「ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 KING&QUEEN展 - 名画で読み解く 英国王室物語 - 」

概要

※本展は新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、日時指定券の販売を導入しています。会場で当日販売も行いますが、事前購入がおすすめです。 遠く11世紀から現代まで、伝統を受け継ぎ、今もなお世界中の注目を集め続け、話題に事欠かない英国王室—約1,000年、幾度かの王家転変のなかで、傑出した人物たちが現れます。 6人の妻を持ち、絶対君主の名を欲しいままにしたヘンリー8世。宗教的混乱の中を奮闘、“ブラッディ・メアリー”の異名をとったメアリー1世。最強国スペインの無敵艦隊を撃退、“国と結婚”し生涯未婚を通したことから“ヴァージン・クイーン”と呼ばれたエリザベス1世。9人の子、40人の孫、37人の曾孫を持ち、18歳から63年間治世した“ヨーロッパの祖母”ヴィクトリア女王。そして現在の王であるエリザベス2世。女王自身はもちろん、息子であるチャールズ皇太子、孫のウィリアム王子、ヘンリー王子—ロイヤルファミリー全員が、日々のニュースにも頻繁に登場するほどの人気ぶり。このようなとてつもない人物たちが、英国王室の歴史を脈々と創ってきました。 今回、世界屈指の肖像専門美術館ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーより、テューダー朝から現在のウィンザー朝まで、5つの王朝の貴重な肖像画・肖像写真など、およそ90点が来日します。 本展では、作品の魅力と併せ、美しく気品に満ちた肖像画のモデルである王室の面々が辿った運命‥幾度となく映像化や舞台化され、いつの時代も世界中を虜にする「英国王室の物語」を存分にお届けします。

メディア

2D: 絵画スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-10-10 - 2021-01-11

入場料

平日:一般 1800、大学生・高校生 1600円、小学生・中学生 1000円、土日祝: 一般 2000円、大学生・高校生 1800、小学生・中学生 1200円

会場

上野の森美術館

地図

Google Mapsで確認

奥泉理佐子 + 大村高広 「appearance of Interior Room, appearance at Video Meeting」

概要

JR上野駅Breakステーションギャラリーの今回の展示では、Akane Soeda+ Risako Okuizumi(AS+RO)のキュレーションにより、出展に奥泉理佐子、大村高広を迎えます。本展は、身体と空間の関係を掘り下げ、観客と作者それぞれが持つ人間の認識能力を利用していくことで、個人的なまなざしを、知的な操作によって他者と共有できるものへの変換を試みるAS+ROの制作に、建築設計・建築理論を専門とする大村が加わり、あまりにも急速な2020年の社会の変容と、それに応じて一新されていく現代の空間と身体のあり様を考察するものです。 Covld-19の世界的な流行により人々は移動を控えることを推奨され、「私室」という本来親密な相手だけを迎え入れてきた空間が、カメラの前に晒されることとなりました。「私室」とは、人間が動きまわるあらゆる空間のなかでもっとも視覚よりも触覚に近い部分、つまり、目で見て判断するよりも、習慣により身体に染み付いた動きによって行動することが増える場所だろうと言えます。自分にとっての「私室」、また他者にとっての「私室」が、突如として不躾な他人の視線に晒されること。また、身に覚えのない空間をとうとつに目の前に突きつけられること。2020年が私たちにもたらしたこの新しい空間体験は、どのような意味を持つのでしょうか。

メディア

2D: 写真3D: 建築スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-09-12 - 2020-11-12

入場料

無料

会場

上野駅Breakステーションギャラリー

地図

Google Mapsで確認

「国立公園 - その自然には、物語がある - 」

概要

我が国の特徴のある自然を守り、後世に伝えていくために、国が指定し、保護管理している「国立公園」。現在、日本には34の国立公園が存在し、そこでは日本の自然を象徴する風景や環境、生物が多く見られます。南北に長く、森や川、海と、豊かな表情を見せる日本列島の自然は、どのように形作られ、どのような生物を育んでいるのでしょうか。本展は、日本の多様な自然が織りなす“物語”を、国立公園を切り口に紹介する展覧会です。

メディア

2D: 絵画スクリーン: 映像・映画

スケジュール

2020-08-25 - 2020-11-29

入場料

一般・大学生 630円、高校生以下・65歳以上・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

国立科学博物館

地図

Google Mapsで確認

「藝大の猫展2020」

概要

2020年も藝大アートプラザ×猫づくし展覧会を開催いたします。作品は全て購入可能!絵に描かれた猫、木に彫られた猫、ブロンズに陶に七宝に、アートになった猫が大集合の会場は、さながら猫の集会所。じーっと見つめれば、アーティストとモデル猫の関係も見えてくるかも!?藝大出身アーティストによる作品の他、コンペで選ばれた学生の作品、彫刻科学生による等身大猫彫刻を展覧いたします。スペシャル企画として、あなたの猫がアート作品になる受注制作「猫アート制作承ります!」も開催いたします。 出展作家: 浅野井春奈、荒殿優花、安西泉、石川直也、石下雅斗、石田菜々子、内田有、瓜生剛、大島利佳、岡田敏幸、小田隆、川本悠肖子、北郷江、小泉さよ、小林佐和子、小林真理子、近正匡治、佐々木怜央、笹野井もも、佐竹広弥、杉山佳、鈴木友晴、鈴木初音、添田亜希子、武田充生、田村幸帆、東條明子、時緒、中西紗和、根岸一成、曳地聡美、星野歩、前嶋望、前田恭兵、松田剣、松田環、久保万里子、三上想、宮下咲、武蔵安里、村岡佑樹、村中恵理、山下健一郎、若林真耶

メディア

3D: 彫刻・立体3D: 工芸

スケジュール

2020-09-19 - 2020-11-15

入場料

無料

会場

藝大アートプラザ

地図

Google Mapsで確認

「工藝2020 - 自然と美のかたち - 」

概要

※本展示は事前予約制となっております。詳細は公式ホームページよりご確認ください。 日本では、自然との共生による密接な精神的感性と固有の生命観が芽生えて我が国特有の工芸を発展させてきました。それは、長い歴史と文化が形成されるなかで、変化に富む地形と四季折々の気候、そして豊かな風土に育まれた自然観を要因とすることが大きいと考えられます。日本が世界に発信する芸術文化を牽引する現代の工芸を一堂に会する本展では、82名の作家らが自由な感性によって多彩な芸術表現を発揮した、優れた近年の制作品82件をご覧いただきます。連綿と継承された伝統を踏まえつつ、自然と美のかたちとの関係性を造形としたそれらは、日本人の自然への愛情や畏敬の念をもって新しい自然観が表されたものでしょう。

メディア

3D: 工芸

スケジュール

2020-09-21 - 2020-11-15

入場料

一般 1500円、大学生 1000円、高校生 600円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料

会場

東京国立博物館

地図

Google Mapsで確認

「桃山 ― 天下人の100年」

概要

※混雑緩和のため、本展では事前予約制(日時指定券)を導入します。入場にあたって、すべてのお客様はオンラインでの日時指定券の予約が必要です。 政治史における安土桃山時代は、1573年の室町幕府の滅亡から1603年の江戸幕府開府までの30年間をさします。この30年間に花開いた、日本美術史上もっとも豪壮で華麗な「桃山美術」を中心に、室町時代末期から江戸時代初期にかけて移り変わる日本人の美意識を数々の名品によってご紹介します。 戦国の幕開けを象徴する鉄砲伝来が1543年、島原の乱鎮圧の翌年、ポルトガル船の入国を禁止し、鎖国が行われたのが1639年。豊臣秀吉が北条氏を滅ぼし天下統一を果たした1590年が、その100年間のほぼ中間地点といえます。安土桃山時代を中心として、日本は中世から近世へ、戦国武将が争う下剋上の時代から、江戸幕府による平和な治世へと移り変わります。本展は、室町時代末期から江戸時代初期にかけての激動の時代に生まれた美術を概観し、美術史上「桃山時代」として語られるその美術の特質を、約230件の優品によってご覧いただこうというものです。 激動の時代に、「日本人」がどう生き、どのように文化が形作られていったのか、約100年間の美術作品を一堂に集め概観することで、日本美術史のなかでも特筆される変革の時代の「心と形」を考える展覧会です。 前期展示: 10月6日(火)~11月1日(日) 後期展示: 11月3日(火・祝)~11月29日(日)

メディア

2D: 日本画

スケジュール

2020-10-06 - 2020-11-29

入場料

一般 2400円、大学生 1400円、高校生 1000円

会場

東京国立博物館

地図

Google Mapsで確認

「ミュージアム1940年代-1980年代 : 始原からの軌跡」

概要

新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を講じつつ、令和2年度収蔵品展「ミュージアム1940年代-1980年代:始原からの軌跡」を開催します。 ミュージアムは、ルネサンス期に、王侯貴族が蒐集した古代の彫像などを、庭園や歩廊(ギャラリー)に陳列し、それを歩きながら鑑賞して楽しんだところから、本格的に始まったと考えられています。その当初からミュージアムは、開放されて、公衆の芸術的感性を育む場として活用される傾向がありました。長くて、広さと高さもあり、おだやかに自然光が射す空間と、移動しながらの作品鑑賞。作品の保護を大前提としつつ、理想の距離・光・開放感・動線などが追求されてきたミュージアムが、今回のテーマです。 当館がすでに収蔵し、また収蔵の運びとなった図面・スケッチなどを用いての、日本人建築家の設計によって1940年代-1980年代に国内外で実現したミュージアムに関する展覧会となります。始原に立ち返って、その本来の在り方を考える機会とするために、当展では、博物館・美術館・工芸館・歴史民俗資料館などを含み、広く展示空間を捉える概念として「ミュージアム」を用いています。 展示された図面やスケッチは、ミュージアムごとの、アイデアの具体化すなわち「始原からの軌跡」を視覚化するものでもあります。そこからは、理想のミュージアムの実現に向けて奮闘する建築家・建築構造家たちの熱い思いが伝わってきます。

メディア

2D: ドローイング3D: 建築

スケジュール

2020-10-01 - 2020-11-15

入場料

入場料無料、庭園利用: 一般 400円、65歳以上 200円

会場

国立近現代建築資料館

地図

Google Mapsで確認

「鮭」

概要

9月26日より塙龍太、大野晶、小左誠一郎、三枝愛、村田啓、楊いくみ、以上6名の作家でグループ展「鮭」を開催いたします。 今回は「モニター」=「鑑賞するための装置」の作品を出品するよう声がけされ集まった作家により、展覧会が構成されます。広義な「鑑賞装置」として位置づけられた限定(モニター)は、言語による規定を不確かなものへと反転させ、この間に起きた事象やその影響による表現を流動的に過去、現在、この先へと接続する契機となると考えています。最後に、コンセプト文に換えて塙龍太の手記を添えます。 [関連イベント] トークイベント 日時: 10月18日(日) ゲスト: 蔵屋美香 *新型コロナウィルス拡大防止の為、トークは無観客にて行います。視聴方法については当ウェブサイトやTwitterで告知します。 ※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

2D: 絵画3D: インスタレーションスクリーン: 映像・映画その他: メディアアート参加型: トーク

スケジュール

2020-09-26 - 2020-11-08

入場料

無料

会場

アキバタマビ21

地図

Google Mapsで確認

鷲津民子 「裏表の家」

概要

自由で洒脱な作風で知られる鷲津民子 (b.1945 ) の新作展です。今回は彼女自身のルーツや家族の来歴を遡り、丹念に紡ぎ出したドローイングやエッセイをインスタレーションの形で発表します。

メディア

2D: ドローイング3D: 彫刻・立体3D: インスタレーション参加型: パーティー

スケジュール

2020-10-30 - 2020-11-29

入場料

無料

会場

Gallery OUT of PLACE TOKIO

地図

Google Mapsで確認

内藤京平 「Stupid」

概要

このたびBambinart Galleryでは、内藤京平 個展「Stupid」を開催いたします。内藤京平(1989年、東京都生まれ)は、2015年東京芸術大学を卒業、2017年東京藝術大学大学院 油画技法材料研究室を修了、現在は東京を拠点に制作活動を続けています。 古典絵画とシンプルな線の組み合わせによって、平面に及ぼす効果や、生まれる可笑しみを表しています。弊ギャラリーでは、昨年の個展に引き続きおよそ1年半ぶりの新作個展です。

メディア

2D: 絵画

スケジュール

2020-10-24 - 2020-11-08

入場料

無料

会場

バンビナート・ギャラリー

地図

Google Mapsで確認