00 会場: ギャラリー・エフ 参加費: 無料(要予約) ※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-02 - 2020-10-25

入場料

無料

会場

ギャラリー・エフ

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

タカザワケンジ 「郷愁を逃れて」

概要

IG Phto Galleryでは2020年9月8日(火)よりタカザワケンジ展「郷愁を逃れて」を開催いたします。タカザワケンジは写真評論家として活動するかたわら、写真について考えるための手段として写真展を開いてきました。今回展示する「郷愁を逃れて」は1995年から97年にかけて撮影した写真群をもう一度見直し、構成したものです。 当時、作者は会社員として働いており、写真は会社内で同僚や上司を撮影したものです。写真に写っているのは1990年代初頭にバブル経済が弾けたあと、経済的な低迷期が長く続くことを予想することなく、鈍感にすごしている会社員の姿です。撮影から約四半世紀という時間がたち、歴史の一部となったイメージをもう一度見ることは、過去の価値観を検証することになるでしょう。 同様の試みは、今年6月に展示発表した「バブルのあとで」でも行われました。展示するイメージには重複するものもあります。しかし2つの作品はタイトルが異なっていることからもわかるように大きな違いがあります。「郷愁を逃れて」では、写真に写っている人びとの顔がはっきりとわからないように画像修正が加えられています。 人は「人」に興味を持つ動物であり、写真に人が写っていれば、まず人に目が引き寄せられます。写真に写っているのは実在する「誰か」であり、その人の容姿や表情に好悪を感じたり、キャラクターを読みとったりもします。 写真の主役は必然的に人間となり、服や背景はその引き立て役に後退します。彼らの人生の物語を想像することは、過ぎ去ってしまった時代への郷愁へと容易に接続します。「バブルのあとで」は結果として25年前を郷愁とともに振り返る展示になりました。 しかし、ノスタルジーは写真を見る楽しみの一つではありますが、すべてではありません。また、情緒的に写真に向き合うことには過去を肯定したいという欲求を満たすだけに終わってしまう危険性があります。  「郷愁を逃れて」は1990年代半ばから後半にかけての東京の、とある会社で起きていたできごとを、郷愁を回避して、歴史的な1コマとして検討することはできないだろうか、という問いから始まりました。 写真に写った人びとの顔を曖昧にすることで、個人の物語から歴史へと想像をめぐらせることができるのではないか。また、25年前と大きく変わったことの一つに、写真に撮られる側の権利──肖像権──が広く認められてきたという事実も無視できません。写真に写された顔は誰のものなのかという問いもこの作品から想起されるでしょう。 現在、私たちはコロナ禍という地球規模の危機の中にあります。多くの人にできることは外出を控え、人との接触を控えることです。そんな日常の中で部屋を整理し、過去の写真を見直した方も多いはずです。立ち止まり、考える──いまはそんな時期なのかもしれません。時はどんなことがあっても流れることを止めず、すべての写真にはたった一度きりしか起きなかった瞬間が写されています。そこにどんな意味があるのかを、展示を通じて探る試みです。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-08 - 2020-10-03

入場料

無料

会場

IG Photo Gallery

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

アンドレアス・ファイニンガー 「- Andreas Feininger’s PENTAX Works- Part-I ニューヨーク」

概要

リコーイメージングスクエア東京では9月10日(木)より約2ヶ月にわたり“知る人ぞ知る”巨匠アンドレアス・ファイニンガー(米国)のペンタックスのカメラで撮影した作品を中心に構成した写真展を開催いたします。1992年に当時のペンタックスフォーラム東京/大阪(現リコーイメージングスクエア東京/大阪)で開催した写真展が約30年の時を経て現代に蘇ります。Part-Ⅰ「ニューヨーク」ではモノクローム作品約50点を展示いたします。 街の情景を中心に捉えながら、ニューヨーク市民の息吹を伝える、確かな造形と客観的な描写の陰に人間性への深い洞察のまなざしが感じられる作品が並びます。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-10 - 2020-10-05

入場料

無料

会場

リコーイメージングスクエア東京

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

川内倫子 「as it is」

概要

『as it is』は、川内倫子が自身の出産から約3年間、子育ての中で出会った子どもの姿や身近な風景を撮りためて構成した新作写真集となります。初写真集『うたたね』(2001年)から20年という歳月の中で、日常の出来事から外の世界へとまなざしを向けながら、近作『Halo』(2017年)では、遠い宇宙を感じさせるイメージを切り開いてきました。そこから『as it is』ではもう一度、自身の子どもや家族とともに、目の前の日常風景を見つめ直し、原点に立ち返っています。 3歳になるまでの子どもは、自我が芽生え始めながらも社会とは無縁に生きる、生の塊のような眩しさを持ち合わせています。本作は、現在進行形で綴る家族の物語でありながら、子どもという生命力溢れる存在の普遍性にも迫っています。四季の移り変わりを通じて出会う自然と光の美しさ、暮らしの中で見つける小さな生き物たち、初めて体験する死という出来事―それらのささやかな物事に宿る生命の美しさと、その気づきから積み重なっていく日々。何気ない日々の切実さを改めて大切に思う現在だからこそ、これまでの風景が違う層を見せながら、新しい時代を生きる私たちに寄り添います。 会場では作品集『as it is』の先行販売も行います。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-04 - 2020-10-11

入場料

無料

会場

POST / limArt

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

元田敬三 「渚橋からグッドモーニング」

概要

このたび、2020年9月10日(木)から10月4日(日)まで、元田敬三写真展「渚橋からグッドモーニング」をコミュニケーションギャラリーふげん社にて開催いたします。 元田敬三は、1971年大阪生まれの写真家です。1995年に大阪ビジュアルアーツ専門学校へ入学し、在学中の1996年第33回準太陽賞を受賞しました。1997年大阪新聞に路上で出会った人の写真とエッセイを1年間連載したことが写真の原点となり、その後も路上を舞台に心動かされる人や光景を撮り続けています。 本展では、2018年から現在まで居住地である神奈川県・逗子の海岸や家族などの身近な人々を日付入りカラーポジフィルムで毎日撮影しているシリーズから約100点を展示します。毎朝、富士山を臨む渚橋から海辺の写真を撮ることから元田の一日が始まります。彼の代名詞とも言える、街で特異なオーラを放つ人に声をかけ撮影するモノクロームのストリートスナップに対して、日常に寄り添った写真群になっています。 本シリーズは、写真メディアの記録性と、不可逆な時間の流れが浮き彫りになると同時に、「写真を信用している」と話す作家の、ピュアでやわらかなまなざしが生んだ叙情溢れるシリーズになっています。会期中の9月19日(土)には、ゲストに写真評論家の飯沢耕太郎さんをお迎えしてギャラリートークを開催します。また、映写機によるスライドショーも同時開催します。 [関連イベント] ギャラリートーク 日時: 9月19日(土)14:00〜 登壇者: 元田敬三、飯沢耕太郎 参加費: 1000円(要予約) ※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真参加型: トーク

スケジュール

2020-09-10 - 2020-10-04

入場料

会場

コミュニケーションギャラリーふげん社

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

久野彩子 + 八木夕菜 「都市の輪郭」

概要

このたび高島屋では、「都市の輪郭―久野彩子・八木夕菜」展を開催いたします。金工・写真と表現分野は異なりながらも「都市を俯瞰」したイメージを形成している両氏の作品には、鑑賞時に共通の感覚を抱きます。 久野彩子は、ロウで作った精密なかたちを鋳物に置き換える手法、ロストワックス鋳造技法を用いて制作しています。重厚な金属のパーツが幾重にも重なる精緻な構造の作品は、日々変化と増殖を繰り返しながら構築されていく混沌とした都市空間を想起させる、生命力に満ちた造形美が魅力です。 八木夕菜は「みる」という行為の体験を通して物事の真理を追求し、写真の特性を活かした視覚と現象を使った作品を発表しています。建築を専門的に学んだ経験に基づく多次元的視点を以て展示空間を構成し、モチーフとなる土地や建物などが持つ文脈への畏敬の念を感じさせる静謐な佇まいが魅力です。2人のその眼を通して構築される作品に、記憶や心象風景がクロスオーバーすることで、鑑賞者それぞれの「都市の輪郭」が立ち現れます。 眼下のパンデミックにより、社会的、政治的、そして地理的な違いを超越し、人類史上初めて、地球に住む人々が同じ条件の下で生活することを強いられ、思うように身体的移動がままならない昨今ですが、2人の作品が創り出すこの空間で、ご自身だけの特別な景色を見つけてくださいましたら幸いです。

メディア

2D: 写真3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-09-16 - 2020-10-05

入場料

無料

会場

日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

オノデラユキ 「TO Where」

概要

写真家・オノデラユキの個展を開催いたします。オノデラは、独学で写真技術を身に付け、作家活動をスタートさせました。1993年に渡仏し、2003年に写真集『カメラキメラ』で第28回木村伊兵衛賞、2006年にはフランスにおける最も権威ある写真賞「ニエプス賞」を受賞するなど、世界的な活動を続け、現在もパリを拠点に制作活動を行っています。 写真家としてのオノデラの制作と思考は、一貫して、世界の模倣、写し、記録装置としての写真のありかたに揺さぶりをかけるような、〈写真の存在論〉〈カメラの存在論〉とも形容できる、独自の探究に捧げられてきました。オノデラの制作を振り返れば、カメラの機構、プリント、撮影行為のすべてにおいて、なんらかの造形行為、演出が重視されていることがわかります。この点においてオノデラは、記録装置としての写真から距離を取り、写真とカメラを、造形的なものとして捉え直していると言えるでしょう。印象派の時代、現実の克明な記録を可能にするカメラ装置の出現が、絵画の新たな造形的展開を推し進めた歴史を逆なでするように、オノデラは、カメラと写真というテクノロジーに潜在する造形的な可能性こそを拡張しようとするのです。 新作個展となる本展は、コラージュ、ペインティング、フォトグラム、ドリッピングといった行為によって、何らかの操作がなされた写真で構成されます。銀塩写真プリントも、すべてオノデラ自身によるものです。これらのシリーズは、『Darkside of the Moon』と名付けられました。たしかに存在することは知っていても、その場所からは見えない「月の裏側」。写真というメディアの探究において、認識と知覚のあわいを往還するオノデラの新作をぜひご高覧ください。 ※本展は、ザ・ギンザ スペースで開催される、オノデラの初期の代表作『古着のポートレート』ほかの作品を展観する『FROM Where』展との同時開催となります。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-08 - 2020-10-10

入場料

無料

会場

ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

フジモリメグミ 「aroundscape」

概要

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-18 - 2020-10-01

入場料

無料

会場

エプサイトギャラリー(epSITE)

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

西優紀美 「Mombasa, Nakuru - 2019 in Kenya」

概要

2019年4月-5月に写真家・西優紀美が訪れた町の写真。国はケニア。都市はモンバサとナクル。町や人々、動物の暮らしに焦点を当てた作品。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-17 - 2020-09-28

入場料

無料

会場

リコーイメージングスクエア東京

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

美島菊名 「幸福論」

概要

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-11 - 2020-10-03

入場料

無料

会場

アート★アイガ

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「American Heritage 『素晴らしき白黒写真』」

概要

本展は、好評を博した2012年開催の展覧会を、リバイバル展示ととして開催するものです。写大ギャラリーの所蔵する作品の中から、写真史の一時代を築いたアメリカの写真家たちに焦点を当てて展示いたします。 今日、写真技術の主流はアナログからデジタルに移り変わりました。また写真表現は写真のカテゴリーの中だけでは語れないようになってきています。カラー作品が増加し、プリントサイズが大型化する傾向も見受けられます。プロジェクションによる展示やインスタレーション作品等も盛んです。写真表現は多様化しさまざまな分野のアーティストから注目されています。一方、銀塩写真の材料の供給が急激に縮小し、私たちは“フィルムと印画紙”という素晴らしいものを手放そうとしています。 そんな今、写真史の一時代を築いたアメリカの写真家たちに改めてスポットライトを当てます。「ストレートな写真」を提唱し、アメリカの近代写真のはじまりとも言われるアルフレッド・スティーグリッツ。スティーグリッツ共に「フォト・セセッション(写真分離派)」のメンバーとなったエドワード・スタイケン。 「ギャラリー291」で個展を開催したポール・ストランド。エドワード・ウェストンと共に「f.64」グループを結成したイモジン・カニンハムとアンセル・アダムス。ウェストンに影響されたウィン・バロックやマイナー・ホワイト。これらの写真家たちは、一つの流れとして、また、グループとして語られることがあります。確かに彼らの写真に対する考え方や作品には共通する点も多いのですが、異なる点も少なくありません。 今回は、写真家のポートレートを含めて、絵画的写真に強く影響された作品、即物的な作品、心象的あるいは隠喩的表現など、モノクロームによる美しいプリントをご覧頂きます。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-14 - 2020-10-23

入場料

無料

会場

写大ギャラリー

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「Art Summit 2020」

概要

コートヤードHIROOは、2020年9月4日(金)~11月3日(火)の期間中、日本がもっとアートで溢れる豊かな未来に向けて、アートコレクター発信でアートの魅力を広める「Art Summit」を開催します。アーティストが時代を見つめるその視線は、多くの示唆を与えてくれます。これまでの価値観が揺らぎ始めた今こそ、作品が投げかける問いに向き合うべき時なのかもしれません。アートが与える力について、コートヤードHIROOオーナー・青井茂のコレクション展、イベントを通して発信していきます。 [関連イベント] 1. SHIGERU AOI ARTCOLLECTION展 第1期: 「NEW」 9月4日(金)〜 22日(火) 参加作家: Yeji Sei Lee、石井亨、臼田貴斗、王之玉、大竹寛子、大友秀眞、大山エンリコイサム、沼田侑香、片岡純也、髙橋健太、Daniel Allen Cohen、Freyja Dean、松嶺貴幸、山口真人 第2期: 「with art」 10月2日(金)〜 11月3日(火) 参加作家: 相澤安嗣志、Yeji Sei Lee、石井亨、臼田貴斗、大竹寛子、Shinji Turner Yamamoto、鈴木萌恵子、髙橋健太、長谷良樹、(euglena)、藤元明、Freyja Dean、李一丹、YOJIRO IMASAKA 2. オープニングイベント・トークセッション ◯第1期: 「NEW」 ・Opening Event 日時: 9月4日(金) 18:00~21:00 ・Talk Session Vol.1(ONLINE同時配信) 日時: 9月4日(金) 19:00~20:00 登壇者: 青井茂、大竹寛子(現代日本画家)、小松隼也(弁護士)、小松隆宏(WATOWA INC.代表) ◯第2期: 「with art」 ・Opening Event 日時: 10月2日(金)18:00~21:00 ・Talk Session Vol.2 日時: 10月2日(金) 19:00~20:00 登壇者: 青井茂、青木昭夫(DESIGNART CEO)、藤元明(アーティスト) ・Talk Session Vol.3 日時: 10月9日(金) 19:00~20:00 登壇者: 青井茂、竹内真(ビジョナル株式会社 取締役 CTO)、寺内俊博(西武・そごう アートディレクター) ※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 日本画2D: 写真2D: 版画3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-09-04 - 2020-11-03

入場料

会場

コートヤードHIROO

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「日本の食の風景 -『そとたべ』の伝統 - 」

概要

日本の現在の食文化を形づくってきている歴史的な大きな契機としては、中世の禅宗寺院の料理からの影響が大きいことが知られています。貴族、武家、有力商人が集住した室町時代の京都では独自の文化が醸成され、そうした中で、武家の饗応料理として発達した本膳料理の形式がととのえられてきました。 その一方で、江戸時代の町方では一般の町人たちは蕎麦や寿司、天ぷら、うなぎなどの屋台の店を愛用していたことも知られています。また、旅先や寺社参詣では茶店で楽しむ団子や餅がつきものでした。農村では、田植えの時にヒルマモチとかオナリと呼ばれる女性が運んでくる昼食や朴葉飯などの田植え食が伝承され、ここには本膳料理とか老舗の料理などの格式ある食とは別の、もう一つの日本の食の伝統がありました。現在にも伝承されている外でちょっと食べる「そとたべ」の民俗からは、遊び・行事の日のそとたべと仕事・労働の日のそとたべとの両方があることがわかります。 本展示では、このような「そとたべ」の日本の食の歴史と民俗に注目して、外で食べることの意味について、あらためて考えてみます。 会場: 第4展示室

メディア

2D: 日本画2D: 写真3D: 工芸

スケジュール

2020-09-15 - 2020-11-29

入場料

一般 600円、大学生 250円、高校生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

国立歴史民俗博物館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「CADAN Showcase03 あなたの『顔』が見たかった」

概要

新スペース「CADAN有楽町」では、オープンを記念してメンバーギャラリーが参加するシリーズのグループ展「CADAN Showcase」を4回に渡って開催中です。シリーズ第3弾となる本展はSprout Curationの志賀良和がキュレーションを担当します。 出展作家: 有馬かおる、石原延啓、伊勢克也、小林エリカ、駒井哲郎、五月女哲平、佐藤純也、佐藤允、中原昌也、中野浩二、西村有、シュテファン・バルケンホール、南川史門、山元彩香、山本桂輔、横山裕一

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-09-11 - 2020-10-04

入場料

無料

会場

CADAN有楽町

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「Echoes of Monologues」

概要

世界中を震撼させているCOVID−19の発生から半年以上が過ぎました。一時は収束に向かうかと思われた未曽有の事態は一向に収まる気配もなく、8月中旬現在、80万人近い死者と2200万人もの感染者を出し、人類を脅かし続けています。 この状況下、他者との接触、移動はことごとく抑制され、感染予防のための必需品とされるマスクは人々から表情を奪い、そしてインターネットを通じたモニター画面での交流は時間や距離を超えて人々を瞬時に繋ぐものの、感触、体温や匂いといった有機的な生き物らしさは完全に遮断され、望むと望まざるとに関わらず他者との関係が希薄になっています。 また同時に、緊急事態宣言、「Stay home」というスローガンのもと自宅に閉じこもり、通勤や通学に費やしてきた時間を得た私たちは、先の見えない未来への不安に怯えながらも、思い思いに、そして時に内省的な時間を過ごす自由を与えられたのではないでしょうか。 教育をはじめとした社会活動、経済活動、そしてプライベートな人間関係までが大きく変化を強いられ、もはやコロナ以前と同じ生活には戻れないというほぼ確信に近い思いの中で、人生の何を楽しみ、信じ、何に向かって生きるのか、様々な作家の”monologue”に触れ、改めて自分とそして他者を見つめ考える契機になればと思います。 新作、未発表作品を含む様々なモノローグがエコー(反響)し、複雑で多様性のある思考の可能性を提示するグループ展、是非ご高覧いただければ幸いです。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画その他: メディアアートその他: 音楽

スケジュール

2020-09-16 - 2020-10-10

入場料

無料

会場

ANOMALY

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「光―呼吸 時をすくう5人」

概要

※本展は日時指定の予約制です。予約方法の詳細は公式HPをご確認ください。 先行きが不透明な中でも静かに自身の立ち位置から社会を省察し、見る人の心に深く語りかける5作家の作品を紹介します。 手に余る世界の情勢に翻弄され、日々のささやかな出来事や感情を記憶する間もなく過ぎ去ってしまいそうな2020年。慌ただしさの中で視界から外れてしまうものに眼差しを注ぎ、心に留め置くことはできないか――そのような想いから企画された本展には、今井智己、城戸保、佐藤時啓の写真を中心とする表現に加え、原美術館のコレクションから佐藤雅晴のアニメーションとリー・キットのインスタレーションが出品されます。表れ方は異なるものの、そこにある時間や空間に光をあて、自身を取り巻く社会の息遣いをかたちにし続けている5人。彼らの作品を通して、意識されぬまま過ぎ去る時をすくい、見過ごされてしまいそうな光景を救って、2020年のディテールを記憶に残していけたらと考えています。

メディア

2D: 写真3D: 建築3D: 彫刻・立体3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-19 - 2021-01-11

入場料

一般 1100円、大学生・高校生 700円、中学生・小学生 500円

会場

原美術館(東京)

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「モノとコトとカラダをめぐって - 6つの視点」

概要

「もの」と「こと」は、日本語での思考をかたちづくる重要な概念だと言われています。美術作品もまた、このふたつの言葉を巡ってつくられるものだと言っても過言ではありません。「もの」は「空間のある部分を占め、人間の感覚でとらえることのできる形をもつ対象」、「こと」は、「思考・意識の対象となるものや、現象・行為・性質など抽象的なものをさす語」と辞書にはあります。日本語では、「物」「者」、「事」「言」とそれぞれ漢字を当て嵌めることで、さまざまな意味が関連しあい、深い思索の森が広がっていきます。 ここに「からだ」という言葉を付け加えてみます。するとまたあたらしい枝葉がのびるように、立ち現れてくる風景があります。「もの」と「こと」の間を往復しながら紡がれていく作品。そして、そのまにまに浮かび上がる「からだ」。これらのことばをキーワードに作品を読み解く試みです。 三島喜美代は、50年代に絵画制作で出発し、雑誌や新聞のコラージュを油彩に取り入れる過程を経て、70年代陶を材料に立体作品を作り始めました。そのほとんどは、日常捨てられる新聞や漫画の雑誌、食料のケースを陶によって精巧に作りなおす陶の彫刻です。陶という物質「もの」に、通常であれば、すぐに廃棄される情報「こと」を含んだ新聞等を擬態させる手法です。 北山善夫の《宇宙図》と名付けられた作品は、インクで和紙に描かれています。下書きなく始められ、北山の意識が赴くままに、長期間かけて高さ2m以上の一枚の絵画を仕上げます。極小の丸や点、線によって構成される画面は、そのひとつひとつが、この宇宙を形成する分子や原子であり、我々の身体を形成する細胞であるといいます。 森村泰昌は、自身を名画のなかに挿入する手法で、80年代から国際的に注目を浴びました。当時からパフォーマンスを行い、それを写真やビデオで記録し作品化する仕事を継続的に発表しています。本展では、90年代にアトリエの制作現場を中心に撮影されたプライベートな雰囲気を持つ《女優家Mの物語》のなかからセレクトして展示致します。 石原友明は、80年代に写真やインスタレーションを含めた複合的な手法をもって登場し注目を集めました。自身の身体を変形キャンバスに写真で焼き付ける立体作品や部分的に身体をデジタル化して絵画作品に転換させる近作を発表しています。 北野謙の《溶游する都市》は、バブル経済のまっただなかで撮影されました。スローシャッターで撮影されたために、ひとつの雲のように全員が繋がったような人の群が写されています。北野は初めてこの光景を見たとき、自身の身体もこの雲の粒子の一粒だと実感したといいます。 谷原菜摘子は2010年代に、時空間を超えた暗い物語を緻密に描き込む作品を発表し始めました。あたかも絵画空間を通って此岸と彼岸を行き来しているかのように、作家自身もしばしば絵のなかに登場し、異世界の物語の一部になります。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-05 - 2020-10-04

入場料

無料

会場

MEM

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「人が消えた街」

概要

感染症拡大により、全世界の都市生活が停止を余儀なくされました。これまで想像もしていなかったことが現実に起こっています。こうした中、チェコの写真家カレル・ツドリーンがカメラを手に、首都プラハを撮影しました。「この状況もいつかは終わり、記憶の片隅に追いやられてしまうかもしれない。だからこそ今、作品に残したい」という思いを胸に。現在、世界複数都市で、その地の写真家との合同展示企画が進行しています。日本では、6月に東京都目黒区のコミュニケーションギャラリーふげん社で開催された「東京2020 コロナの春〜写真家が切り取る緊急事態宣言下の日本〜」出展作品との合同写真展として開催いたします。12名の写真家が写したコロナ禍の都市の姿を、ぜひご覧ください。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-11 - 2020-10-09

入場料

無料

会場

チェコセンター東京

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「世田谷アートフリマつながり展2020」

概要

春と秋の恒例イベント、「世田谷アートフリマ」――本展は世田谷アートフリマとゆかりのある7名の作家が“猫” をテーマにした作品を発表します。今年4月に中止となったグループ展をあらためて開催いたします。 また、9月19 日(土)・20 日(日)[10:00~17:00]には、2003年にはじまった世田谷アートフリマの歴史を振り返る小展示、豆本作りとシルクスリーンプリントのワークショップ、「せたがやじん」のグッズ販売も行います。 会場: 生活工房ギャラリー(3F)

メディア

2D: イラスト2D: 絵画2D: 写真2D: 版画3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-09-12 - 2020-10-11

入場料

会場

世田谷文化生活情報センター 生活工房

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「BankART LifeⅥ - 『都市への挿入』川俣正」

概要

現在、急ピッチで開発が進む、みなとみらい地区。建蔽率を抑え、容積率をボーナスし、数十%の面積を市民へ開放する等のルールが効果を発揮し、市民に開かれ、工夫をこらし美しくデザインされた建築群の街が誕生しつつある。ところが、街全体を見渡すと、この地区を楽しみ、散策するようなネットワークされたルートがないことに気づく。いくつかの軸線は設けられているので、近い将来は展開するかもしれないが、それにしても街としての親密さが感じられない空間が続く。今回、私たちは、こういった場所に建築的な表情をもつアートインスタレーションを挿入することを試みる。インスタレーションの都市への挿入は、プロセスそのものが、見る人がそれまで気づかなかった都市の構造や仕組みをディスクローズしてくれる。「空き地」や「眠っている場所」は役に立たず、生活に関係のない場所だと思われがちだが、そういった場所にこそ、都市の新しい可能性が隠されている。それまで他人の領域には無関心な、ここで働く人、訪れる人が、都市の中に自らの場所を見つけ、都市に住まわされているのではなく、都市に積極的に棲んでいこうとすることを、このプロジェクトから感じることができるはずである。「ヨコハマトリエンナーレ2020」と連動するこのプログラムはトリエンナーレ会場とは徒歩圏内。新高島駅地下1Fに位置するBankART Stationでは、200mに及ぶ壁面に川俣正のこれまで行ってきたプロジェクトのドローイング /レリーフと2012年以降制作した作品の写真群を展示。みなとみらい線新高島駅から2駅の馬車道駅構内とBankART Temporaryの内外には、金属平版を用いた新作のプロジェクトが行われる予定である。川俣氏は世界中の都市でプロジェクトを行い、常に新しい視線を街になげかけてきた。氏のプログラムを街の中に挿入することで、それに携わった人たちが、各人自ら積極的に都市に関わっていくことを期待したい。 会場: BankART Station、BankART Temporary、馬車道駅構内

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 写真スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-11 - 2020-10-11

入場料

一般 1000円、大学生・専門学生 600円、高校生以下・65歳以上・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

BankART Station

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「ロバート・フランク大回顧展 Part 2 記憶の彼方へ」

概要

フランクは1969年に、カナダのノヴァスコシアのマブーに新たな創作の拠点を得ます。厳しい自然環境の中で、フランクの視線は窓辺のオブジェや日常の身の回りの事物など、より自己の内面へと向けられていきます。写真にメタファーのような文章を書き添えた作品など、マブーで制作された写真を中心とした展示です。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-24 - 2020-11-21

入場料

一般・学生 800円、中学生以下 無料

会場

Gallery Bauhaus

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「富野由悠季の世界」

概要

最新作『Gのレコンギスタ』(現在、劇場版第3部制作中)をはじめ、「ガンダム」シリーズの原点『機動戦士ガンダム』(1979年)、『伝説巨神イデオン』(1980年)、『聖戦士ダンバイン』(1983年)といった数多くのオリジナルアニメーションの総監督を務め、国内外のアニメシーンに多大な影響を与えてきた富野由悠季(1941年生まれ)。その仕事を検証する、初の大回顧展です。 「虫プロダクション」に入社して『鉄腕アトム』制作に関わった駆け出しのころから現在に至るまで、55年間に渡る富野の仕事を通覧します。そして彼がこれまで監督してきた各作品の映像的特質を、富野直筆の絵コンテや、富野と仕事を共にしたクリエーターたちのデザイン画、原画、撮影に使われたセル画などの原資料を元に検証します。また、自らの作品世界を掘り下げた小説、主題歌等の作詞、様々な分野の人々との対話など、富野のマルチな活動と才能も見逃せません。本展では、こうした側面にも焦点を当てます。時代や人々に与えてきた影響と、彼が訴え続けたメッセージとは何かを紐解きます。

メディア

2D: ドローイング2D: 写真スクリーン: アニメーション

スケジュール

2020-09-19 - 2020-11-08

入場料

一般 1200円、70歳以上 600円、大学生以下 無料

会場

静岡県立美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「Collection 2 日常と非日常」

概要

「日常」ということばを今ほど意識することはありません。それは今までの「日常」が「非日常」となってしまったからでしょう。 芸術文化は、人々に感動や生きる喜びをもたらし人生を豊かにするものであり、社会全体を活性化させる大きな力となるものです。このことは人々が「日常」にあっても「非日常」にあっても変わることはありません。また芸術文化は、作り手である芸術家だけで成り立つものではなく、彼らに制作を依頼したり、できあがった作品を鑑賞したりする人々が必要です。このことも有史以来変わることはありません。 私たちにとって芸術文化が「日常」なのか「非日常」なのかは様々ですが、ひとたび「非日常」がやってくると「日常」だったものが影を潜めてしまうことがわかりました。そのことをすでに体験ずみの方々も多いはずです。 今、「新しい日常」が求められていますが、それはやはり今までの「日常」からすると「非日常」です。この展示において、芸術家たちが、各時代において違う「日常」もしくは「非日常」の中で制作した作品を、私たちにとっては「非日常」ともいえる「新しい日常」の中で鑑賞していただきたいと思います。

メディア

2D: 絵画2D: ドローイング2D: 日本画2D: 写真2D: 版画3D: 彫刻・立体3D: 工芸3D: 陶芸

スケジュール

2020-07-11 - 2020-10-15

入場料

一般 260円、大学生・高校生 120円、中学生以下無料

会場

栃木県立美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

中西敏貴 「Kamuy」

概要

本展は、写真家 中西敏貴氏による写真展です。氏は、大雪山の麓にある美瑛町で自然や農風景と長年向き合いながら、アイヌの人々の自然観に人と自然との関わりの答えを探し求めてきました。両者の共存の道を写真によって表現した最新作、約40点を展示します。作品は主にEOS R(一部EOS 5D Mark IV)で撮影し、キヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントし展示します。 [関連イベント] トークイベント 日時: 9月26日(土)14時00分~15時00分 会場: キヤノンホール S *要事前申込み(先着申込み順・参加無料) ※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真参加型: トーク

スケジュール

2020-09-19 - 2020-10-31

入場料

無料

会場

キヤノンギャラリーS

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

岩井優 「Control Diaries」

概要

Takuro Someya Contemporary Artは9月5日(土)から10月10日(土)まで、岩井優の個展「Control Diaries」を開催いたします。TSCAでの岩井優個展は、2017年の個展「親密の遠近法」以来、3年ぶりの個展となります。 本展覧会では、映像インスタレーションを中心に、ペインティングと、岩井が関わった除染を極私的に記録し続けた80点の写真作品が並びます。 岩井優は1975年京都生まれ。2009年東京藝術大学美術研究科後期博士課程修了。博士(美術)。クレンジング(洗浄・浄化)を主題として、映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンスなど多様なメディアを用いて展開しています。 主な展覧会や活動は、ホイットニー美術館ISPプログラム「メンテナンス・リクワイアード」(ザ・キッチン、NY、2013)、「ニードレス・クリーンアップ」(ミートファクトリー・ギャラリー、プラハ 2013)、「定点なき視点」( 横浜市民ギャラリー、2018)、「リボーンアート・フェスティバル 2017」等、個展に「習慣のとりこ」(秋田公立美術大学ギャラリーBiyong Point、2015-2016)、「通りすぎたところ、通りすぎたもの」(Takuro Someya Contemporary Art、2015)、「親密の遠近法」( Takuro Someya Contemporary Art、2017)。2016年に日本とドイツの2ヶ国4都市で公演が開催された舞台作品『x / groove space』(振付:セバスチャン・マティアス)にコラボレーションアーティストとして演出に関わりました。 現在、岩井は10月11日まで開催されているヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW – 光の破片をつかまえる」 に参加しています。オンラインで一般参加者とディスカッションし、清掃にまつわるアクション《彗星たち》を行っています。 また、nichido contemporary art(八丁堀)にて9月26日まで開催されている、近藤健一氏(森美術館)キュレーションによるグループショウ “Identity XVI – My Home? -”に作品を出品しています。

メディア

2D: 写真3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-05 - 2020-10-10

入場料

無料

会場

Takuro Someya Contemporary Art

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「SPAN ART GALLERY POSTER COLLECTION」

概要

スパンアートギャラリーのコレクションを中心に60's〜80'sの貴重なポスターを展示販売いたします。シルクスクリーンやリトグラフなどの技法を用いて表現されてきたこれらのポスターには、それぞれの時代背景や作家の思想が反映され、現在も美術作品/コレクターアイテムとして高い人気があります。スパンならではの個性豊かなポスターの数々を是非お楽しみください。

メディア

2D: グラフィックデザイン2D: 写真2D: 版画

スケジュール

2020-09-12 - 2020-10-18

入場料

無料

会場

スパンアートギャラリー

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

下川晋平 「Neon Calligraphy」

概要

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-23 - 2020-10-06

入場料

無料

会場

銀座ニコンサロン(ニコンプラザ内)

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

村上悠太 「つなぐ旅 - その、日々へ - 」

概要

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-17 - 2020-09-30

入場料

無料

会場

キヤノンギャラリー 銀座

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

坂東正沙子 「Accelerator」

概要

この度、スタジオ35分では大阪の豊中市にある自主運営ギャラリー「gallery176」との交流展として、gallery176のメンバーである坂東正沙子の写真展を行います。 坂東は好奇心の赴くまま、一つの技法やジャンルにとらわれることなく、様々な手法、視点を使い、自由に作品制作を行っている。 それはトランスジェンダーである彼女の生き方にも通じており、社会の常識や秩序に葛藤しながらも、自身の信念やあり方に対して忠実でいようとする姿勢にも窺えます。 今回の展示は坂東の過去の作品群を二人で相談しながら再編集し、彼女の世界観をよりはっきりと理解出来るように構築しようと努めました。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-16 - 2020-10-03

入場料

1ドリンクオーダー制 (400円~)

会場

スタジオ35分

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

鹿野貴司 「#shibuyacrossing」

概要

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-18 - 2020-10-01

入場料

無料

会場

ソニーイメージングギャラリー 銀座

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「Gallery selection」

概要

メディア

2D: 絵画2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-16 - 2020-10-24

入場料

無料

会場

ギャラリー小柳

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

田近夏子 「二度目の朝に」

概要

田近夏子は1996年生まれ岐阜県出身の新進作家です。田近は東京工芸大学芸術学部写真学科在籍中に、塩竈フォトフェスティバル2018に於いて本作「二度目の朝に」で写真賞大賞を受賞しました。 この度開催される同タイトルの展覧会は田近による初の個展となります。また、会場では塩竈フォトフェスティバル写真賞大賞の副賞によって制作された初の写真集を発売いたします。 夏が始まるころ愛犬が亡くなったお風呂場は、奇しくも田近が3歳の頃に目の前で亡くなった祖父の最後と同じ場所でもありました。愛犬の死を知らせる母からの連絡により、幼い頃の曖昧な記憶と今回の出来事が“お風呂場”を通して交わるように感じたと、田近は語っています。本作からは身近なものを失っても流れゆく日々の中で、ふとした瞬間に、たゆたう記憶のきっかけを掴み取るような眼差しを感じさせます。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-24 - 2020-10-06

入場料

無料

会場

Alt_Medium

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

オノデラユキ 「Everywhere Photographs」

概要

この度、ZEIT-FOTO kunitachiではオノデラユキの初期の小品を中心とした展覧会『Everywhere Photographs』を開催いたします。 ツァイト・フォト・サロンで初めてオノデラユキ展を開催したのはまだ日本橋にギャラリーがあった1995年、“DOWN”三部作[1]のうちのひとつ『液体とコップ』の展示でした。当時フランスに拠点を移して間もなく、ほぼ無名だったオノデラですが、持ち込んだ作品の自在な表現力と独自性に惚れ込んだ石原悦郎は展覧会の開催を即決、以来20年以上にわたる新作発表の場となりました。常に新鮮な驚きをもたらしてくれる新作を生み出し続けるオノデラを、石原は一貫して応援し続けました。そしてオノデラユキはギャラリーの看板作家の一人となり、そのグローバルな活躍によってギャラリーを支えてもくれました。 現在、ツァイト・フォト・サロンはZEIT-FOTO kunitachiとして故・石原悦郎の私邸での営業を行なっております。『君が走っているのだ、僕はダンボの耳で待つ』(1991)や『Dog』(1991)など、繊細でありながらユニークで実験性に富んだ初期の珠玉のような小品をはじめ、その後の人気のシリーズの数々を、石原の過ごした空間いっぱいに展示いたします。ザ・ギンザ スペース「オノデラユキ FROM Where」展、ユミコチバアソシエイツ「オノデラユキ TO Where」展とあわせてご高覧いただけますと幸いです。 [1] “DOWN“三部作 part-1『液体とコップ』於:ツァイト・フォト・サロン、part-2『古着のポートレート』於:ガレリア・キマイラ、part-3『鳥』於:Aki-Ex ギャラリー、三つのギャラリーでの共催。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-18 - 2020-10-24

入場料

無料

会場

ZEIT-FOTO kunitachi(ツァイト・フォト国立)

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

西村多美子 「続旅人」

概要

西村は旅の中で直感的にふと身体が動く瞬間を、粒子の粗いハイコントラストのモノクロスナップショットで表現した作品で知られています。1973年に最初の写真集である『しきしま』を刊行して以来、彼女は旅を続け、旅の記録と私的なスナップショットのスタイルを貫いてきました。禅フォトでは7回目となる今回の個展「続旅人」では、1979年に西村多美子が制作し、1980年代初頭にニコン・サロンで発表したヴィンテージ・プリントとその他の未発表作品を中心に展示いたします。写真は70年代後半に集中的に東京を撮影したものと、日本国内の旅先で撮影したものとなります。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-25 - 2020-10-17

入場料

無料

会場

Zen Foto Gallery

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

内倉真一郎 「私の肖像」

概要

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHYは、写真集『私の肖像』(赤々舎)の刊行を記念し、2020年9月26日(土)より、内倉真一郎個展『私の肖像』を開催いたします。 黒い背景の前に立つのは、撮られることを職業としない、一般の人々。自然光の元で何百枚と連写撮影を重ねるなか、そんな彼らの得も言われぬ存在感が放たれる瞬間を、内倉は写真に捉えていきます。 被写体が人生を通し重ねてきた「既知の個性」を写真に投影することが良いポートレート写真の定義であるとすれば、本作はそれとは異なるのかも知れません。手法的には極めて王道的なポートレート写真でありながら、その一枚一枚には独特の質感が伴い、写真だけが捉えられる特有の「気配」を内に湛えながら、鑑賞者を不思議な世界へと惹き入れていきます。 本展では、プリントを鑑賞することでこそ体感できる、奥深い肖像写真の世界を繰り広げます。会期に合わせ刊行される写真集と合わせ、是非ご期待頂けましたら幸いです。 [関連イベント] オンライントークイベント 日時: 9月27日(日)19:30〜20:45(予定) 場所: YouTubeライブ配信(無料/どなたでもご視聴いただけます) 登壇者: 内倉真一郎(写真家)、姫野希美(赤々舎・代表)、町口景(アートディレクター)、河西香奈(モデレーター/ KANA KAWANISHI GALLERY ディレクター) ※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真参加型: トーク

スケジュール

2020-09-26 - 2020-11-07

入場料

無料

会場

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「iconic figure」

概要

“作品から感じ取れる「女性らしさ」「美しさ」や「優しさ」は、観た人の印象に残り、記憶にしっかりと刻み込まれます。そんなアイコニックなポートレートやペインティングを集めました。前半(9/26~)は、女性のポートレート作品を、後半(10/31~)は、女性モチーフのpainting作品を展示いたします。思わず、はっ!、としてしまうような彼女たちに魅了されるはず。 [スケジュール] 2020/9/26(土)〜 10/16 photography 2020/10/31(土)〜 11/20 paintings and prints [参加作家] 写真: フランセスコ・スカヴロ、ベッティナ・ランス、ギド・アルゼンチーニ、パトリック・デマルシェリエ、ミルトン・H・グリーン、シド・アヴェリー、ルイス・モーリー、ホルスト・P・ホルスト、ブルース・ウェーバー、フランセスコ・スカヴロ、フランセスコ・スカヴロ、荒木経惟、ラルフ・ギブソン ペインティング&プリント: 金東囿、チャオ・カイリン、メル・ラモス、松山賢、ルパート・J・スミス、フランチェスコ ・ ベッゾーリ、ブライアン・マッカーシー、ルチアーノ・カステッリ

メディア

2D: 絵画2D: 写真

スケジュール

2020-09-26 - 2020-11-20

入場料

無料

会場

Sansiao Gallery

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「浅田撮影局」

概要

写真家・浅田政志が空想する写真館、「浅田撮影局」がPARCO MUSEUM TOKYOに出現! どこか懐かしさを感じるエントランスから一歩足を踏み入れると、本邦初公開の最新写真集「浅田撮影局 まんねん」の世界が広がります。自身の息子を撮りおろした「朝日」は縁起のよさそうな人に出会い、場所に赴くことで、「千年、万年と末長く幸せに過ごしてほしい」と願う父親としての普遍的な願いをストレートに込めています。しかし現実に千年、万年と生きることは叶わないことで、巡る命を写真で伝えていく思い出の形や、父「章」の遺影写真と向き合い、模索する様をありありと写し出しています。 そして会場内に設えられた写真館風撮影スポットで今日という特別な一枚を思い出に残せます。浅田のデビュー作、写真集「浅田家」の大型展覧会は2009年のPARCO FACTORY(旧渋谷PARCO)からはじまりました。それから11年となる2020年、写真を「見て、撮って、残す」。新たな写真シリーズの幕開けをぜひ体感してください。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-26 - 2020-10-12

入場料

一般 500円、学生 400円、小学生以下 無料

会場

PARCO MUSEUM TOKYO

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

伊藤彩 「Blink」

概要

NADiff Galleryでは、伊藤彩の初の作品集 『RAPID RABBIT HOLE』の出版を記念した個展、「Blink」を開催いたします。   伊藤は「フォトドローイング」と呼ぶ独得な制作プロセスを用います。まず自身で制作したキャンバスのペインティングや紙のドローイング、陶器の立体物、布、家具などをセットして、ジオラマを作り、この大きさは、時に5mを超えることもあります。そして、ジオラマの中に伊藤が入り込み、写真に撮ることで、自身も思いもよらなかった構図やアングルの視覚的効果を念入りに検討し、実際の絵画制作に入るのです。この緻密なプロセスが、濃密なリアリティとなり、色彩の海や脱力感溢れるモチーフの表情等の要素が合わさって、見る者を中毒的な魅力に引き込みます。 『RAPID RABBIT HOLE』は、2019年にクラウドファンディングで多くの方の支援のもと制作された1冊で、絵を描き始めて13年となる伊藤のこれまでの活動と作品がつまった作品集となっています。本展では作品集に掲載されている絵画作品を中心に展示販売いたします。また、1階の店内では作品集の販売とあわせて、立体作品の展示、関連グッズの販売も行います。

メディア

2D: ドローイング2D: 写真3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-09-18 - 2020-10-04

入場料

無料

会場

ナディッフ アパート

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「生誕100年 石元泰博写真展 生命体としての都市」

概要

東京都写真美術館では、「都市」への視線を核としてシカゴや東京の街、人々の風景やポートレート、建築写真、色彩豊かな多重露光など、ミッドキャリアから晩年に至る作品を中心に写真家・石元泰博の時を超える孤高のまなざしを展覧します。 1983年に紫綬褒章、1993年に勲四等旭日小綬章を受章し、1996年に文化功労者となった写真家・石元泰博(1921―2012)。石元は、モダンデザインの思想をシカゴで学び、その厳格な画面構成と造形意識から、日本にとどまらず国際的に高い評価を得ています。都市と人間のあり方を問いかけるシカゴや東京のシリーズ、桂離宮や伊勢神宮から日本の伝統建築にモダニズムを見出した建築写真群、半世紀余りを共に歩んだ多重露光によるカラー作品のシリーズ、晩年に取り組んだ〈刻〉や〈シブヤ、シブヤ〉など、石元が手掛けた仕事は多彩を極めます。石元の写真家としての確固たる意志や被写体への鋭いまなざし、撮影に対する飽くなき探究心は「カメラを持った古武士のまなざし」とも賞されます。2021年の生誕100年を祝し、3つの美術館の共同企画で展覧会を開催し(東京は2会場で同時期開催、十代を過ごした高知では2021年1月~3月)、その多彩な仕事を過去最大規模のスケールで俯瞰、写真家・石元泰博による唯一無二の視点を詳らかにします。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-29 - 2020-11-23

入場料

一般 700円、大学生 560円、高校生・中学生・65歳以上 350円、障害者手帳提示とその介護者 無料

会場

東京都写真美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「TOPコレクション 琉球弧の写真」

概要

沖縄を代表する作家の多種多様な写真表現を通して、沖縄写真の魅力を伝える展覧会です。 沖縄は日本の他の地域とは異なる歴史をもち、独自の文化を育んできました。沖縄に暮らし、沖縄にレンズを向けた写真家の作品には、沖縄のみならず、琉球弧(奄美群島から八重山列島にかけて弧状に連なる島々)全体を見据えたまなざしがあり、その多様なまなざしは、この土地の豊かさと同時に、固有の難しさも表しています。 本展は、これまで日本の公立美術館で紹介されることが少なかった、沖縄を代表する作家の写真作品を網羅的に紹介する初の展覧会です。沖縄本島だけではなく周辺の島々を写した作品など、当館の新規収蔵作品を中心に約206点の写真作品から、琉球弧の文化の多様性を紹介します。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-29 - 2020-11-23

入場料

一般 600円、大学生・専門学生 480円、高校生・中学生・65歳以上 300円、障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

東京都写真美術館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

二木あい 「 中今 ~ Naka – Ima “Here and Now” ~」

概要

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-24 - 2020-10-03

入場料

無料

会場

ART FOR THOUGHT

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展 フクシマ、沖縄...3500キロ」

概要

ニュースパーク(日本新聞博物館)は、2020年10月3日(土)から12月20日(日)まで、企画展「80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展 フクシマ、沖縄...3500キロ」(共同通信社と共催)を開催します。同氏の写真展は、2014年秋に続き2回目。北海道・宗谷岬から沖縄まで約3500キロ―。日本列島を歩き通した報道写真家の長大な旅の軌跡を写真とともにたどります。 ベトナム戦争の従軍取材で知られる石川文洋さんは、2018年7月から19年6月まで11か月をかけ、日本の北から南まで踏破しました。80歳の挑戦です。ゴール時には81歳になっていました。高齢に加え、心筋梗塞の既往症も乗り越えた快挙でした。共同通信社は「石川文洋80歳・列島縦断あるき旅」のタイトルで毎週、ルポと写真の記事を配信し、連載は加盟各紙が掲載しました。 北海道の雄大な自然を撮影した後、本州に渡った石川さんは東日本大震災や東京電力福島第1原発事故、阪神・淡路大震災、熊本地震などの被災地を訪れ、まだ癒えぬ傷痕を記録しました。また三沢や岩国などの米軍基地を巡り、郷里の沖縄では米軍基地建設で揺れる名護市辺野古や嘉手納基地、普天間飛行場などを撮影しました。本写真展では、石川さんが旅の途中に撮ったおよそ3万5000枚の写真の中から約120枚を厳選して展示します。使用した靴やリュック、衣類、筆記用具のほか、年表や徒歩ルートを記した日本地図も会場に並べ、前人未到の偉業を多角的に振り返ります。 [関連イベント] 石川文洋オープニングトーク(講演) 日時: 10月3日(土)10:30~12:00 会場: ニュースパーク(日本新聞博物館)2階 イベントルーム 参加費: 無料(別途入館料が必要) 定員: 30人(予約制・先着順) ※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真参加型: トーク

スケジュール

2020-10-03 - 2020-12-20

入場料

一般 400円、大学生 300円、高校生 200円、中学生以下 無料

会場

ニュースパーク 日本新聞博物館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

松岡一哲「やさしいだけ」

概要

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、10月3日(土)から10月31日(土)まで、松岡一哲の個展「やさしいだけ」を開催いたします。タカ・イシイギャラリーで初めての個展となる本展では2018年に上梓し大きな注目を浴びた初の写真集『マリイ』掲載作品と最新作から、約17点を展示いたします。 松岡は、妻・マリイを被写体とした、あるいは彼女の存在が感じられる景色、部屋や街といった日常的な風景を収めた私写真の系図に属する写真作品を発表してきました。我々自身のうちに蔓延る包括的な概念や言葉に依る解釈は、人間が作り出した所与の定義の上に成るものに過ぎないとし、写真という非言語メディアを介して世界の再解釈をするような試みを続けています。 本展では、企画構想から5年以上の歳月をかけ、松岡が妻との日常を継続的に撮り続けた数万枚という膨大なネガの中から、504点のイメージによって編まれた写真集『マリイ』に掲載されている作品を中心とし、本展のタイトルである「やさしいだけ」というテーマの元に纏められた作品を展示いたします。 パーソナルな日常シーンを均質に写し取る作家の等価な眼差しにより得られたイメージは、その被写体や街中の様相から、見る者に身近な感情を想起させると同時に、そこにたち現れるものの存在全てを肯定するかのような不思議な感覚をももたらし、静かにも強い作品世界へと誘います。松岡は、色彩によるイメージの平面化に関心を向けており、長年愛用しているオリンパス μ(ミュー)で撮影した作品群は、統一された淡い色のトーンを纏い、アナログならではのブレ・ボケや、特有の柔らかさなどを取り入れることで独特の浮遊感を生み出しています。「希望というものを、そのまま写真に写す」という作家の言葉通り、松岡は、強固に形成された世界をほぐすように揺らぎ続ける風景を丁寧に写真に収めています。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-10-03 - 2020-10-31

入場料

無料

会場

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「現代茶ノ湯スタイル展 縁 - enishi - 」

概要

日本古来の茶ノ湯文化と現代アートを融合して、茶ノ湯を通した新しいライフスタイルを提案する「現代茶ノ湯スタイル展 縁-enishi-」。10回目を迎える今展のために制作した「茶杓」と「茶碗」をはじめ、新しい生活様式での茶ノ湯の楽しみかたをご紹介いたします。

メディア

2D: 絵画2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: 工芸3D: 陶芸その他: メディアアート

スケジュール

2020-09-15 - 2020-10-04

入場料

無料

会場

西武百貨店 渋谷店 美術画廊

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「2020全日本読売写真クラブ展」

概要

読売写真クラブ(YPC)は、読売新聞社が母体となり、全国の写真愛好家が集う写真クラブです。現在、全国に37クラブあり、多数の会員が在籍します。クラブごとの自主独立運営で、審査会、撮影会、勉強会、作品展などの活動を行っています。 全国の会員が日頃撮りためた1,474点の力作を、写真家・立木義浩先生に1点1点審査していただいた【個人部門】の95点と、各YPCが6枚の組み写真で競い合う【クラブ対抗戦部門】の102点(17YPC)を展示します。 会場: フイルムフォトサロン 東京 スペース1・2

メディア

2D: 写真その他: 公募展

スケジュール

2020-09-25 - 2020-10-01

入場料

無料

会場

FUJIFILM SQUARE

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「FILM/DIGITAL それぞれのACROS ~14の車輪と7つの暗い部屋~」

概要

自転車と写真が好きという共通点だけで、俳優、プロ写真家、デジタルカメラの作り手、という異なるバックボーンを持つ7人が集まり、それぞれの表現にチャレンジしました。元々全員が映像や写真に深くかかわる仕事に就きながら、本業を離れ、楽しみながら撮った写真達です。難しい理屈は抜きにして、単純に楽しんでいただけたら幸いです。 会場: 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-25 - 2020-10-08

入場料

無料

会場

FUJIFILM SQUARE

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

濱田晋 「岩・紙・風」

概要

写真家・濱田晋の新作【岩・紙・風】の発売を記念した展覧会をユトレヒトにて開催します。本作は、2017年に発表し同所にて展覧会を行った「思考の練習」に通ずる実験的な作品となっています。デザインはTanuki。画家の森本将平による寄稿文が同封されています。また会場では100部限定のポスターも販売。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-24 - 2020-10-04

入場料

無料

会場

UTRECHT / NOW IDeA

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

泊昭雄 「豊島の空気」

概要

9月19日(土)よりBOOK AND SONSにて写真展「豊島の空気」を開催いたします。写真家 泊 昭雄氏が一年かけて豊島を撮影した写真集「豊島の空気」。撮影を通して感じた島の空気や四季の移ろい、島のいたるところに存在するアートや自然とともに生きる島民の日常など、まさに豊島の空気を感じられる風景が収められています。 同氏が、撮影を担当している一棟貸しの宿「ウミトタ」。瀬戸内海に浮かぶ豊島で、自分のリズムやスタイルで島の素朴な自然を感じながら滞在できる宿泊施設です。ファッションブランドminä perhonenの皆川明氏がディレクションを、和食料理店「八雲茶寮」、和菓子店「HIGASHIYA」などを手掛けるSIMPLICITYの緒方慎一郎氏が設計を担当したこの宿は、2019年に瀬戸内国際芸術祭の作品として選出されました。 また、同展と合わせて会場2Fでは、泊氏が大判ネガフィルムで撮影し、プリントすることでカタチとして残すことにこだわった「PRINT lot more」、アメリカのサンフランシスコからサンディエゴまでルート1沿いを南下し、西海岸沿いの風景を撮影した「BEACH」より計9点の作品を展示する他、同氏がクリエイティブディレクターを務めるフォトアートマガジン「hinism」の制作過程の資料を3Fにて特別展示いたします。 1Fではまるで「ウミトタ」に滞在しながら実際に旅をしているように感じられるぬくもりある土地の空気を、2F-3Fでは泊氏のこれまでの軌跡をなぞるように 「PRINT lot more」「BEACH」「hinism」をお楽しみいただけます。泊氏の過去の全写真集および展示作品も販売いたしますので、ぜひ会場で展示とともにお楽しみください。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-19 - 2020-10-11

入場料

無料

会場

BOOK AND SONS

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

奥泉理佐子 + 大村高広 「appearance of Interior Room, appearance at Video Meeting」

概要

JR上野駅Breakステーションギャラリーの今回の展示では、Akane Soeda+ Risako Okuizumi(AS+RO)のキュレーションにより、出展に奥泉理佐子、大村高広を迎えます。本展は、身体と空間の関係を掘り下げ、観客と作者それぞれが持つ人間の認識能力を利用していくことで、個人的なまなざしを、知的な操作によって他者と共有できるものへの変換を試みるAS+ROの制作に、建築設計・建築理論を専門とする大村が加わり、あまりにも急速な2020年の社会の変容と、それに応じて一新されていく現代の空間と身体のあり様を考察するものです。 Covld-19の世界的な流行により人々は移動を控えることを推奨され、「私室」という本来親密な相手だけを迎え入れてきた空間が、カメラの前に晒されることとなりました。「私室」とは、人間が動きまわるあらゆる空間のなかでもっとも視覚よりも触覚に近い部分、つまり、目で見て判断するよりも、習慣により身体に染み付いた動きによって行動することが増える場所だろうと言えます。自分にとっての「私室」、また他者にとっての「私室」が、突如として不躾な他人の視線に晒されること。また、身に覚えのない空間をとうとつに目の前に突きつけられること。2020年が私たちにもたらしたこの新しい空間体験は、どのような意味を持つのでしょうか。

メディア

2D: 写真3D: 建築スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-12 - 2020-11-12

入場料

無料

会場

上野駅Breakステーションギャラリー

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

木村高一郎 「ことば」

概要

この度、木村高一郎 写真展 「ことば」を開催致します。自宅の天井にカメラを設置し、自動で10分毎に2年間撮影し続けた結果、約10万枚の膨大な作品が作り出されました。そこには、偽りのない家族の肖像が写し出されています。仲睦まじく寝ている親子、昼寝する息子、読書する母親など、その光景はまるで会話をしているようでもあり、 もはやそこには”ことば”は必要ないのかもしれません。 「他人の家を覗き込んでいるような、見守っているような、絵本をみているかのような、そんな写真になればいいなと。」と木村は語っています。この作品をみていただき、家族のきずなを考える機会になれば幸いです。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-09-25 - 2020-10-11

入場料

無料

会場

dessin | デッサン

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...

「CADAN × ISETAN MEN’S : Autumn Takeover」

概要

日本を代表するコンテンポラリーアートギャラリーが組織するCADAN(一般社団法人日本現代美術商協会)とイセタンメンズによる1年間にわたるコラボレーションプロジェクト「Takeover」シリーズの第3弾、“Autumn Takeover”が9月23日(水)よりスタート。伊勢丹新宿店メンズ館の4フロアに設置された立方体の展示空間SI(ストアアイデンティティ)に、フロアテーマに合わせたスペシャルインスタレーションが出現する。 1階エントランス、メンズアクセサリー・・・髙山陽介(所属ギャラリー:ANOMALY) 2階メンズクリエーターズ・・・柴田祐輔(所属ギャラリー:WAITINGROOM) 4階メンズラグジュアリー・・・日野田 崇(所属ギャラリー:imura art gallery) 6階メンズコンテンポラリー・・・池崎拓也(所属ギャラリー:Satoko Oe Contemporary)

メディア

2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-23 - 2020-12-22

入場料

無料

会場

伊勢丹新宿店メンズ館

地図

Google Mapsで確認

近くのイベント

Get near events...