「M meets M 村野藤吾展 & 槇文彦展」

概要

村野藤吾(1891~1984)は日本近代の建築家を代表する存在であり、日比谷の日生劇場(1963)や箱根プリンスホテル(1978)の設計者としても知られています。また2005年には、広島の世界平和記念聖堂(1953)が戦後建築として初めて重要文化財に指定され、大きな話題を呼びました。旧横浜市庁舎(1959)は、その村野藤吾の数少ない庁舎建築作品のひとつであり、その代表的なものとして位置づけられます。また、旧庁舎は横浜開港100周年事業として起案されたものであり、近隣の歴史的建造物と調和する優れた景観を生み出すなど、横浜の中心市街地において、歴史的、景観的にも大きな役割を果たしてきました。 村野に続く世代にあたる槇文彦(1928~)は、ヒルサイドテラス、スパイラル、幕張メッセやニューヨークの4WTCなど、国内外で現代建築を牽引する影響力のある建築の設計で知られています。ここ横浜でも六大事業の都心部強化事業(みなとみらい地区など)、金沢地先埋立事業(シーサイドタウンなど)に深い関わりがあります。この時期の槇は、田村明ひきいる横浜の街づくりの、「アーバンデザイナー」としての役割を担っていました。北沢猛が2002年に創造都市構想を提案するにあたり、歴史的建造物を残し、そこにクリエイティビティを挿入しながら、街を再生していくことを推進しはじめた時にも、二棟の歴史的建造物(旧第一銀行、旧富士銀行)の再生を担いました。それゆえ、今回の新市庁舎の設計は、横浜の街づくりに長年携わってきた、槇の提案が評価されて実現したものであり、横浜の中心として今後大きな役割を果たしていくことでしょう。 M meets M。ちょうどひと世代の差がある二人の建築家が、ここ横浜の街で出会います。大規模再開発が決まり、一部は保存はされますが、惜しまれながら姿が消えていく村野の旧庁舎。一方、6,500人の職員を包括し、横浜の新しい発信基地としてスタートした槇の新市庁舎。2020年、この新旧のリレーが、目の当たりで展開されています。この機を捉えて、二人の日本を代表する建築家の展覧会を開催したいと思います。場所は、道路を挟んで静かに佇む、復元された「旧帝蚕倉庫」と「旧第一銀行」のアートスペース。二人の偉大な建築家と二棟の歴史的建造物のコラボレーションに是非ご期待ください。 開催場所 村野藤吾展: BankART KAIKO 槇文彦展 / 槇文彦+槇総合計画事務所~人・建築・都市: BankART Temporary

メディア

3D: 建築

スケジュール

2020-10-30 - 2020-12-27

入場料

一般 1600円、大学生・専門学生・横浜市民 / 在住 1000円、高校生・65歳以上 600円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

BankART Temporary

地図

Google Mapsで確認

「80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展 フクシマ、沖縄...3500キロ」

概要

ニュースパーク(日本新聞博物館)は、2020年10月3日(土)から12月20日(日)まで、企画展「80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展 フクシマ、沖縄...3500キロ」(共同通信社と共催)を開催します。同氏の写真展は、2014年秋に続き2回目。北海道・宗谷岬から沖縄まで約3500キロ―。日本列島を歩き通した報道写真家の長大な旅の軌跡を写真とともにたどります。 ベトナム戦争の従軍取材で知られる石川文洋さんは、2018年7月から19年6月まで11か月をかけ、日本の北から南まで踏破しました。80歳の挑戦です。ゴール時には81歳になっていました。高齢に加え、心筋梗塞の既往症も乗り越えた快挙でした。共同通信社は「石川文洋80歳・列島縦断あるき旅」のタイトルで毎週、ルポと写真の記事を配信し、連載は加盟各紙が掲載しました。 北海道の雄大な自然を撮影した後、本州に渡った石川さんは東日本大震災や東京電力福島第1原発事故、阪神・淡路大震災、熊本地震などの被災地を訪れ、まだ癒えぬ傷痕を記録しました。また三沢や岩国などの米軍基地を巡り、郷里の沖縄では米軍基地建設で揺れる名護市辺野古や嘉手納基地、普天間飛行場などを撮影しました。本写真展では、石川さんが旅の途中に撮ったおよそ3万5000枚の写真の中から約120枚を厳選して展示します。使用した靴やリュック、衣類、筆記用具のほか、年表や徒歩ルートを記した日本地図も会場に並べ、前人未到の偉業を多角的に振り返ります。 [関連イベント] 石川文洋オープニングトーク(講演) 日時: 10月3日(土)10:30~12:00 会場: ニュースパーク(日本新聞博物館)2階 イベントルーム 参加費: 無料(別途入館料が必要) 定員: 30人(予約制・先着順) ※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真参加型: トーク

スケジュール

2020-10-03 - 2020-12-20

入場料

一般 400円、大学生 300円、高校生 200円、中学生以下 無料

会場

ニュースパーク 日本新聞博物館

地図

Google Mapsで確認

「企画展で振り返る20年のあゆみ」

概要

ニュースパーク(日本新聞博物館)は、2020年10月12日に開館20周年を迎えます。これを記念し、同13日(火)から12月20日(日)まで、ミニ展示「企画展で振り返る20年のあゆみ」を開催します。来年7~9月には企画展示室で、20周年記念企画展を開催します。 当館は2000年の開館以来、開館記念企画展「号外で振り返る20世紀」から、開催中の「80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展 フクシマ、沖縄…3500キロ」(共同通信社共催)まで、100を超える企画展を開催してきました。このうち、93の企画展のチラシを掲示するほか、国内初の日本語日刊紙「横浜毎日新聞」の実物(第34号)、「黒船来航」を伝える瓦版、明治10年代から20年代初めごろに見られたはがき号外など、企画展を彩った当館所蔵資料10点を展示します。ミニ展示初日の13日は入館料を無料とし、来館者先着150人に記念品を差しあげます。

メディア

2D: グラフィックデザイン2D: ドローイング

スケジュール

2020-10-13 - 2020-12-20

入場料

一般 400円、大学生 300円、高校生 200円、中学生以下 無料

会場

ニュースパーク 日本新聞博物館

地図

Google Mapsで確認