「ポーラ ミュージアム アネックス展 2020」

概要

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止のため、当面の間、開館時間を短縮し、ウェブサイトでの事前予約制に致します。 ポーラ ミュージアム アネックス(東京・中央区銀座)は「ポーラ ミュージアム アネックス展 2020」について、臨時休館により会期途中で閉幕した前期展を2020年9月26日(土)~10月11日(日)に、開幕が延長しておりました後期展の会期を10月15日(木)~11月15日(日)に変更し、開催することに決定しました。 本展では過去に公益財団法人ポーラ美術振興財団での若手芸術家の在外研修に対する助成において、採択されたアーティストの作品を展示します。ポーラ ミュージアム アネックスでの発表をきっかけに、今後の活動に活かしていただきたいという趣旨から開始致しました。今回も昨年に引き続きポーラ美術館 木島俊介館長 監修のもと、前期は「真正と発気」、後期は「透過と抵抗」というテーマにて、合計6名の作家をご紹介します。若手芸術家の在外研修に対する助成とは、公益財団法人ポーラ美術振興財団が毎年実施している活動のひとつで35歳以下のアーティストを対象に海外での研修を援助し、日本の芸術分野の専門性を高めていこうとするものです。 [開催スケジュール] 前期: ポーラ ミュージアム アネックス展2020 – 真正と発気 – 会期: 2020年9月26日(土) – 10月11日(日) *会期中無休 参加アーティスト: 太田泰友・寺嶋綾香・半澤友美 後期: ポーラ ミュージアム アネックス展2020 – 透過と抵抗 – 会期: 2020年10月15日(木) – 11月15日(日) *会期中無休 参加アーティスト: 青木美歌・林恵理・中村愛子

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション3D: 工芸その他: 公募展

スケジュール

2020-09-26 - 2020-11-15

入場料

無料

会場

ポーラ ミュージアム アネックス

地図

Google Mapsで確認

「AUTUMN SHOW - TAIPEI | TOKYO | VR -」

概要

Japan online VR ART FAIR 2020に参加します。オンライン上でも360度VR空間によって作品を鑑賞できます。

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-10-17 - 2020-10-31

入場料

無料

会場

ギャラリー椿 / GT2

地図

Google Mapsで確認

共田明広 展

概要

植物をテーマに制作。銅版画を20点程展示。ベルソウを筆や鉛 筆デッサンの様な痕跡を求めた使い方で表現、メゾチントにエッチングやドライポイント等の技法も加える。 会場: OギャラリーUP・S

メディア

2D: 版画

スケジュール

2020-10-26 - 2020-11-01

入場料

無料

会場

Oギャラリー

地図

Google Mapsで確認

太田麻里 展

概要

ギャルリー東京ユマニテは2006年以来となる太田麻里(b. 1982)の個展を開催いたします。太田は2005年多摩美大油画科在学中に当画廊にて初個展。翌年の新作展では、原稿用紙を繋ぎ合わせた2mもの絵画とともに会期中毎日繰り返されたパフォーマンスは大きな反響を呼びました。その後、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン)、京都市立芸大大学院を修了。2012年~2016年はドイツ、ポーランドを中心にアーティスト・イン・レジデンス、文化庁海外派遣で滞在、発表を続けました。近年は東京と名古屋を拠点に活動し日本での発表は6年振りとなります。 今回は2013年のビーレフェルト(ドイツ)滞在から2016年帰国後、最近までに描いた約30点の絵画を中心に発表します。ドイツ、ポーランド、スペインの離島と、それぞれの場所で目にしたものをひとつひとつ確かめるように描いてきたという作品は、映画の一場面のようにストーリー性のあるシュールな画面で、様々なイメージが広がる不思議な魅力を醸し出しています。 また、会期中10/27~11/6まで同時開催としてB1Fの別会場にて、幼少から身近な存在だったピアノをモチーフに4mものドローイング12枚を組み合わせたインスタレーション"piano loop"を展開。さらに、その会場において映像や音楽を用いたパフォーマンスを不定期に発表します。 自身の生活環境も大きく変化してきた数年、一人の女性が感じる様々な感情を、日々描かれた絵画と伸びやかな彼女の身体を通して示されるパフォーマンスがどのように交差し記されていくのか、楽しみな展示となります。 *同時開催 B1F会場にてドローイング展示及びパフォーマンス(不定期) 開催期間: 10月27日(火)〜11月6日(金)

メディア

2D: 絵画2D: ドローイングその他: パフォーマンス

スケジュール

2020-10-26 - 2020-11-06

入場料

無料

会場

ギャルリー東京ユマニテ

地図

Google Mapsで確認

伊勢田理沙 「いついつまでも」

概要

開催が叶わなかった白日会に出品し富田賞を受賞した「君をのせて」を含む20点を展示いたします。

メディア

2D: 絵画

スケジュール

2020-10-22 - 2020-10-31

入場料

無料

会場

ギャラリー アートもりもと

地図

Google Mapsで確認

「動詞の森『MUJI IS』を携えて 展」

概要

無印良品は、資本の論理が過剰に先行する消費社会へのアンチテーゼを掲げ、1980年の日本に誕生しました。「無印」という立場から「良品」を示し、生活美学の専門店として「感じ良い暮らし」を目指す地球大の活動は、モノだけでなくコトや人、そして社会的なシステムにもその領域を広げています。それは、小さな苗が木に育ち、やがて木立が森となって大地に広がるように。 本展では、無印良品誕生から40年を迎えた2020年に出版した書籍『MUJI IS 無印良品アーカイブ』と連動し、本書で取り上げた15の動詞とともに商品や活動を紹介します。この本を携えて、動詞の森を散策してみてください。 会場: Gallery 2

メディア

3D: プロダクト

スケジュール

2020-10-16 - 2021-02-21

入場料

無料

会場

ATELIER MUJI GINZA

地図

Google Mapsで確認

「Rethinking Anonymous Design - 名前が消えるとき」

概要

「アノニマス・デザイン」。それは一般に、日常の量産品における匿名性、作り人知らずという意味で語られています。日本では、1960年に開催された「世界デザイン会議」で、プロダクトデザイナー柳宗理さんが初めて発言し広く知られるようになりました。彼はのちにこう書いています。 「デザインという言葉が巷の人口に膾炙(かいしゃ)され、猫も杓子もデザインと言われて、デザイナーがもてはやされてから間もなく、それに対抗して、デザイナーが関与しないデザインもあるという認識から、アノニマス・デザインという言葉が出て来たと言えるだろう。(…)」*初出『無印の本』リブロポート1988 「デザイン」で溢れる社会に一石を投じ、今も折々、原点回帰させてくれる言葉です。 1960年の「世界デザイン会議」から今年で60年。ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、「アノニマス・デザイン」を再考する展示を開催します。 Gallery1ではこれまで、福岡のインテリアデザイナー、永井敬二さんの膨大かつ貴重なモダンデザインのコレクションの一部をお借りし、3つの展覧会を開催してきました。 自身のコレクションについて、永井さんが繰り返し語ってきたこと、それは「デザイナーやブランドの名前であるとか、歴史的に重要だからという理由でモノを欲しいと思ったことは一度もない」という矜持です。結果として「永井コレクション」の大半にはデザイナーの署名がありましたが、すべてのモノに共通するのは声高な主張を控えた、てらいのない表情とかたちが与えられていることです。 これは、モノにまつわる情報から離れ自身の審美眼によって築いた、独自の「アノニマス・デザイン・コレクション」なのではないでしょうか。優れたデザイナーが関わっているからこそ、卓越した「アノニマス」も誕生する、と私たちは考えます。 本展では、こうした視点から選んだ「永井コレクション」の20世紀の有名無名の良品、約100点を中心に展示します。会場には年代、作者名、メーカー名などは記載せず、モノは並列に配置されます。名前が消え、モノの機能とかたちを無意識の眼で見るとき、私たちの対象との関係性はどのように変わるのでしょうか。 ここから再び「アノニマス・デザイン」と「デザイン」の間(はざま)について考えてみませんか? 会場: Gallery 1

メディア

3D: プロダクト

スケジュール

2020-10-23 - 2021-03-14

入場料

無料

会場

ATELIER MUJI GINZA

地図

Google Mapsで確認

ESPY ONE 「NOT NECESSARY FOR THIS WORLD」

概要

このたび和田画廊では、9月19日(土)より「 ESPY ART EXHIBITION 2020“NOT NECESSARY FOR THIS WORLD”展」を開催いたします。 EPSY ONEは、子供の頃からアメリカのカルチャー、その中でも特にスケートボードとホラー映画から強く影響を受け、日本のアニメや漫画を骨組にオリジナルのキャラクターを生み出しています。本展ではESPYの特徴である、ダークなモチーフをポップなカラーリングで構成した作品がご覧いただけます。皆様のご来廊心よりお待ち申し上げます。

メディア

2D: 絵画

スケジュール

2020-09-19 - 2020-10-31

入場料

無料

会場

和田画廊

地図

Google Mapsで確認

「公開70周年記念 映画『羅生門』展」

概要

1950年8月26日に劇場公開された映画『羅生門』は、国内では大ヒットにはならなかったものの、監督黒澤明の芸術的な野心が認められ、1951年9月にヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞、さらに1952年3月に米国アカデミー賞名誉賞を受けることで国際的な評価を確立し、黒澤の、ひいては日本映画の水準の高さを世界に知らしめ、戦後復興のひとつの象徴にもなりました。 『羅生門』は、黒澤の卓越した演出力だけでなく、それまでの日本映画の作り方を革新した数々のスタッフワークに支えられています。登場人物のそれぞれ食い違う証言が真実を覆い隠してしまう橋本忍の脚本術、ロケーションを活かしあえて太陽にキャメラを向けた宮川一夫の斬新な撮影、巨大な羅生門をオープンセットとして造形した松山崇ら美術スタッフの功績、日本の中世の物語にボレロ調の旋律を大胆に組み込んだ早坂文雄の音楽、そのような職能のアンサンブルがこの映画の醍醐味となっています。 この展覧会では、世界初展示の品も含めてこうした名スタッフの功績の実際をデジタル展示も用いて紹介するほか、それぞれくっきりした人物像を創造した三船敏郎・京マチ子・森雅之・志村喬といった名優にも注目、さらにはヴェネチアでの受賞をめぐる当時の資料やこの映画が世界に与えた影響についても触れます。 『羅生門』の上映も行われる関連上映企画「生誕100年 映画俳優 三船敏郎」とともにお楽しみください。 会場: 国立映画アーカイブ 展示室(7階) [関連イベント] 生誕 100年 映画俳優 三船敏郎 会期: 2020年 10月2日(金)~10月22日(木)※月曜休館 会場: 国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU[2階] ※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 写真スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-12 - 2020-12-06

入場料

一般 250円、大学生 130円、65歳以上・高校生以下・18歳未満・障害者手帳提示とその介護者1名 無料、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料

会場

国立映画アーカイブ

地図

Google Mapsで確認

「35mmフィルムで見るクリント・イーストウッドの軌跡」上映イベント

概要

※事前に前売指定席券をご購入ください。 俳優・監督として世界的に高い評価を受け続けるクリント・イーストウッド。2020年5月31日に90歳の誕生日を迎えました。 数ある監督作品・主演作品の中から、自身最大の当たり役であるハリー・キャラハン刑事を演じた「ダーティハリー」、第65回アカデミー賞最優秀作品・監督賞受賞「許されざる者」、日本アカデミー賞最優秀外国作品賞受賞「硫黄島からの手紙」など、現時点で日本にはDCP(デジタルシネマパッケージ)が無いため劇場では35mmフィルム上映でしか見ることのできない13作品を特集上映いたします。日本語吹替作品を除き、すべて日本語字幕付です。 会場 10月29日(木)-11月8日(日):長瀬記念ホール OZU(2階) 11月10日(火)-12月6日(日):小ホール(地下1階)

メディア

スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-10-29 - 2020-12-06

入場料

一般 1200円、大学生・高校生・65歳以上 900円、小学生・中学生 600円、障害者手帳提示とその介護者1名 500円、キャンパスメンバーズ(学生) 700円、キャンパスメンバーズ(教職員) 1000円

会場

国立映画アーカイブ

地図

Google Mapsで確認