「音楽を奏でる写真たち 木之下晃『世界の音楽家』」

概要

木之下晃(1936–2015)は1960年代からおよそ半世紀にわたり、音楽の世界を写真で表現しつづけてきた写真家です。「音楽写真」という未開拓のジャンルを切り拓き、第一人者として国内外で活躍した木之下は、ヘルベルト・フォン・カラヤン、マリア・カラス、小澤征爾ら、世界の名だたる巨匠たちを撮影。その作品は「音楽が聴こえる」と絶賛され、写真界と音楽界の両面から、国際的にも高い評価を得てきました。 木之下は1936年、長野県諏訪市に生まれました。子どもの頃、新聞記者だった父の暗室作業を見て初めて写真の世界に触れた木之下は、登山に熱中した学生時代に山小屋でクラシック音楽と出合います。その後、中日新聞社を経て、博報堂でカメラマンとして仕事をするかたわら、音楽への造詣を深め、「音楽写真」という独自の写真表現を確立。1973年にフリーランスの写真家として活動を始めました。 音楽を主題とした木之下の撮影テーマは多岐にわたります。音楽家のオフショットや世界各地の華麗なオペラハウス等の劇場、作曲家の足跡を辿る旅など、音楽の世界を多彩に写真で表現してきました。その真骨頂ともいえるのが、音楽家たちの演奏シーンをとらえた写真です。雄壮な指揮者のダイナミックな動き、情感に満ちた演奏家たちの繊細な一瞬をとらえた写真は、彼らの精神や哲学、音楽の本質までをも表現する稀有なものとして多くの音楽家たちから愛され、木之下のもとにはいくつもの撮影依頼が舞い込んできたといいます。これらの作品は、木之下の音楽に対する深い理解と豊かな感性、写真にかける飽くなき情熱、そして被写体となった音楽家たちとの固い絆から生まれた奇跡の賜物でした。 本展では、音楽写真家・木之下晃の数ある傑作の中から、作家本人の手によるオリジナル・プリントを中心に、ゼラチン・シルバー・プリント約30点を厳選して展示いたします。木之下は生前、一貫してアナログの表現にこだわり続け、フィルムカメラで撮影する理由を「シャッターチャンスの緊張感がもつ精神性にある」と説いていました。また、暗室作業から生まれるゼラチン・シルバー・プリントは「永続性」に価値があるとして、印画紙でのプリント制作に徹しました。現在、写真はデジタル全盛の時代にありますが、木之下のアナログにこだわった写真表現は、私たちに写真の本質と魅力をあらためて伝えてくれることでしょう。 写真と音楽の世界に新たな領域を切り拓いた音楽写真家・木之下晃。写真と音楽の織りなす奥深い世界をどうぞお楽しみください。 会場: 写真歴史博物館

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-10-01 - 2020-12-28

入場料

無料

会場

FUJIFILM SQUARE

地図

Google Mapsで確認

藤村里木 「鉄塔風景」

概要

若手写真家応援プロジェクト「写真家たちの新しい物語」第22弾は、藤村里木氏による鉄塔と自然が織りなす風景にスポットをあてた写真展を開催いたします。 力強くそびえ立つ鉄塔。無機質でいかついその姿は、自然の中では異質なものと捉えられ、風景写真を損なうものと見られがちです。しかし、鉄塔が毎日電気を送り続けてくれるから、人々は平穏に暮らすことができるのです。そんな働き続ける鉄塔の存在に着目し、全国の鉄塔との出会いを求めて撮影を続ける藤村里木氏による初の個展です。 会場: 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-10-30 - 2020-11-12

入場料

無料

会場

FUJIFILM SQUARE

地図

Google Mapsで確認

「漆舞」 展

概要

このたび、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では、「漆舞」展を開催致します。張森洋氏は1990 年代に多摩美術大学及び大学院在学時より髙木晃先生に師事し漆造形を学んで以来、現在でも精力的に漆造形作品制作と発表を行なっています。また日本と台湾の文化交流に力を注ぎ幅広い活動をおこなっております。 今展は台湾漆芸作家の張森洋氏が企画し、国内外で活躍し、漆をベースに立体的でリズムや躍動感のある造形を制作する個性あふれる作家10 名と漆作品を通した日本× 台湾の交流展覧会です。漆は、昔から器や装飾品、建造物に使われてきました。その用途は、塗料はもちろん接着剤、塑形剤、絵具としても幅広く使われています。防腐剤、防水、強化剤、薬にもなり、まだまだ可能性を秘めた物質といえます。また植物の樹液なので、植林などすれば半永久的に生産することが出来ます。天然なので自然や人体にもやさしい素材です。漆器など修理も可能なことから長い間使用できます。使い続けることによる色合いの変化を楽しみ、「もの」を慈しむ心を育てます。それは人に確かな未来と、心の豊かさを与えてくれます。このように様々な表情を持つ漆を、より多くの人々に知ってもらいたいという思いから企画されました。伝統的な漆の技法から革新的な漆の作品迄幅広く、漆作品の魅力をご覧いただけます。

メディア

3D: 工芸

スケジュール

2020-10-26 - 2020-10-31

入場料

無料

会場

Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi

地図

Google Mapsで確認

「リニューアル・オープン記念展Ⅱ 日本美術の裏の裏」

概要

日本人にとって「美」は、生活を彩るものです。室内装飾をはじめ、身のまわりのあらゆる調度品を、美意識の表現の場としてきました。そのような「生活の中の美」を、ひとりでも多くの方に愉しんでいただきたい。それが、1961年の開館以来変わることのない、サントリー美術館の基本理念です。 一方で、美を生み出してきた日本人の「生活」そのものは大きく変化しています。障子や畳、床の間が住まいから姿を消し、古文も外国語のように感じられる今、古美術をどう愉しんだらよいか悩める方も少なくないでしょう。 そこで本展では、生活の中の美の“愉しみ方”に焦点をあて、個性ゆたかな収蔵品の中から、日本ならではの美意識に根ざした作品をご紹介します。古の人々の愉しみ方を知り、追体験することは、現代人にとって知られざる裏ワザ鑑賞と言えるかもしれません。 「裏」には、見えない部分だけでなく、奥深く、隠された内部という意味があります。日本美術をより深く愉しめるように、教科書では教えてくれない面白さの一端をご案内します。目に見えていない(=裏)ところにこそ、魅力が隠れている(=裏)かもしれません。

メディア

2D: 日本画3D: 工芸3D: 陶芸

スケジュール

2020-09-30 - 2020-11-29

入場料

一般 1500円、大学生・高校生 1000円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

サントリー美術館

地図

Google Mapsで確認

「2020年度グッドデザイン賞『グッドデザイン・ベスト100』」

概要

東京ミッドタウン・デザインハブでは、10月1日に発表される2020年度グッドデザイン賞から、審査委員から高い評価を得て「グッドデザイン・ベスト100」に選出された100点のデザインを展示、ご紹介します。 変化し続ける状況のもと、デザインを介して人と人が お互いの感情を通わせる「交感」がテーマとなった今年のグッドデザイン賞。同じ時代の多様なすぐれたデザインを俯瞰することで、そこに未来を明るくするヒントを見出いだすことができるでしょう。 なお、本年は「グッドデザイン賞受賞展」の開催はありません。受賞デザインの一部を実際にご覧いただける機会となりますので、ぜひご来場ください。 *グッドデザイン金賞を含む特別賞、大賞は10月30日(金)に発表いたします。

メディア

2D: グラフィックデザイン3D: プロダクト

スケジュール

2020-10-01 - 2020-11-03

入場料

無料

会場

東京ミッドタウン・デザインハブ

地図

Google Mapsで確認

「山中漆器 針谷蒔絵 掌の中の宇宙展」

概要

加賀温泉郷のひとつ山中温泉。松尾芭蕉をはじめ、文人たちにも愛された自然豊かな温泉地、山中温泉は山中漆器の産地でもあります。その地において、蒔絵の魅力を多くの人に伝えたいと活動すると、蒔絵師一家「うるしアートはりや」の工房があります。 うるしアートはりやでは、伝統的な蒔絵技法を駆使した茶道具や香合から、モダンでポップなアクセサリー、現代の暮らしに寄り添うインテリア小物まで、トレンドを意識した蒔絵の新たな可能性を、そえぞれの個性により生み出しています。 今回は、このコロナ禍で、少しでも皆様の暮らしに彩りと潤いを、という想いを込め、伝統的な工芸品だけでなく、装いを華やかに彩るアクセサリー、ミニ額絵や石に蒔絵をほどこしたアート、秋の味覚のお供として盃や豆皿など、身近に楽しんでいただけるものが数多く揃いました。針谷蒔絵の中でも人気のある、福が来るとされている「ふくろう」モチーフやチャーミングなネコモチーフなども多数。どうぞこの機会をお楽しみください。 会場: THE COVER NIPPON (東京ミッドタウン ガレリア3F)

メディア

3D: 工芸

スケジュール

2020-10-01 - 2020-10-31

入場料

無料

会場

東京ミッドタウン

地図

Google Mapsで確認

「TOKYO MIDTOWN AWARD 2020」

概要

東京ミッドタウンは、「“JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)”を創造・結集し、世界に発信し続ける街」をコンセプトに掲げており、その一つのアクションとして、才能ある若手(39歳以下)デザイナーやアーティストとの出会い、応援、コラボレーションを目指したデザインとアートの2部門のコンペティションを開催しています。今年は新型コロナウイルスの影響により、説明会と応募者のプレゼンテーションを初の試みとなるオンラインで実施いたしました。 この度、過去最多となった計1,744点の応募作品の中からグランプリなど全16点の受賞・入選作品を決定いたしました。全16作品は、10月16日(金)から11月8日(日)まで、東京ミッドタウンのプラザB1にて展示いたします。 会場: 東京ミッドタウンのプラザB1

メディア

2D: 絵画2D: 写真3D: インスタレーション3D: プロダクトその他: 公募展

スケジュール

2020-10-16 - 2020-11-08

入場料

無料

会場

東京ミッドタウン

地図

Google Mapsで確認

井口信 「命の唄」

概要

s+arts(スプラスアーツ)より、井口信 個展「命の唄」の開催をお知らせいたします。 和紙に岩絵の具や箔などを用い、伝統的な日本画の技法で独自の世界を創り出す井口信は、日々の生活の中で感じた自然の美しさや畏怖、生命の輝きを動物などの形から引用し表現しています。作品を通じて、年齢、性別、国境を越えて繋がることを願い、在学時から精力的に作品発表を続け、国内外で着々と人気を高めている作家です。 井口に描かれる様々な動物や樹々はいつも、穏やかに凛とした振る舞いで画面に現れ、まるで何かを守っているかのような神秘的な印象を受けます。また、それらを取り巻く波紋のような渦巻きと作品全体が醸し出すマチエールからは、縄文土器や洞窟壁画のような原始芸術を想起させることが多くあります。これは、世界を構築する根源的なエネルギーや宇宙観を感じる作品を描くことを模索する井口自身の表現方法だと言えるでしょう。 本展「命の唄」では、井口がこれまで以上に“命”に着目し制作を進めた作品群を発表いたします。新型コロナウイルスが世界的に流行し、今もなお人々の生活を脅かしている2020年は、“命”や“生きる”ということについて深く考える年でありました。そして、自然界の中で人間という存在がいかにちっぽけな存在であるかを思い知らされた年でもあったと井口は語ります。その中で、命の煌めきや、海のもつ荒々しさを、海の波と鯨の形を借りて表現することを試みた本展メインとなる作品「海の唄」からは、優しくも力強いエネルギーを感じます。海は生命の源であり、幾多の生命がひしめく場所であると同時に、時に荒々しく自然の厳しさを顕現する存在でもあります。以前とは瞬く間に変わってしまった状況を踏まえ、生きる命を考えた時、「海」が制作のモチーフとなったことは井口にとって自然な流れだったのかもしれません。今回は、他にも「海」をモチーフとした作品を軸に展示を構成いたします。それぞれの作品が奏でる「命の唄」に心の耳を傾け、是非ご高覧くださいますようお願い申し上げます。 会場: Room1

メディア

2D: 絵画2D: 日本画

スケジュール

2020-10-30 - 2020-11-08

入場料

無料

会場

s+arts

地図

Google Mapsで確認

蒔田圭 「ぼくにひろがるかいがのせかい」

概要

s+arts(スプラスアーツ)より、蒔田圭 個展「ぼくにひろがるかいがのせかい」の開催をお知らせいたします。 蒔田圭は、日常的に描いているボールペン画をもとに、一見油彩とは分からないほどの細い線を筆で描き起こし制作をしています。作品に現れる人物や動植物は、どこか歪で独特の雰囲気を放ち、絵の中に広がる物語のような世界へと、観る者を惹きつけます。ボールペンで無意識に描かれた抽象的な線を手掛かりに形を探り、モチーフを形成しながら、現れてくるメインとなる人物や動物のイメージを膨らませ、命を吹き込むように情景を描いていきます。そこには、人格や世界感、空気感、時間軸等、様々なものが画面の中を浮遊しているかのように現れてきます。蒔田が細い線で描くことに拘るのは、自身が日々感じ考えている「内面世界」と、線を走らせることから生まれる偶然が交わることにより、作家自身も思いつかなかったイメージを見つけ作り上げることが出来るからです。無意識から生まれる、抽象的で今にも動きだしそうな線によって構築される形から連想していくことが、独自の世界観を表現するために必要な手法だと言えるのでしょう。言い換えると、制作を進める中で浮かんでくる各々のキャラクターを、ある種の理想に近い、蒔田自身が内面に想い描く世界で作り出していくのです。 近年では、子どもから大人まで楽しんでもらえる作品を目指し制作を続ける蒔田圭。観る者が、それぞれの作品の物語の世界へと入り込みやすい形を吟味して作品を描きます。これまで独自の手法による描き方に拘ってきた蒔田ですが、本展「ぼくにひろがるかいがのせかい」では、形成されるモチーフの世界観に更に重点を置いた作品を展開いたします。また、彼の描く作品の世界に生息する想像上の植物にフォーカスした作品も交えて発表いたします。 これを機に、蒔田圭の新作群を是非お楽しみ頂きますようお願い申し上げます。 会場: Room2

メディア

2D: 絵画

スケジュール

2020-10-30 - 2020-11-08

入場料

無料

会場

s+arts

地図

Google Mapsで確認

「トランスレーションズ展 −『わかりあえなさ』をわかりあおう」

概要

※本展は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事前予約制を導入して開催します。 21_21 DESIGN SIGHTでは2020年10月16日より「トランスレーションズ展 −『わかりあえなさ』をわかりあおう」を開催します。展覧会ディレクターには、アートやデザインの領域をまたぎ、様々な表現媒体に携わる情報学研究者のドミニク・チェンを迎えます。 わかりあえないはずの存在同士が意思疎通を図るため、コミュニケーションを支えるのが「翻訳」のプロセス。この展覧会では、「翻訳=トランスレーション」と呼ばれる行為をある種の「コミュニケーションのデザイン」とみなして、普段から何気なく使っている言葉の不思議さ、そしてそこから生まれる「解釈」や「誤解」の面白さを実感できる空間をつくり、互いの「わかりあえなさ」を受け容れあう可能性を提示していきます。 なお、本展は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、当初の会期を変更しての開催となります。

メディア

3D: インスタレーション

スケジュール

2020-10-16 - 2021-03-07

入場料

一般 1200円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料

会場

21_21 DESIGN SIGHT

地図

Google Mapsで確認