我喜屋位瑳務 「GUNIEA MATE」

概要

「B GALLERY」では初となる、我喜屋位瑳務の個展“GUNIEA MATE”を開催します。我喜屋はイラストレーターとして活躍する一方で、美術館での展覧会や芸術祭に参加するなど、アーティストとしての活動を続けています。 沖縄県で生まれ育った我喜屋は、沖縄に残るアメリカ文化の名残に影響を受けており、彼が創り出すイメージは、戦後アメリカのホラー、SF映画やアメコミが持つ世界観を感じさせます。今回の展覧会タイトル”GUNIEA MATE”とは、実際には存在しない架空の概念です。 我喜屋はこれまでも成熟した現代社会のなかで無数の価値観と大量の情報の中で暮らす私たち自身の姿を映し出してきましたが、今回の展覧会ではわたしたちが現代社会を生きていくうえでのそれぞれの個人的な信条を、宗教や信仰とは似て非なる概念”GUNIEA MATE”として提案し、”GUNIEA MATE”する人々を描きだします。 我喜屋はペインティング、ドローイング、コラージュ、インスタレーションなど多様なメディアを使用して作品を制作しますが、近年我喜屋は油彩作品の制作に意欲的に取り組んでおり、今回の展覧会では、パソコンを使ったデジタルコラージュを元に描く油彩作品の新作を中心に展示を構成します。

メディア

2D: 絵画

スケジュール

2020-10-09 - 2020-11-01

入場料

無料

会場

Bギャラリー

地図

Google Mapsで確認

古賀絵里子 「BELL」

概要

会場: ニコンプラザ東京 THE GALLERY

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-10-23 - 2020-11-16

入場料

無料

会場

ニコンプラザ新宿 THE GALLERY

地図

Google Mapsで確認

清野健人 「地獄谷の日本猿」

概要

会場: ニコンサロン

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-10-23 - 2020-11-03

入場料

無料

会場

ニコンプラザ新宿 THE GALLERY

地図

Google Mapsで確認

KOTARO YAMADA 「BLIND FAITH」

概要

「BLIND FAITH(ブラインドフェイス)」をテーマにした今回の個展では、聖母マリアやガネーシャ、またはネフェルティティなど世界中の様々な宗教においての神々をモチーフにした”FACELESS”と”EIKON”シリーズ作品を初公開。 陶器やブロンズで作られたシリーズ作品では、覆面された神々たちの彫刻は、作家独特の宗教観と人生観を表現している。 「お寺の家系でありながら、キリスト教の学校に進学したり、海外のスーパーヒーローに影響されたり、常に憧れの存在があって、その憧れの誰かになりたかった。しかし年を重ね、作品を作り続けているうちに、『自分は自分以外の誰か』になれないということに、ようやく気付いた。」と作品の制作意図に関し、作家は語った。 「世界中の神様やヒーローは人によってその存在が異なる。普段の生活でも人は顔でその人を判断することが多い。信じたものの顔を隠してフェイスレスにしたら、人は何で物事を判断し、何を信じるのだろうか?顔の部分が鏡面状態となる彫刻作品に、鑑賞者自身の姿が映りこみ、自分の顔と彫刻作品を重ね、鑑賞者は何を思うのだろう。」と作者は鑑賞者に問いかける。 初公開となる”FACELESS”と”EIKON”シリーズ作品以外に、銃をモチーフに、セラミックやクリスタルなどの素材を使用して制作した作品”0”。作家初となるレリーフ作品”PUZZLED KIDS”、またグラフィックデザイナーのGUCCIMAZEや彫刻作家Guehang Shinとのコラボレーション作品も個展に発表する予定で、作家初となるソフビトイ作品”ME”も限定販売する予定となる。

メディア

3D: 彫刻・立体

スケジュール

2020-10-21 - 2020-11-02

入場料

無料

会場

新宿髙島屋 10階 美術画廊

地図

Google Mapsで確認

「トム・サックス: 店舗体験」

概要

「Tom Sachs:Retail Experience トム・サックス:店舗体験」の見どころ ・ウィンドウディスプレイ 9月23日(水)~10月13日(火) この展覧会開催を記念した特別なウィンドウディスプレイを展示します。伊勢丹 新宿店にある11のウィンドウには誰もがアクセスできるように、さまざまな階層のアート作品やサックスによってデザインされたプロダクツの展示を予定しています。 ・会場 本館2階 ISETAN THE SPACEのデザイン 展覧会のスペース自体をサックス本人がデザインを手がけます。サックスのアイコンとも言える合板(Plywood)を使用し、会場自体がサックスの作品とも言えるような空間になります。 ・展示・販売物 展示にはレアで特別なアイテムも含まれており、アート作品では2000年代に制作された「月面」をテーマにした希少なチェスセット、プロダクツでは新作の家具類、そしてトム・サックス特製の貴重な数々のアイテムを予定しています。 ・予約制イベント(10月2日(土)より開催) 期間中、会場内にて2つの映像作品を上映します。 用意された質問の正解者には、未発売のトム・サックス ドッグタグが進呈されます

メディア

3D: プロダクト3D: ファッション

スケジュール

2020-09-29 - 2020-11-30

入場料

無料

会場

伊勢丹新宿店本館

地図

Google Mapsで確認

「CADAN × ISETAN MEN’S : Autumn Takeover」

概要

日本を代表するコンテンポラリーアートギャラリーが組織するCADAN(一般社団法人日本現代美術商協会)とイセタンメンズによる1年間にわたるコラボレーションプロジェクト「Takeover」シリーズの第3弾、“Autumn Takeover”が9月23日(水)よりスタート。伊勢丹新宿店メンズ館の4フロアに設置された立方体の展示空間SI(ストアアイデンティティ)に、フロアテーマに合わせたスペシャルインスタレーションが出現する。 1階エントランス、メンズアクセサリー・・・髙山陽介(所属ギャラリー:ANOMALY) 2階メンズクリエーターズ・・・柴田祐輔(所属ギャラリー:WAITINGROOM) 4階メンズラグジュアリー・・・日野田 崇(所属ギャラリー:imura art gallery) 6階メンズコンテンポラリー・・・池崎拓也(所属ギャラリー:Satoko Oe Contemporary)

メディア

2D: 写真3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション

スケジュール

2020-09-23 - 2020-12-22

入場料

無料

会場

伊勢丹新宿店メンズ館

地図

Google Mapsで確認

アンドレアス・ファイニンガー 「- Andreas Feininger’s PENTAX Works- PartⅡ 自然と形象」

概要

リコーイメージングスクエア東京では9月10日(木)より約2ヶ月にわたり“知る人ぞ知る”巨匠アンドレアス・ファイニンガー(米国)のペンタックスのカメラで撮影した作品を中心に構成した写真展を開催いたします。1992年に当時のペンタックスフォーラム東京/大阪(現リコーイメージングスクエア東京/大阪)で開催した写真展が約30年の時を経て現代に蘇ります。Part-Ⅱアンドレアス・ファイニンガー写真展-Andreas Feininger’s PENTAX Works- PartⅡ 自然と形象ではカラー作品約50点を展示いたします。 クローズアップで自然の造形に迫った作品群。感性と論理性が融和した堅実な作風のなかに、時折ユーモアのセンスがひらめきます。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-10-08 - 2020-11-09

入場料

無料

会場

リコーイメージングスクエア東京

地図

Google Mapsで確認

「時の記憶」

概要

2009年7月、旧ペンタックス・フォーカルの写真教室に参加されていたメンバーを中心として、「写真を楽しもう、写真で楽しもう」をテーマに「写らく塾」を発足、写真に関する様々な活動を続けてきました。今回活動10周年を記念して公の場に自分達の作品を発表し、より広い社会に触れながら快い緊張感を体験しようと、故郷でもあり、また新たな活動を展開している、憧れのリコーイメージングスクエアに応募し、この度めでたく写真展を開催できる運びとなりました。 「時の記憶」をメインテーマとし、メンバーの皆さん一人一人が解釈し感じたイメージを基に作品制作を続けながら、今回の活動を通して自分自身の表現の幅を広げ、新たな一歩を踏み出すきっかけにしたいと考えています。今回発表するそれぞれの作品のエネルギーを、少しでも感じて取っていただければ幸いです。

メディア

2D: 写真

スケジュール

2020-10-29 - 2020-11-09

入場料

無料

会場

リコーイメージングスクエア東京

地図

Google Mapsで確認

松下まり子 「居住不可能として追放された土地」

概要

※本展示は事前予約制となっております。詳細は公式ホームページよりご確認ください。 KEN NAKAHASHIでは、2020年9月16日(水)から11月1日(日)まで、松下まり子による個展「居住不可能として追放された土地」を開催します。 松下はこれまで、性的な肉体などを描いた数多くのペインティングやドローイング、各地で集めてきた赤い布で部屋の窓を覆うインスタレーション「赤い部屋」、ロンドンの街中に生息するキツネを追いかけて制作した映像作品「Little Fox in London」など、絵画表現だけでなく、パフォーマンス、映像、写真、詩、立体など多岐にわたる表現方法を展開してきましたが、そのどの作品にも、剥き出しの生を希求する心が込められています。 本展では、2019年の後半から描き始めたペインティングを中心に新作を発表します。

メディア

2D: 絵画

スケジュール

2020-09-16 - 2020-11-01

入場料

無料

会場

KEN NAKAHASHI

地図

Google Mapsで確認

「新宿プリンスホテル+G アートのある「間」。」展

概要

新宿プリンスホテル開業42周年記念イベントの一環として、同ホテルロビー内に展示ブースを設置し、4名の作家作品を6ヶ月毎に入れ替え展示します。尚、第一回目は佐藤好彦氏の作品になります。 『アートのある「間」。』は、「床の間」から着想して、掛け軸や生け花の代わりに「現代アート」でお客様をお迎えするというコンセプトで企画されました。 また、『+G(+Graphysm)』とは、アートがもつ潜在的な「創造性」「革新性」といった価値をデザインの力で引き出し、グラフィックに展開することを通して、館内全体をブランディングしていこうという試みです。展示アートをホテルで使われる販促物や備品などのアイテムにデザイン展開します。 会場: 新宿プリンスホテル B1F ロビー

メディア

2D: 絵画3D: 彫刻・立体3D: 工芸参加型: パーティー

スケジュール

2019-03-01 - 2021-02-28

入場料

無料

会場

新宿プリンスホテル

地図

Google Mapsで確認